もはや頼れる者は居ない

予告の日の朝。 田村はすでに昨晩より、内閣調査室の手引きによりSPと共に安田総理の身辺警護の一員に加わっている。 真奈美は山科警部補たちと共に、行動することになっていた。 夕刻より始まる東心悟による因縁切りの儀式まではまだ間がある。 真奈美は御影純一が入院する、**総合病院を見舞った。 御影はベッドに居てまだ意識をとり戻していなかった。 「検査の結果、脳に大きな損傷はないようです。時間はかかるかもしれませんが、やがて意識も戻るでしょう」 担当医師は真奈美にそう告げた。 真奈美は御影の心を読もうと試みたが、御影の意識は混とんとしていて読むことができない。 『サトリ』の能力で読めるのは、今現在考えていることだけであって、記憶が読めるわけではないのだ。 真奈美は御影から、なんらかの情報を引き出すことを諦め、ため息をついた。 ・・・いったいどうすればいいのだろう。 そう思うと目に涙が浮かんできた。 ・・・お願い、御影さん。私を助けて・・私に出来ることを教えて。。 祈るようにそう念じたが、御影の目は閉じたままだった。 「山科警部補、T大学に連れて行ってください。残りの時間、もう少し訓練したいんです」 それからの2時間ほど、真奈美はT大の脳量子力学研究所で頭部模型に挑戦した。 革のカバーを通して、松果体を透視しサイコキネシスで圧力をかける。 松果体は柔らかい組織なので、真奈美の出せる小さな力でも十分だが、周辺部もやはり柔らかいので、同時に傷つけない自信はとても持てない。 ・・・しかし、いざとなればやらなければならない。相手は慈悲も情けも持たない怪物なのだ。止めなければどれほどの犠牲者が出るかわからない。 真奈美は悲壮な決意をした。 もはや頼れる者は居ない。指示を仰ぐことも出来ない。 ここから先は、真奈美自身の責任と判断で行動するのだ。 すべては真奈美ひとりで、極秘裏に終わらせるのだ。 ・・・きっと御影さんはそうするつもりだったのだろう。 もしかしたら、一生かけても拭えない罪を犯すことになるだろう。 しかし、もう後戻りはできないのだ。 T大の学生食堂で簡単な昼食を摂り、真奈美は山科たち刑事と共にコスモエナジー救世会本部に向かった。 刑事のひとりが運転する車内で山科が真奈美に問い掛けた。 「なあ正直なところ、田村さんで大丈夫かね?御影君じゃなくても東心悟の力を止められるのか?」 「大丈夫ですよ。止めるのは難しいですが、総理の心臓に異変が起これば、所長がすぐに総理の冠動脈を元に戻すでしょう。所長にもそのくらいの力はあります」 真奈美はそう答えたが、心の中では別の事を考えていた。 ・・・私の考えが正しければ、総理には何も起こらない。あれはただのミスリードだから。 真奈美たちを乗せた車が、コスモエナジー救世会本部前に到着した。 いつもは固く閉ざされている門は解放されており、数百名の信者らしい人々で溢れていた。 ウェブサイトでの予告当時ということもあり、報道陣の姿も見える。 ・・・何か起きるならここだわ。だって怪物はここに居るのだから。。 果たして真奈美の考え通り『怪物』はここに居て、何事かを企んでいたのだった。

ブックマーク

この作品の評価

0pt

Loading...