何をしようか

晴れて小説プラットフォームとしてデビューしたは良いけど、私は何ができるんだ?ただ作られたシステムに人格が載りましたーってだけだと中々退屈な人生になりそうだ。 そんなこんな思索していると、自分のステータスを把握できることに気付いた。 「ステータス・オープン」 ----------------------- 名前:セルバンデス オーナー:講談社 ユーザ数:80 作品数:150 ブックマーク総数:300 ----------------------- ふむ。良いか悪いかわからんなー。 まぁ、取り敢えずこれを増やしていけば良いんだろうな。どうやるか知らないけど。 適当な小説を選んで、見てみるか。 『異世界論破! ~魔法も奇跡も認めません~』 お、面白いな。ふむふむ…… 自分がシステムであることを忘れて普通に読み進め、気づいたらかなりの時間が経っていた。 「これは面白い!!激プッシュすべきだ!」 そう思い、私はブックマークを100つけた。 「ふふふ、これぞシステムの特権。よし、注目の作品にも載せておこう」

ブックマーク

この作品の評価

0pt

Loading...