1-3

  1-3  まさか――。  エリオットは動きを止めた。 「おい、どうした?」  再びアンナの声。  エリオットは先へ。二歩の距離を、慎重に進めた。アンナも室内に入ってくる。 「血か」  アンナの呟きが聞こえた。  足元に広がるぬめりは血溜まりだった。 「どういう状況だ」とアンナは続ける。 「困ったことになった」  エリオットはいった。 「お前じゃない、エリオット。お前の友達だよ」 「同じだ。困っていたみたいだ」 「過去形だな」 「もう過去の人だからな」  男が死んでいた。 「なんだよ」  足を止めているエリオットは肩を掴まれる。振り向くと、アンナがナイフを抜いて首元に押しつけてくる。またアンナの肩から黒猫が床へ降りた。 「私を騙したな」  アンナの目を見ると鳥肌が立った。「ぶっ殺してやろうか」  刃の冷たい感触が首に伝わる。恐怖で顎が上がった。動けない。 「知らなかった――」とエリオット。震えていた。「俺だって同じだよ。驚いてるんだ」 「この落とし前、どうつけるつもりだ」 「金はあると思う」 「思う? 思ってるだけか? ガキとかわらない」 「ある」  たぶんないだろう、と思った。だがこう告げるしかなかった。 「私の金は返せるな?」 「返せる」 「絶対か?」 「俺は嘘を吐いたことはない」 「探せ」  解放された。力が抜け、深呼吸をしていた。刃を当てられていた首元を確かめる。切られてはいなかった。 「立ってないで探せよ」 「わかってる」 「こいつの名前はなんだったっけ?」  アンナは屈んで、床で横たわる塊の顔を上に向ける。 「あんたらしくないな。記憶力があるかと思ってた」 「エドゥアールだろ。覚えてる。お前を試したんだ。こっちへきて本人か確かめろ」  エリオットはアンナの隣に立って、死体をみた。丁度、頭部の周りを黒猫がゆっくりと歩いている。 「間違いない。エドゥアールだ」  死体に黒猫。悪魔の組み合わせだ。 「死体と仕事をしたわけじゃないよな?」 「俺がそんな愉快な男にみえるか?」 「お前は不愉快だ。さぼるな」 「探してる」 「黙って動け、間抜けが」  アンナは椅子を引いて、腰掛けた。その膝の上に、黒猫が飛び乗る。  クソ――。自分は働かないつもりだ。 「名前はつけないのか? その黒猫に」  エリオットは机の引き出しから棚、木箱、樽、壷の中を覗いてまわる。 「必要ない。こいつが勝手について来てるだけだ」 「猫、好きだろ?」 「大嫌い」 「あっそ」  探索を続ける。 「これじゃ泥棒だ」  エリオットがぼやく。 「確かにな。お前は私の金を盗んだ」とアンナ。 「いますぐ返す。もうすぐだ。もうすぐお別れだよ」 「すぐ、が遠いぞ」 「あんたよく死体の前で座ってられるな」  話を変える。 「道にあるのと変わらない」 「そうか? 俺はなんだか落ち着かないよ。やっぱり生きてるときに話したことがあったからかな」  死体には見慣れているつもりだったが、知り合いの死体が突然現れるのは初めてだった。 「見つかったか?」 「待て」  壷の封をあけた。皮を蝋で封してあったが、短刀で切り裂いた。壷の中から匂いがした。覗き込み、中身を確認した。 「なんだ?」とアンナ。 「阿片だ」  子供の拳ほどの大きさの阿片の塊を取り出した。無数のくたびれた白い花びらで包まれていた。一枚剥がす。粘土のような黒い塊がみえた。鼻に近づける。確かに阿片の匂いがした。 「貸せ」  アンナがひったくる。同じだ。アンナも鼻に近づけて匂いを確認した。 「阿片だな」と一言。笑っている。「だが私は死体と阿片が欲しいなんていった覚えないはないぞ。金はどこだ」 「これだけっぽい」  見つけたのは二枚のグルテン銅貨と七枚のペニィヒ硬貨だった。  