ヨゾラとひとつの空ゆけば | ふたつめ。河と火薬のエレスク・ルー
帆多 丁

第27歩: 羊串

「おや、昨日の猫連れのお兄さんじゃないか。朝食はすんだのかい? まだならうちでどうかね? パンと串で銅五枚だよ」  羊串の女将は嗄《しゃが》れた深い声でそう言った。  道の端に長方形の炭火台と、テーブルがわりの樽が三つならんでいる。炭火台の上には串に刺さった羊肉が並んで、時折くるりとひっくり返されたり、台の隅へ移されたりしていた。  女将の脇では、大きな鍋がとろ火にかかって湯気をたてていた。 「パンと串、一つずつで。あと、こいつに焼いてないのを少し頼みます」  と、手袋を外しながらアルルはヨゾラを指差す。 「お安いご用で。パンも温めようか?」 「あ、いいですね。お願いします」  コートのポケットにしまった小袋から、銅貨を六枚取り出してアルルは答える。 「生肉ひとかけらぐらいオマケするよ」  と女将が言うので 「じゃ、お茶を一杯追加で」  とアルルは返した。 「はいよ、まいどね。ちょっと待っとくれよ」  と、女将が鍋から柄杓《ひしゃく》でお茶を汲み、炭火台の端に平たくて丸いパンを乗せる。お茶を受け取ったアルルは、ヨゾラに一声かけて荷物を降ろし、樽テーブルの一つに陣取った。  他の樽でも、二、三人の男たちが黙々と朝食を取っていて、アルルの向かいには十五、六歳ぐらいの太っちょの少年がいる。 「おはよう。失礼するよ」  アルルが言うと、少年はもぐもぐしながら右手を上げて応えた。 「先に言っておくと、俺は魔法使いで、こいつは人の言葉をしゃべるけど、危険はないから驚かないでくれ」  と、周りにも聞こえるようにアルルは少し大きめの声で言う。 「おはよ。あたし、ヨゾラだよ」  そして、少年は驚いてむせ込んだ。他の樽からも「おおう」といった声が漏れる。 「ごめん」  アルルは小さく少年に謝った。  むせるのが収まって、口の中の物も飲み込んで、少年は口をひらく。 「魔法使い?」 「そう。ドゥトーさんの所に用事があってね」 「その猫も魔法をつかう?」 「いや、こいつはしゃべるだけ。驚かせてわるかったよ」 「しゃべるだけじゃないぞ。鼠とか捕るぞ」  と下からヨゾラが主張してきた。 「だそうだ」  アルルとヨゾラを交互に見比べる少年にそう言うのと、女将が「猫のお兄さん、お待ちどお」と言うのが同時だった。  杖を左手に持ったまま、右手でパンと串を器用に受け取る。 「お連れさんにはこっちだ。投げるよ、しっかり取りな」  と放られた生の羊肉を、ヨゾラは空中でがぶっと受け取る。女将が上手に口笛を吹いた。 「やるもんだねぇ」  ヨゾラが肉をくわえたまま「にっ」としたのがわかった。「いふぁふぁひあふ」とかなんとか言ってから、肉を噛みちぎって食べ始める  ものを食べる時、ヨゾラは必ず何か言ってるな、と思いながらアルルはパンにかじりついた。黒っぽい、《《もそっ》》とした普通のパンだが、温かくて仄かな甘みを感じた。  これ、旨いな。  串にもかじりついた。  身のしまった羊の肉は、噛みごたえと食べごたえがあった。たしかにエレスクの塩は一味違う。ちょっと買って帰りたくなった。  お茶は、白羊婦人でも出していた黒くて苦いお茶だ。口の中がさっぱりしてちょうど良い。  もう一度串にかぶりついたとき、靴が軽く叩かれるのを感じた。見下ろすと、緑の目をいっぱいに見開くヨゾラと目があった。 「お前もう食べたのか?」  こくん、とヨゾラが頷く。ぎゅっと結んだ口が、もぞもぞと動いている。  アルルもなんとなく察しがついた。 「これも欲しいのか? まだ熱いぞ」 「冷ます」 「塩、効いてるぞ」 「食べてみたら平気かもしれない」  後ろ足で立ち上がりながらヨゾラが言う。  アルルは軽くため息をついた。  そんな物欲しそうな目で見るなよな。  大騒ぎになった。  正確には、ヨゾラが大騒ぎした。 「おーいしー! おいしー何これ!? ぎゅっとしてジュっとして、しょっぱいけどおいしい! 何これ!」  焼いた羊の肉だけどさ、とアルルは気まずくなった。説明すればわかってもらえる、とは言えあんまり目立つのは面倒くさい。  ヨゾラは腹ばいになったまま前足でばたばたと地面を叩いている。 「おーいしー!」  女将さんが、客の相手をしながらケタケタ笑っていた。その背後の店の二階から眠そうな目をした、おそらく旦那が、何事かと見下ろしている。  樽の向かいにいた少年が苦笑いしている。 「兄《あん》さんの猫は違いがわかるな!」  と、隣の樽の男が笑いながら言った。 「そんなに気に入ったんなら、俺のも食うか?」  その向かいの男が言う。 「いいの!?」 「あ、じゃ俺のも」 「いいの!? いいの!?」  何事かと屋台の周りに人が集まりはじめた。猫が大声でしゃべってれば無理もない。  アルルは肉とパンの残りを頬張って、お茶で流し込んだ。  ヤケクソだ。 「魔法使いアルルとその連れのヨゾラです! 羊串を初めて食って、騒いでおりまーす!」  そこにすかさず、女将さんが重ねた。 「しゃべる黒猫ちゃんにも大絶賛の羊串だ! エレスクの朝に一本どうだい! 串だけなら銅三枚、銅五枚ならパンがつくよ!」

ブックマーク

この作品の評価

3pt

Loading...