戴冠、或いは暁を待つ | 二章:魔術師は語る
かなた

11

 帰りに階段を降りずに済むのなら、記念に段数くらい数えておくべきだった。そんな馬鹿げた思考をするくらいには、ゴンドラによる移動は早い。しかも足を動かさなくていい。  クロイツは外套のフードを被ったままの姿で、いっしょにゴンドラに乗り込んだ軍人たちと他愛もない話に興じていた。彼らの姿は宿舎で見たことがあったような気もするし、見たことがなかったような気もする。というのも実のところ、僕はあまりひとの情報を覚えるのが得手ではないのだ。  むしろ、そもそも他人と話すこと自体が苦手なのである。一度引きこもったあの工房から出られなくなったのがよい証拠。対人関係の記憶も、いつもあやふやになってしまう。昔はこんなふうではなかった気がするが、僕もこの五年でめっきり変わってしまった。  そう思うのと入れ違いに、ゴンドラが斜面に着地する。籠の中から降りた僕らは軍人たちに頭を下げて、坂道を広場へ向けて登り始めた。  そうして瓦斯《ガス》灯の光が見えたころ、先日と同じ、小さな影を見る。 「アマリエ」  名を呼ぶと、彼女はひどく慌てた様子でこちらへ駆け寄って来た。勢いのまま僕の周りを一周し、正面に戻って来たところで制動をかける。 「昨日のお話、聞きましたよ! 盗人《ぬすつと》の!」  誰から、とは聞かない。  そういえばハイロも、昨日の事件についてはなにも口にしていなかった。そこから察するにどうやら、今日の昼頃からようやく昨日の件の噂が回り始めたらしい。 「荷物と関税が合わなくなったら、大変な騒ぎになるのに! 馬鹿どもですよ! お怪我はありませんでしたか!」  どうやらアマリエは市街に買い物へ出た帰りのようだ。手提げ籠の中身は相当な重みがあるらしく、彼女が飛んでも跳ねても動きが小さい。  アマリエ自身の頬もまた、林檎もかくやと言わんばかりに赤かった。もはや籠の重さのことなど、露も感じていないように見える。 「僕についてはだいじょうぶ。荷物を持つよ」  怪我の有無を聞いて来たということは、僕らが居合わせたことは誰かに聞いたのだろう。  興奮しきりの彼女の手から籠を預り、斜面のほうで足を止めているクロイツを見る。  話してよい内容の判断を仰ぎたかったのだが、アマリエがそちらに駆けて行くほうがいくらか早かった。籠という重石《おもし》から解き放たれ、鉾《ほこ》先《さき》を向けるその勢いたるや、穴蔵の兎を追い詰めるための小さな猟犬のよう。 「泥棒からルカのなにを守るんだよ」 「被害のありそうなことから、全部です!」  すかさずクロイツは両手を挙げた。完全降伏の姿勢だ。  アマリエはしばらく鋭い目線で彼を睨《ね》め付けていたものの、そのうちすごすごと僕のほうへ戻って来る。 「心配するようなことはなかったよ」  つぶやくような声音で、嘘をひとつ。アマリエはひとつうなずくと、今は亡き屋敷の門のほうへ顔を向けた。それを合図に、僕らは肩を並べて歩き始める。 「なら、よかったのですけれど……」  あの場には軍人たちもいて、彼らからもエクリールに報告が上がっているはずだ。それでもアマリエが街に出るまで事態を知らなかったなら、きっと誰もが彼女にこの話を伝えるのを避けていたのだろう。かくいう僕自身、無意識に彼女にこの話をするのは避けていた。  だから、きっと仔細は話すべきではない。  その意識を持って、僕は視線をわずかに上へと向ける。アマリエから顔を逸らす形だ。なにか問いたがる気配は絶えなかったが、それが言葉になることはなかった。 「アマリエ、今日も大将に会えたか?」  かわりに門扉を潜ったあたりで、クロイツのほうが声を上げた。 「先ほどお昼を持って行ったときに、少しだけお話もしましたよ」  とエクリールの小さな侍女は応じる。 「あっ、そうだ。今日はふたりとも来なくていいって――」  ついで彼女は足を止め、同じ主人に仕える相方を振り返った。僕も反射的に彼女に倣《なら》って後ろを振り向き、クロイツが横手を見ていることに気がつく。  白い布地に阻まれて、視線の先が見えることはない。けれども僕は、彼の見つめる先をすぐに悟った。 