6-3

   6-3  夜を待ってからセバスチャンの家を出た。小人病のセバスチャンが歩くと、どうしてもせわしなくみえる。大人のエリオットとアンナの早さに合わせているからだろう。つまり逃げ足は早くない。道具はエリオットが持った。理由は奴隷で犬だから。  アルベールの屋敷はセバスチャンの家があるキーウェスト通りからすぐのリブス通りにあった。  聖母フラウエン教会が見える目抜き通り沿いにある屋敷だ。リブス通りの中でも大きな建物で忍び込むのは容易じゃない。 「裏だ」  セバスチャンがいった。三人は路地に入り、屋敷の裏に回りこむ。 「中へ投げてくれ」  塀を見上げてセバスチャンがいう。 「何いってんだ」とエリオット。 「俺は小さいから上れない。だから投げいれてくれ。お前らはよじ登って来い」 「子供の玩具だな」 「あんまり高く上げるなよ」とセバスチャン。 「祈れ」  アンナがセバスチャンを持ち上げ、塀の中へ放った。  塀の向こうから物音がした。 「私たちもいくぞ」  先にアンナが塀へ飛び乗る。相変わらずの跳躍力だ。 「手を貸してくれ」とエリオット。 「ほら」  アンナの手を握り、引き上げて貰う。  三人とも屋敷の敷地内に入った。広い中庭だ。植木には手入れが行き届いている。 「噴水がない」とアンナ。 「好きなのか」  エリオットがきく。 「いや嫌いだ」 「もうわけわかんねぇよ」 「衛兵だ」とセバスチャン。  茂みに身を屈めた。 「あいつが行ったら、あそこの扉に行くぞ。セバスチャン、あけられるか?」  屋敷から中庭に出るための扉だった。他に通じるところは見当たらないので選択肢はない。だが中庭に通じる扉だけあって、遮蔽物がない。 「開けてる間はどうする? 丸見えだ」とエリオット。 「いい質問だな」 「丸見えのまま解錠作業か?」 「いつ私がそんなことするといった?」 「策は?」 「ある。お前、火口箱は?」 「持ってるが――。まさか、アンナ」 「そのへんの木を燃やして来い。立派な中庭じゃないか」 「静かにやるんじゃなかったのかよ」 「冬の夜は乾燥する。噴水がないのはだからよくないんだ」とアンナ。  エリオットは庭の隅に移動し、植木に火をつけた。火種が枝に移ったのを確認すると、アンナとセバスチャンの元へ戻る。  丁度、火が回り煙が出始めた。 「行くぞ」  アンナがセバスチャンにいう。 「任せろ」とセバスチャン。  壁伝いに影の中を移動する。  丁度、入れ違いで衛兵たちが火の手に気づき、声をあげた。陽動作戦は成功した。  セバスチャンが扉の前へ。  丸見えだ。アンナとエリオットは植木の死角に隠れて見守る。  セバスチャンが革袋を広げて、道具を取り出した。短い腕を動かして、専門の工具を鍵穴に二本突っ込んだ。 「水を持ってきてくれ」と中庭の隅から衛兵の声。  早くしろ、とエリオットは祈る。  セバスチャンが工具を動かし、鍵穴を弄る。 「まだなのか」  アンナが苛立っている。  そのときだった。 「マジかよ」  エリオットは思わず呟いた。  扉が内側から開いたのだ。女だ。火事の騒ぎを確認するためか、女が外へ出ようと内側から扉を開いたらしい。  開いた扉からは寝巻きを着た年増の女性の姿が見える。セバスチャンは動けず、硬直していた。

ブックマーク

この作品の評価

3pt

Loading...