8-1

     8-1  ひとまずエリオットの家へ戻る。まだ荒らされたままで全てが散らかっている。寝床にカテリーナを下ろした。 「お兄様――」  丁度、体を横にしたときカテリーナが目を覚ます。 「エリオット、呼ばれてるぞ」とアンナ。 「大丈夫か?」  エリオットがカテリーナに寄り添って手を握る。「本当にお前に迷惑ばっかかけて。ごめんな」 「いいんです」カテリーナがいった。 「本当にお前の妹か? 信じられない謙虚さと素直さだ」 「育ちが違う」とエリオット。「俺たちとは」 「言葉の重みが違うな。聞いてくれ」 「あぁ」  エリオットは頷いてから「カレンはどこへいった?」とカテリーナに尋ねた。 「カレンは――、私と一緒に連れていかれました」 「一緒だったのか?」 「途中で別々にされました。私だけ教会に残されて、カレンはまたどこかへ連れ去られたんです」 「教会で別れたんだな?」  アンナがいった。 「はい」  カテリーナは頷いた。 「誰が連れて行った?」 「アルベール――、とか呼ばれていた人が連れていきました」  カテリーナが記憶をたどる。 「カテリーナが言うから本当だ」とエリオット。 「それは私も同意だ。裏を取る必要がない」 「お兄様、ヘレンを探して。助け出して」  カテリーナが上体を起こしながらいう。 「あぁ。もちろんだよ」  エリオットはアンナの顔を見た。  アンナは頷く。 「ちょっと出てくる。すぐ戻るから休んでてくれ」  エリオットはカテリーナの頭を撫ででから立ち上がった。アンナと一緒に外へ。 「ヘレンの家は割れてる」  外に出るとアンナがいった。

ブックマーク

この作品の評価

3pt

Loading...