アンナはエリオットの手を払った。床に金が散らばる。 「舐めるなよ」とアンナ。「ガキの遣いじゃないんだ」 「すまない」  それならアンナは舌打ちをして、顎に手をやり何かを考え始めた。 「たぶんこの、エドゥアールという男は阿片の密売人だった」  アンナはいった。「部屋は――、私たちがここに来たときは荒らされていなかった。今はお前が荒らしまくったが、来たときはそうじゃなかった。だろ?」 「あぁ」とエリオットは同意する。「俺が金を探すために荒らしたからな」 「ということは、強盗目的の犯行ではなく、エドゥアールは何かのトラブルで始末された。だが私の金はない。どういうことかわかるか?」 「俺がエドゥアールを殺して金を奪ったと思ってる?」 「自惚れるな。私はお前をそこまで評価していない」 「夢見てごめんよ」 「私はお前以外の肝っ玉の据わった奴が私の金を奪った。そう思ってる」 「あんたの金って――」 「じゃお前の金なのか?」 「俺とあんたの金だろ。報酬は二万グルテン。一万二千はあんたで、八千は俺のものだ」 「金の勘定はできるみたいだな」 「頭いいんだ、俺」 「それ馬鹿のいう台詞だぞ」  アンナはエドゥアールの死体を漁り始めた。ズボンとシャツのポケットに手を突っ込み、腰に下げていたナイフを調べはじめた。  エリオットは机の引き出し、隅にあった指輪を見つけた。アンナはナイフに夢中のようだ。指輪は高価なもののような気がする。手に取った。リングが太く、上に乗る宝石は赤い。リングをよく見ると、二重になっていた。内側と外側の輪がある。 「なんだこれ」  外側の輪を回転させてみると、宝石を乗せている台座から爪ほどの長さを持つ刃が飛び出した。 「うわ」  両手で持っていたので驚いて、左手の小指を切ってしまった。 「どうした?」  アンナがエリオットを見る。 「指輪だ。刃が仕込まれてた」 「だろうな」  アンナは納得しているようだ。 「どういうことだ」 「こいつ諜報保安委員会の者だ。ヴェトゥーラだよ」 「ヴェトゥーラ?」 「サウスタークの諜報員だよ」とアンナ。  マリアノフが属するミッドガルド帝国の隣国にあるのがサウスタークだった。 「甘い響きだな」 「ミッドガルドの民からしたら一応、敵国だからな。このナイフ、魔導が付呪されてる。魔導の文法はサウスタークのヴェトゥーラたちが使うものだ。柄に細かく刻まれていた」 「確かなのか。なぜわかる?」 「聞いてどうする?」 「いや、悪かった」  エリオットもそうであるように語りたくない過去もある。 「こいつ信心深いのか?」  アンナが一枚の紙を拾った。「ラナ教の集会に行くのか?」 「あぁ。それか。俺がエドゥアールに渡した。楽園派の説法だよ」  エリオットがいった。「今週あるんだ」 「お前は信心深く見えない」 「じゃ何に見える?」 「クソ馬鹿野郎」 「酷いね。ま、楽園派についてだが、新しい派閥のことだ。だから新規のお客さんが欲しくて、教会税が安いんだ。長老派は十分の一税だけど、こっちは十二分の一税だ。俺も楽園派に鞍替えして節約しようと思ってな。それでエドゥアールも誘った。世間話のひとつだよ」 「金のない奴にかぎって金のはなしばかりする。私がそれを知らないと思うか? 金を取り戻すぞ」 「取り戻す? 誰から?」  アンナがエドゥアールの死体をつま先で小突いた。 「相手は諜報員なんだろ?」とエリオット。 「そうと決まったわけじゃない。こいつがヴェトゥーラで阿片の密売をしていただけだ。そして何者かが私の金を奪った」 「だけど――」 「お前、自分に選択肢があると思うな。私の金を奪われたのはお前の責任なんだぞ」 「わかってる」 「どうだかな。お前はこれから金の回収が済むまで私の奴隷だ」  何が奴隷だ。