4-4

   4-4  アンナが暗がりにある高利貸し組合の屋敷から出てきた。石造りで蔦が茂る壁。扉には職業を示す飾りなどなく、廃館とも思える屋敷だった。彼女が家の中にいる間、エリオットは外で待っていた。 「組合の奴らはどうだった?」  寒い。エリオットは首を守るように肩をすくませていた。 「クソ野郎だ」とアンナは吐き捨てる。 「あんたは?」 「最高だろ」 「異論は認めないって。で?」 「金を取られた。クソ。ヘラー金貨を三枚だ。あいつら足元みやがって」 「素直に払ったのか?」 「お前とは違うんだよ。私は善良な市民だ」 「どんな情報を買ったんだ?」  分が悪いので話題を変えた。 「二週間ほど前に借金を一括返済したやつがいる」とアンナ。 「俺がエドゥアールと取引したのも二週間前だったな」 「タイミングとしては悪くない。会いに行く価値はあるぞ」 「どこのどいつだ?」 「フィギンという男だ。ホイ通りでフィギン・スウィフ商会を営んでる」 「俺とまるっきり同じじゃねーか」 「お前みたいなろくでなしのクズ野郎は至るところにいる」 「悪いね」 「反省しろ」  歩き出し、ホイ通りへ向かう。    ■  ホイ通りのフィギン・スウィフ商会へ。夜なのでもう営業はしてない。当然、店は閉まっている。  小雨が降ってきた。寒さが痛みへ。 「朝まで待つのか」  エリオットはいった。 「扉があるんだから叩く」  アンナが有言実行。扉を思い切り叩いた。ノックではない。 「なんでいつでも静かにできないんだ?」  エリオットは呆れる。 「何かを生み出すってのは力がいるんだ」 「沈黙は金って知らないのかよ」 「雄弁は銀。銀なら欲しいと思わないか?」  アンナはもう一度、扉を叩く。さっきよりも強く。 「なんでしょう」  女の声が扉の向こうから聞こえた。結婚しているのか。 「開けろ、フィギンに用がある」とアンナ。 「うちの人はいません」  扉の向こうの声はいった。 「いいから、開けろ、クソ野郎。借金の取立てだ、バカ」  施錠を解く音がした。ゆっくりと扉が開く。 「借金は全て返したって――」  開いた扉の隙間から女の顔が覗いた。片目が腫れて、頬がこけた色白の女だった。黒い髪には白髪が目立つ。幸福そうな顔はしていない。片目の腫れは殴られたものだろう。首が皺だらけでシミだらけだ。 「雨が降ってる。中に入れさせろ」  アンナの態度は不遜ででかい。女は命令されることが慣れているのか、扉をさらに開けて二人を招いた。  かまど、テーブル、棚、片付けられた食器。店というよりもごく普通の家庭に思えた。奥に小さな子供がいる。フィギンは妻子持ちだったらしい。子供は女の子で、アンナとエリオットをじっと見ている。友好的な視線ではない。  女は子供を二階へやる。エリオットとしてもこれから話すことを考えると、子供がいるのはいやだったのでありがたい。 「またあの人はお金を借りたんですか?」  女はいった。椅子に腰掛け、諦めたようにため息を漏らした。 「心配するな。フィギンはどこだ」とアンナ。  だがこんな状況で心配しないはずがない。 「いくら借りたんですか?」 「お金じゃないんです」とエリオット。  女の姿をみるといたたまれなくなる。 「じゃあなんなんですか」  感情が爆発したのか泣き出す。 「それは――」  アンナを見るが、黙ってろ、と首を振られた。「いえません」とエリオット。 「けどうちの人を追ってるんでしょう?」 「助けに行くんだよ」  アンナが観念したようにいった。こういう台詞は似合わない。 「本当ですか?」 「本当です」とエリオット。  これから話を聞いて、必要ならば痛めつけるとはいえない。 「どこにいる。さっさといえ」  どうやらアンナはこの手の女性が苦手らしい。 「あの人は娼館にいます。いつもそうなんです」 「ろくでもないな」とアンナ。 「そんなこといわないで下さい」  女が反論していた。意外だ。アンナは面倒臭そうに舌打ちをした。 「悪かった。俺が謝る」とエリオット。アンナの苛立ちが限界にきているのがわかった。 「どこの娼館だ。どうせ贔屓の女がいるんだろ」  アンナの問いに女は啜り泣きながら「天国の壷って娼館です。あの人はいつもあそこにいて、ローラって女の子を指名するの」と答えた。 「よく知ってるじゃないか」  アンナがいった。 「ローラと話したこともある」  女の口調が強くなった。「私よりも若い子だった」  強い言葉に狂気を感じた。泣きながらも、心に火がついたようだ。正妻のプライドか。 「わかった。ありがとう。恩にきる」  エリオットは早口で捲くし立て、アンナに「出よう」といった。  アンナは面白くなさそうな顔をしていたが情報は手に入れたので、一緒に家を出た。

ブックマーク

この作品の評価

3pt

Loading...