第百五話 山登りと神殿と黒ローブ

 ビュォォォォ……  地上ではさほどでもないけど、空では嵐のような風が吹き荒れていた。俺とバウムさん、ニドを先頭に山を少しずつ登っていく。  「こりゃ確かに夜に来なくて良かったな。崖が多すぎる」  「……うん、後ろを振り向くと、そこには誰もいなかった……」  「やめろよサン……」  広い道もあるにはあるけど、そういった場所には当然魔物がつきもので、洞窟から飛び出してきた蛇っぽい魔物やスライムなんかをバシバシ倒していた。  「魔物も多い……クロウ、本当にこの山で合っているのか?」  「そのはずだよ。文献自体は仲間が持って行ったから詳しいことまではわからないけどさ」  「ちなみにクロウ君の仲間ってどれくらい強いの?」  俺の近くにいるクロウにルルカが話しかける。この分だと、強さ次第では全滅しているということもあるからだと思う。  「……僕ほどじゃないけど、そこにいるパーティの人よりかは強いと思うよ。レベルは平均して25くらいあるし」  後ろでアルの「げっ」という声が聞こえてきた。どうやらクロウの仲間より低いらしい。そこでコトハが汗を拭いながら口を開いた。  「私達より強くても、レベルだけならそう差はありません。だから夜は行軍できないですよ、これ。多分少ししたら追いつくんじゃ?」  「それは期待したいところだ。先を急ごう」  バウムさんは弓を片手に空からの強襲者に対して警戒をしていた。でかいハゲワシみたいなのが飛んでいるせいだろう。さらに進むこと数時間……俺達はとある洞窟を見つける。  「この洞窟……火の匂いがするな」  「ということはさっきまでここに居たと言うことか! 近いぞ!」  リファが興奮気味に叫んで外へ向かうが、バウムさんが一言呟く。  「……僅かだが風の流れを感じる。奥へ行ってみないか?」  「待つんだリファ。この先は山じゃなくて、どうやら洞窟の奥らしいぞ」  風斬の魔王が言うのだから間違いなさそうだし、俺はリファを捕まえて奥へと進む。  「……うん、僕の仲間が野営をしたみたいだね」  「分かるのですか?」  「この食べかす、ほらこの包装紙に『アウグスト製』って書いてあるだろ? これは僕達、神官クラスしか買えないお店の食料なんだよ。これがあるってことはそういうことなんだ」  「……そ、そうですか……」  真面目な顔で説明するクロウにティリアがちょっと引いていた。というかクロウは神官クラスなのか……ならあの港町でノーラさんを勧誘していたのはどの程度だったのだろうか? そんなことを考えていると少し開けた場所へと到着する。  「おー……こりゃ本格的な神殿、だな? 所々壊れちゃいるが……」  「……ドアール、あまり近づいたらいけない……何があるかわからない……それに、ここ、嫌な感じがする……」  「僧侶のサンが嫌な感じがする、か。ティリアは?」  「……私も少し寒々しいというか冷えた感じを肌に感じますね。アウロラ様の封印とはとても思えないのですが……」  光っぽい人達がこぞって『嫌な予感がする』という。しかし、俺にも光属性はあるはずだけどそういう感じはしなかった。  「ま、行ってみようぜ。近づかなければ何にもわからんし」  と、ニドの言葉を皮切りに神殿へと近づいていく俺達。するとそこで……  「きゃあああああああ!」  「何だ?」  「中からですよカケルさん!」  「今のはレオッタの声だ!」    クロウがそう言うと走り出す。  「あ、待てクロウ!? 危ないって!」  「追いましょう!」  「私達も!」  ティリアとコトハが叫び、クロウを追う。俺も慌てて神殿の中へと入っていく。両脇に気持ち悪い像があるのを横目で見ながら走っていると、像に色が付き動き出した!  「魔物!?」  