【後編】ジェームズ・ボンドは明かさない

空港の出来事から23年の月日が経ち、ヘインズ君は脚本家の仕事をしていた。 そして憧れのロジャー・ムーアと仕事をする機会を運良く得た。 相変わらずとても気さくで優しいロジャー・ムーアにふと23年前の出来事を話してみると「記憶にはないが君が“ジェームズ・ボンド”に出会えたなら僕は嬉しいよ!」と笑って言った。 当時から大スターのロジャー・ムーアにとってサインを求められることなど 日常茶飯事だったのだろう。覚えていなくて当然か……。 そう思いながら仕事をこなし、無事に全て撮影終了。 帰るためにヘインズ君が自らの車に向かっていた所、ロジャー・ムーアが ヘインズ君の横に現れ、周りに聞こえないように気を使いながらヒソヒソ声で言った。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 「空港での君との出会いはもちろん覚えていたよ。 だけど、僕がさっき忘れたふりをしたのは、あの数多くいるスタッフの中の誰かが敵のスパイとも限らないからね!!」

ブックマーク

この作品の評価

0pt

Loading...