牙の牢獄

 これはベルトたちには知る由もない情報だが……  場所が異世界であれ、その旧支配者である恐竜は――――  恐竜は火を吐かない。  ならば、あの吐き出された業火は何か?  おそらく、魔力そのものを捕食した事により、何か変化が起きたのではないだろうか?  それはさておき――――  斬撃による空間切断。 ベルトは、自身に迫り来る業火を空間そのものを切り裂いて防ぐ事に成功した。  しかし、切断された空間は時間と共に元に戻る。  無に成った空間を埋めるが如く、左右から業火が迫り来る。  ベルトの逃げ場は一箇所のみ。 タンと小さな音を立て、上に飛び上がる。    だが――――  その瞬間、業火はピッタリと止まった。狙っていたが如くのタイミングで。   「なっ!」とベルトが驚くのも一瞬。  恐竜の顔が目前に現れる。  そして、巨大な巨大な顎は開かれ、ベルトの体を覆い隠した。  ……ベルトは食われたのだ。  牙の牢獄。  それが恐竜の口内でベルトが感じた第一印象。  強固な牙。 剣と比べても遜色はない切れ味が見て取れる。  不快なのは、べとべととした唾液が分泌され、体を汚す事――――いや、それだけではない。  唾液は、強い消化液として、ベルトの装備がゆっくりと溶かされていく。  脱出よりも脳裏には絶望が支配していく。  脱出不可能という原始の記憶がそうさせているのか?  だが、ベルトは諦めない。自身を奮い立たせる。  しかし、そうは言っても――――  舌  その器官は圧倒的なパワーと精密製を持ち合わせている。  それは人間でも同じだ。口内の食べ物を咀嚼するために歯に送りながらも、噛み砕いたものを喉へ送り込む。  それもほぼ、同時にだ。  そのパワフルな舌はベルトを牙へ送り込む。    まるで地獄の断首台。    上下から迫り来る牙の刃をギリギリで蹴飛ばし、体をスライドして避ける。  だが、再びベロがベルトを刃に送り込む。  それに対してベルトが起死回生に放ったのは――――      ≪二重断首刀≫  切れ味を有した手刀の二連撃。  手と刃。  その2つとは思えない接触音。  まるで金属のぶつかり合い。そして鍔迫り合い。  ティラノサウルスの舌が動く。  三度と行われる口内での地殻変動。  さらに噛み締めようとしてくる。   だが、ベルトは勝機を見つけていた。    それは僅かに牙へ入った切り込み。  ≪二重断首刀≫によりその牙に傷が入ったのだ。  ベルトは拳を構える。  コンディションは最悪に等しい。  打撃の要である下半身に踏ん張りは効かない場所。   それどころか動き続ける舌の上。立つ事すらできない。  だから、ベルトが想定したのは寝技での打撃。  尻も脚の一部だと考え、動かせる事で強烈な打撃を可能とする。  それを行う直前、ベルトは「ふっ」と笑った。  「相手を殴って、その歯を叩き折る。この水準に来て、子供の喧嘩のそれを願う事になるとは……」  言い終えるか、否かのタイミング。  強烈なベルトの打撃が、その牙を叩き折った。    これにはティラノザウルスもたまらない。  思わず、ベルトは吐き出した。    ベルト――――    ティラノザウルスの口から生還する。  

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...