8-2

   8-2  真夜中だった。暗い中にアンナの吐く白い息が漂い消えた。寒さで肩をすくめる。カテリーナから離れると、体中の痛さを思い出した。 「仕事が早いな」とエリオット。 「高利貸しの情報網を甘く見るな」 「高いんだろ」 「必要経費だ。折半だぞ」 「ふざけんなよ」と落胆。だが断れそうもない。「行くのか?」 「お前はどうしたいんだよ」 「行くしかないだろ」 「愚問だったな」 「俺が悪かった」 「行くぞ」 「場所は?」 「ここから近い」 「歩こう。体が痛い」 「軟弱者め」  脇を小突かれた。  歩き出す。    ■  タオローク通り。カジート地区の境界線あたりにヘレンの住んでいる部屋はあった。 「ここの二階だ」  アンナは脇の階段をあがっていく。 「一階は何屋だ?」とエリオットが続く。 「刷毛職人の家らしい」 「どうでもいいな」 「お前のそういうとこ、本当に腹が立つ」 「すまん。自分じゃわからない」  二人で扉の前にたった。顔を見合わせる。アンナが扉に手をかける。開いていた。戸が開いていく。 「運がいい」  アンナが表情を変えずにいう。 「だったらもっと喜べよ」 「私に命令するな」  中へ入る。  匂いは特になし。ベッドにテーブル。棚。燭台、皿、ナイフとフォーク。カップにパン。ごくごく普通の部屋のようだ。 「どう思う?」  エリオットが部屋を歩きながらいった。 「普通過ぎる」  アンナはテーブルの横、部屋の中心あたりに立ってじっと周りを見渡している。 「阿片の匂いもないし――」といいながらエリオットが棚を開く。「阿片の塊もない」 「しかし燭台があるが、蠟燭がない。パンはあるが水がない」  アンナがいった。 「鋭いな」  エリオットが棚から火口箱を探し当てた。「火種はあるぞ」 「不自然だ。ちぐはくだな、この部屋は」  アンナはゆっくりと窓へ近づいた。「仮の部屋なのかもしれないな、ここは」 「何してる」 「眺めだよ」  窓の戸を開いた。黒い夜空。並ぶ屋根の向こうにロマノフ大聖堂が見えた。長老派の聖堂だ。 「なるほどな」とアンナが呟く。 「勝手に納得しないで俺にも教えてくれよ」  アンナの後ろに立つエリオット。ロマノフ大聖堂を眺めた。真夜中に関わらず、塔の一部に明かりが灯っていた。 「そういうことか」と思わずエリオットも呟いた。 「あそこだ」  アンナがいった。「あそこに行くぞ」  二人は部屋を出た。

ブックマーク

この作品の評価

3pt

Loading...