6-5

   6-5  扉を開け、階段を下りる。 「視界がほとんどないな」とエリオット。 「蝋燭を探せ」  狭い通路だった。壁は土がむき出しで、真っ暗闇だ。埃っぽいく、かび臭い。確かにあのプライドの高そうな女は来たりしないだろう。  手探りで先へ。 「なんか広い感じだな」とエリオット。  空気の雰囲気がかわった。暗闇の中でも空間が広がったのがわかった。 「火口箱だ」  アンナがいった。 「ほら」と手渡す。  視界が開けた。アンナが蝋燭に火をつけていた。 「そこそこ広い」とエリオット。  それなりの空間だった。倉庫のようでもあり、作業所のようでもあり、書斎のようでもある。「男の仕事場って感じだな」 「秘密の場所だ」  アンナがいった。 「ということは秘密のものもある」  エリオットは部屋を見渡す。本棚、机、詰まれた箱。どこにあるのか。 「何か証拠になるようなものを探せ」 「証拠って?」 「そんなこともわからないのか。帳簿か手紙、その類だ。素早くいくぞ。どうせすぐにあの馬鹿女は見つかる」 「俺たちって忙しかったんだな」 「口じゃなくて手を動かせ」  襲うように二人で取り掛かった。本棚の本を崩すようにして出して、片っ端から捲る。箱は封を開け、中身を引っ繰り返す。机の引き出しも同じく、そのまま引っ張り出してさかさまにして、中身をさらった。 「アンナ」  エリオットが手を止めた。机の横にあった箱をさらっていたときだった。くしゃくしゃにされた手紙が捨てられていたのだが、その中から気になるものを見つけた。 「あったか?」 「これ読んでくれ」  アンナに渡す。 「なるほどな」  アルベールへ  阿片を捌いた。金を渡す。新しい阿片も必要だ。  ヨムンゲル砦近くに十字路がある。いつもの場所だ。森に入って取引だ。金曜日の夜二時に会おう。  あと、手紙ってのは面倒だ。直接会って話せばいいだろう。俺の部下は市内にもいる。                                ホーボー 「ホーボーってのはヨムンゲル砦を占拠してる傭兵団の頭だよ」とアンナ。「馬鹿だが字は書けるのか。それとも賢い部下がいるのか」 「知り合いか?」 「奴は賭場を開いてる。つまり客層が被る」 「俺を見るなよ」 「だがいいぞ。アルベールは阿片を横流しして私腹を肥やしてた。ほら」  今度はアンナから冊子を渡される。 「これは?」とエリオット。 「ご存知、裏帳簿だ。阿片、兵器、奴隷。全ての裏取引が記録されてる」 「完璧だな」 「これで弱みは握った。あと気になるものもあった」 「もう十分だろ」 「こいつを見ろよ」とアンナ。 「ナイフか」  アンナは刃を持ち柄を見せてくる。  柄には魔導が刻まれていた。 「エドゥアルドの家にあったナイフを覚えてるか? ヴェトゥーラが使う魔導の文法が刻まれたナイフだ」 「同じものなのか?」 「あぁ」 「関係が入り組んできたな。考えたくないよ」とエリオット。 「働いてるふりだけはうまいな」 「あ、アンナ」  エリオットはいった。 「なんだ」 「俺たち、見つかったみたいだ」  アンナの肩の向こうに男が立っていた。大男だ。アンナが振り返り確認する。 「よう」と大男。 「確かどっかであった誰かだよな」とアンナ。 「ハンスだ。エーリカの屋敷で会った」  酒臭い。喋る度に大口が開いて、黒い歯が見える。汚い男だ。 「苗字はないのか? それとも忘れたか?」とアンナ。 「ゲルンだよ」  ハンスが唾を吐き捨てる。 「挑発すんな」とエリオット。  ハンスの奥に警備兵が二人いた。 「三対二だぞ。お前ら」とハンス。  四角い顔を傾けて首を鳴らす。このなり、この仕草で弱いはずがない。 「数もわかるのか。上出来な頭だな」  アンナが拳を撫でた。 「舐めるな」  ハンスがいった。 「アルベールはどこだ?」  アンナがいう。 「あいつは忙しいみたいだ」とハンス。 「なるほどな。おい、エリオット、こっちにこい」  アンナに手招きされる。エリオットはアンナに近寄った。 「おい、ハンス・クソ馬鹿・ゲルン。これをやるよ」  アンナがエリオットの肩を掴んで、ハンスに向かって投げた。  エリオットの視界がひっくり返る。衝撃。ハンスと衝突した。壁と天井が見える。アンナが壁を蹴り、弾みをつけて後ろにいた衛兵の顔に膝蹴りを見舞っていた。残った一人にも顎に拳をめり込ませる。 「じゃあな、エリオット」  アンナは走り去った。 「え、――。待てよ」  エリオットが立ち上がると、足をつかまれた。すぐに倒れる。引っ繰り返されて、ハンスが馬乗りになった。 「そういうことか」とエリオット。  馬乗りになったハンスが腕を振り上げて微笑んでいた。 「文明人らしく話し合おう」 「無理だ」  殴られた。  何度も殴られた。  視界の輪郭がぼやけて、黒く滲んでいく。  いつか目の前が暗闇になった。声も出ない。痛みがなくなり、顔がただ熱い。鼻血が詰まって呼吸が辛い。喉へ何かがこみ上げてくるが、何も出せない。  クソ――。  このままじゃ――。  気を失った。

ブックマーク

この作品の評価

3pt

Loading...