幕間①シルフィドの異変?

 「はぁ…はぁ…やっぱり、ししょー……す、すごいっ。もう……」   シルフィドは地面に大の字になり、大きく呼吸を乱していた。  「あぁ!……そんな、まだ立ったままで……もう一本なんて……むりっ……」  ベルトは腕を握り、シルフィドを立たせた。  「あっ、あぁ……そんな……無理やりだなんて!」  ベルトは微妙な顔を見せた。  シルフィドはふざけているわけではない。  鍛錬の最中、疲労がある一定のラインを越えるとこうなってしまうのだ。  彼女は真面目に疲労を訴えているだけなのだが……近所への世間体が非常に悪い。  「ちょっと! 何やってるよ!」  さらに近所迷惑な奴が……いや、マリア・フランチャイズがやってきた。  「毎朝の鍛錬だ」とベルトが無骨に答える。  「毎朝……毎朝、こんな如何わしい事を! 私の私兵団長をなんだと思っているの!」  「いや、誤解が解けないのか……」  「誤解……ごかい……五回も! 毎朝ワンセット5回も!」  「わざとやっているだろ? おまえ?」  ・・・  ・・・・・・  ・・・・・・・・・  いつものように朝ごはんを食べに来たマリアを食卓に加え、朝食を食べる。  いつの間にか、食卓には6人。 少し狭く感じるようになってきた。  「ところで貴方に預けてからシルフィドの性格が変わっている気がするのだけれども……もしかして貴方好みの性格に染め上げようとしているの?」  「……お前は俺をなんだと思っているんだ?」  マリアに対して、そう言ったものの……  確かにシルフィドの性格が若干、変わった事に気づいている。  しかし、当の本人は――――  「はっはっはっ……これはご主人 、異な事を申される。私は貴方への想いはいつも不動。変わらぬ忠誠心と愛を……」  「シルフィド、待て !」  「……」と大げさな手振りと口ぶりだったシルフィドがマリアの一言で動きを止めた。  「……とこんな感じでナルシストのジゴロで女泣かせの王子様キャラで私には絶対服従という性格だったはずなのだけれど?」  「俺に言うな。そもそも、俺はシルフィドを教えたのはオリガスに行く直前だ。何かあったとしたら、俺の留守中……いや、本人の目の前で会話しているんだ。本人に直接聞けばいいだろ?」  そんなベルトとマリアの会話に意外な人物が割って入ってきた。  「兄さんは兎も角、お姉さままで……お2人ともわかっていませんね」  ため息混じりに言ったのはベルトの実妹であるノエルだった。  彼女は普段、遠く離れた学園で寮生活をしている。この場にいたのは休日のためだ。  「お2人とも、後で私の部屋に来てください。いいですね?」  「……そうね。わかったわよ」  「……あぁ、俺も構わない」  3人は同時に食事を終えると、ノエルの部屋に向った。  取り残された、ベルトの父親、メイル、シルフィドは居心地の悪さを感じながら――――  「お2人とも、おかわりはどうだい?」と父親。  「是非」とシルフィド。  「お願いします」とメイル。  それ以降、無言での食事が続いていた。

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...