黄金でできている

 来客があり、戸を開けてみると古い友人のゴーレムだった。  ゴールデンゴーレムだ。身体が黄金でできていて、いつもピカピカだ。 「金がいる。スマホのゲームに課金しすぎて、今月苦しいんだ」  ゴーレムはうなだれて言った。 「俺の身体を削って、売ってきてくれないか」  どうしてもと頼まれ、友人の身体を少しだけヤスリで削って、貴金属買取所に売りに行った。  それから友人がどうなったかは知らない。  ある夜、とても小さいノックの音がして、扉を開けた。  ドアの向こうに、|爪楊枝《つまようじ》ぐらいのサイズの金色のゴーレムが立っていた。  泣きながら。 ――完――

ブックマーク

この作品の評価

0pt

Loading...