6-4

   6-4 「クソ」  アンナは立ち上がり、扉へ突っ込んだ。エリオットも続く。アンナは扉を開いた女を捕まえ、室内に押し入る。エリオットはセバスチャンの首根っこを掴み、同じく室内へ。 「結局、こうなる」  エリオットは目の前の光景を見て首を振った。アンナが女に馬乗りになって、口を抑えている。女は目を見開いて、アンナとエリオットへ交互に視線を移す。手足をジタバタさせていないので、まだ状況は把握できているのだろう。 「殺さない」  アンナはいう。「だが答えろ」  ゆっくりと口を抑えていた手を外す。  女は胸を上下させて激しい呼吸を繰り返した。 「お前はアルベールの女房か?」 「そうね」  低い声。敵意が含まれている。プライドの高そうな女だった。 「この屋敷に隠し部屋はあるか?」 「ないわよ、そんなの」  反抗的な態度。アンナが首を締め上げた。 「しっかり真面目に答えろ」と続ける。「この部屋に隠し部屋はあるか?」 「ないけど、何かがあるとしたら地下でしょうね。アルベールはよくそこに行く」 「そこで何をしてる」 「知らないわよ。あの人が何してるかなんて」 「なるほどな」とアンナ。  女ってのはそういうもんだ。「地下への階段は?」 「そこの扉の向こう」  女が目で示す。 「もう離してよ」  女がいった。 「よし、わかった。協力、ありがとう。あとこれは謝罪だ。すまんな」  それから女を殴った。鈍い音。女が気を失う。 「容赦ないな」とエリオット。 「だったらお前が慈愛の精神で何とかしてみろ」  アンナは立ち上がり、女をみて「そこの棚の中に押し込んどけ」と指示した。 「セバスチャン、一人で帰れるか?」とアンナ。 「顔を見られた」  セバスチャンが呟いた。 「問題ない。こいつらは失脚して犯罪者になる」 「絶対に失敗するな。こんなのは、もうなしだ」  セバスチャンが念を押す。 「こっちもやばい。失敗はない」とアンナ。「で、戻れるのか?」 「やるしかないだろ。どこかの荷物に紛れて外に出るよ」  セバスチャンがいった。汗だくだ。相当気が張っているらしい。「クソが、クソが。だが俺は小さいしな。なんとかする」 「さすが市参事会員だ」 「元だ」 「これからまたなる。エリオット、隠したか?」  アンナの声。丁度、棚に女を押し込んで扉を閉めたとこだった。不自然な態勢だが、骨は折ってない。 「えらいことになったな。あの女、鼻血出てたぞ」 「そんなこと聞いてない」 「隠したよ」  エリオットはいう。 「地下に行くぞ」とアンナ。「じゃあな、セバスチャン」 「くたばれ」とセバスチャン。  セバスチャンと別れて、地下に向かう。

ブックマーク

この作品の評価

3pt

Loading...