「ガーゴイルか、こいつが設置されているってことは相当だなこれは」  俺が驚いているとバウムさんが冷静に説明してくれた。お宝や侵入を防ぎたいときに設置する、罠の類であるらしい。  「頭を狙え! それ以外は再生して襲ってくるぞ!」  「了解!」  バウムさんが一体のガーゴイルの頭を矢で貫くと、灰色になった後でびしびしと音を立てて崩れ去る。たまたま腕を斬り裂いたリファの前にいるガーゴイルは腕を再生してリファに再び襲いかかる。  「固い! それに太い……!」  「こら! 王女様がはしたない!?」  「何を言ってるんだカケルは! 私が止めるから頭を攻撃してくれ!」  不穏な発言はどうも首のことのようだ。リファの剣だと、文字通り『刃』が立たないようで、俺の槍で粉々に粉砕する。  「ありがとう! さっきのはどういう意味だったんだ?」  「うん、知らないでおこうね」    「≪その偽らざる生に終止符を≫」  ギェ……  「貰ったぜ!」  コトハの呪術で動きを止めたガーゴイルをニドが仕留め、その逆サイドではアルが牽制をしながらサンへと叫ぶ。  「それそれ……! サン、援護を!」  「……はいです……! ≪ハイシールド≫!」  サンが防御を上げてアルが斬りこむという絶妙なコンビネーション。ドアールは一人バッサバッサと斬りこんでいく。  「≪大地の牙≫」  ザグン!  「これで終わりだ!」  ルルカの魔法とバウムさんの矢で残りのガーゴイルも崩れ去る。  「ひとまず終わったか? クロウは?」  「奥へ行きました! 早く!」  「なら俺が先行する、後から着いて来てくれ!」  「え、それはどういう……」  ティリアが言い終わるより早く、俺は『速』を上げて先を急ぐ!  「は、速っ!?」  「カケルのやつそんな魔法も持っていたのか?」  「その話はあとでカケルに聞けばいい、私達も行くぞ」  バウムさんのそんな声を遠くに聞きながら、俺は神殿の奥へと走っていく。脇道は無いので、真っ直ぐ進むと大仰な扉が目に入る。先に入ったクロウの仲間か、クロウが開けたのだろう。少し開いた扉をすり抜けるように入ると、一際天井が高い部屋になっているようだった。  すぐ近くにクロウの背が見えたが、微動だにしないので、大声を出して呼びかける。  「クロウ!」  「カ、カケル!? あれ……!」  呼びかけにビクッと体を震わせ、クロウが俺を振り向かず指を指した先には、黒ローブの集団が居た。声を出したレオッタと呼ばれていた女性がへたりこみガラスのような素材で出来た石碑? を見て震えていた。  全員フードを取っており、一人はエルフ耳で残る一人は体のでかい男、そしてもう一人。  しかし、最後の一人は、血だらけで地面に突っ伏していた。  「まずいか!?」  『???(?) 寿命残:1分……59秒……58秒……』  「でしょうね!?」  「カケル!」  クロウの声を背に受けながら、慌てて死にかけの男に近づいてハイヒールをかけると、何とか一命を取り留めたようだった。寿命がちょっと減ったが、まあ仕方ない。  「あ、ありが、とう……アンタは一体?」  レオッタが俺を見ながら尋ねてくるが、それよりもこの状況を把握するのが先だ。  「礼はいい、どうしてこんなことになった? この石碑はなんだ?」  「た、助かったのかい?」  「ク、クロウ!? エルフとの戦いはどうなったのさ?」  「その話は後にしてくれ」  俺が苛立たしげに言うと、横にいた大男が口を開く。    「お、俺達は……いや、こいつ、トロベルがこの文献にある言葉を呟きながら石碑に触ったら急に全身から血が……」  「クロウの言っていた文献か、ちょっと見せてくれるか?」  みゅいーん……みゅいーん……  俺がそう言った瞬間、俺の後ろにあった石碑が妙な音を立てながら鈍く輝き始めた。

ブックマーク

この作品の評価

87pt

Loading...