阿片が見つかったときに笑っていた。金の匂いを嗅ぎ取ったくせに。たぶんアンナは一万二千グルテン以上を狙ってやがる。  黒猫がアンナの肩に飛び乗った。もうそこが定位置だと思ってる。 「どうするんだ?」とエリオット。 「猫の名前か?」 「いや、違う。これからのことだよ」 「お前が私に指図するのか? お前、私がさっきいったことを聞いていたか?」 「俺は奴隷だろ」 「わかってるなら、自分がどんなに愚かなことをしたか理解できたか?」 「謝る。謝るよ」 「金を返せない奴は本当にクソだな。エドゥアールと何の仕事をした。まず、それを話せ」 「俺の稼業は知ってるよな?」 「零細のクソ仲買人だろ? なんでも扱うらしいな」 「仲介できるものなら何でも手を出す。それがエリオット・ラウファー商会だ」 「かっこいいと思っていってるのか。それで?」 「絨毯を仕入れてくれといわれた」 「おかしな点はあったんだろ?」 「決めつけるような言い方だな。けどその通りだ。クショーノフって町は知ってるか?」 「北の炭鉱町だろ。見所のない場所だよ」 「そうだ。そこにある店から仕入れてくれ、という話だった。町や店まで指定されるやり方は珍しい、というか初めてで――」 「理由は?」 「絨毯一枚で二万グルテン出すといわれた」 「つまり聞くなってことか」 「すぐに綺麗な仕事じゃないとはわかったが断る理由もなかった」 「その奇跡の絨毯はどこだ? 金を貰うつもりだったってことは納品は済んでるだろ?」 「そこにある」  エリオットが部屋の隅を指した。丸まった赤い絨毯があった。 「早くいえ、クソボケ。持って来い」とアンナ。  指示に従った。 「広げろ」 「はいはい」  丸まった絨毯を放り出した。 「しっかりやれ。この馬鹿が」  アンナが足で絨毯の端を広げる。  赤のベースに白い模様が編みこまれていた。幾何学とは違う模様だった。 「魔導が編みこまれているのかと思ったが違うようだな」とアンナ。「これに二万グルテンとはね」 「空飛ぶ絨毯には見えないな」  左右を結ぶように真ん中に白い線。それを中心に上下にも白い編みこみが巡らされている。 「エリオット、明かりをつけろ」  エリオットは火口箱を取り出し、蝋燭に火を灯す。 「照らせ」  アンナがいった。 「それくらいはいわれなくてもわかる」  燭台を絨毯の上へ。模様の上に、アンナの影。 「裏返せ」  エリオットは燭台をアンナに渡して、絨毯を裏返した。模様が引っ繰り返す。編みこみの裏側なので、表ほど美しくはない。 「これって――」   エリオットは閃く。 「絨毯なのはわかってる。何かを思いついたなら、その先をいえ」  アンナは絨毯を眺めている。 「期待してもいい。たぶん俺が正解だ」 「うすのろ、早くいえ」 「これはマリアノフ近郊の地図だ」 「同意を求めているのか?」 「みろよ、この街が編みこまれてる。で、真ん中の左右に流れる線はルスターク川だ。そうするとここが俺たちのいるグロウ通りで、ここは第四市門。これはマリアノフ宮殿に聖母フラウエン教会だろ。あとここは市庁舎――」 「もういい。黙れ。私は観光に来たわけじゃない」 「でもわかったろ?」  エリオットがいった。 「あぁ。ここが目的地だ」  アンナが踏みつける。  第三市門近くに、黒い糸で編みこまれた丸い模様があった。 「シエロ通りの外れだな」とエリオット。 「メモを取れ」  エリオットは机にあった紙に地図を簡単に書き写す。 「行くぞ。ついてこい」  エリオットに選択肢はなかった。死体を見る。どうにもすることはできない。記念に刃の仕込まれた指輪を持っていくことにした。小屋を出た。

ブックマーク

この作品の評価

3pt

Loading...