8-3

   8-3  ルスターク川を越えて、そのまま市庁舎と聖母フラウエン教会を通過。マリアノフ宮殿の手前で曲がり第一通りへ。第一正門の前に、ロマノフ大聖堂がある。大聖堂の入り口に続く大階段。馬車が三つほど止まっていた。 「急ぎの集まりらしいな」  それを見てアンナがいった。 「たぶん俺たちの見立ては正しいだろうよ」  エリオットは半分呆れていた。「今夜は運がいい」  衛兵が二人いた。二人と目が合うと、近づいてくる。 「貴様ら、何者だ」  衛兵の敵意むき出しの声。近づいてきた。 「信者だよ」とアンナ。「熱狂的な信者だ」 「そうだ。俺たちはめちゃくちゃ信者だよ。信仰心が抑えられない」 「ふざけるな」と衛兵の一人。 「気が立ってるな。相当な大物が中にいるのか?」  アンナがいった。 「そんなこと答える必要ない」  もう一人の衛兵がいった。 「どうしてどっちも俺たちを嫌うんだよ」 「怪しい者だからだ」と衛兵。 「ルーベンにアンナとエリオットが来たと伝えろ、クソボケ」  アンナが衛兵の肩を掴んで力を込めた。衛兵は痛みに耐えきれず膝をつく。 「おい、貴様」  もう一人の衛兵が剣を抜こうとするが、その手をエリオットが制止する。 「やめとけ」とエリオット。「長生きしたいだろ?」 「返事は?」  アンナが肩を握る手に力を込めなおす。 「貴様、斬るぞ」  エリオットの忠告も空しく、衛兵が剣を抜いた。アンナに刃を向ける。だがアンナは一向に手の力を緩める気配がない。 「二人とも離れろ」  大聖堂の扉が開いた。中から男が出てきた。「私たちの客だ。剣を収めろ」  男の一声で、衛兵は殺気を消し、鞘に剣をしまう。  男は紫色のマントに手首には腕輪、十本の指には三つの指輪をして、首から何か大きな飾りを下げていた。 「すまない。アンナ君にエリオット君。どうぞこちらへ」  男がいった。 「誰だ、あいつ」とエリオット。「名前も名乗らない」 「すごく偉い男だろ」  アンナがいった。 「ま、名乗らないってことはそういうことだよな」  ロマノフ大聖堂の中へ。

ブックマーク

この作品の評価

3pt

Loading...