「明かりだ」  役所の方角。正確にはその上方。エクリールの居室から、白い光が漏れている。  この刻限にあってはけっしておかしな話ではないが、部屋のあるじを思えば不自然極まりない光景だった。エクリールの目は獣のものであり、なにをするにも明かりを要さないはずだから。 「誰だろう」 「お客さまが来るとは聞いていませんが……」  彼が居室に明かりを灯すのは、僕のような客人を迎えるときに限られる。 「俺も心当たりはないな」  だからこそと言うべきか、応じるクロイツの声はささやくよう。  僕らは三人揃ってしばし部屋の明かりを見つめていたが、視界を横切る白色を認めて、それを諦めざるを得なかった。僕はアマリエの背に手を添えて、移動を促す。 「降って来たよ、帰ろう」  雪が降れば衣服が濡れる。そうなれば風邪を引くのも時間の問題だ。  宿舎のほうへとアマリエを押しやりながら、僕はまた一度だけ後ろを振り向いた。ついで魔術師の名を呼ぼうとして、やめる。彼は未だまっすぐに、役所の窓を見つめているように思われた。そこに声をかけるだけの理由を、僕は見つけることができなかった。  ゆえに僕らはなにひとつとして、言葉を交わすことなく夜を迎える。  そうして深夜、風花《かざはな》の先触れがつれて来た雪雲と風は、トゥーリーズに久方ぶりの豪雪を呼んだ。雪の帳の向こうに灯る防雪の火は、少しだけ星の光に似ているように思われた。  * * *  雪雲はトゥーリーズへのしばしの滞在を決めたようだった。  三日にわたって雪を吐いた雲がいなくなると、翌朝は目映《まばゆ》いばかりの陽が照った。  僕らの国はそもそも雪深い北の王国だが、長い降雪のあとの刺すような日差しを見るにつけて、冬が深まった感覚を覚える。その思いを抱くに至るまでの三日間、詰所兼宿舎では色々なことが起きた。  ひとつめは、僕もアマリエの勉強を見るようになったこと。読み書きくらいは僕でも彼女に教えられるのだ。  ふたつめは、エクリールが久方ぶりに〈私室〉から宿舎の自室へ戻って来たこと。理由は様々にあったようだが、一番は役所に閉じ込められることを恐れたからだろう。さすがの神《かみ》代《よ》の炎とて、吹雪には勝てないらしい。  さらにみっつめは、アマリエがちょっとした小遣いを入手したこと。  ついでにその理由として、三日目の晩に談話室では些細な争いが起きた。クロイツと猫の喧嘩だ。彼らが掴み合うより先に、アマリエはほかの連中から賭け金を集めた。  最後に猫は投げ飛ばされて椅子をひとつ破壊し、クロイツは勝利を収め、アマリエは手数料として賭け金の一部を懐に納めた――という形で事態は収容を見せたわけだが。 「――あいつはね、貯金してんの」  雪の残る市街へ出たクロイツは、細工師通りの坂を下る道すがら、そんなことを言った。 「おやっさんの工房に、優秀な弟子を呼びたいんだとさ」  工房が弟子を取るのには意外に金がかかる。親方というのは、奉公する弟子の衣食住まで面倒を見るのが通例であるからだ。 「ハイロは駄目かぁ」 「あいつは半分お手伝いみたいなもんだろ。本腰入れてるわけでもねぇし」  鍛冶場は火を扱う場所だ。だからこそ安全のためにも、髪は短いほうがよい。けれどもハイロは、尾である髪を切らない。以前はそれを不思議に思っていたけれど、彼が軍人志望だと知ればおのずと納得が行く。  職人として身を立てる獣には髪の短い者も少なくないが、軍人であれば尾を――走るために必要な器官を切り落とす者はいないから。 「まぁ、あいつがいるからアマリエは奉公に出られるんだけどな」  僕はひとつうなずいてしまってから、急いで首を横に振る。  先ほど僕が昨晩の出来事の話題を振ったのは、なにもアマリエの小遣いの行方を知るためではなかったのだ。 「僕が聞きたいのは、君が猫を投げ飛ばしたやり方だよ。あれ、魔術か?」 「いや、普通の小手先の技術」 「またずいぶん予想外な返答だな……」  わざわざ手摺の上を歩くクロイツは、申し訳ないけれどかなりの小柄だ。魔術もなしに見上げるほどの長躯の持ち主を投げたとは恐れ入る。 「技術ひとつでどうにかなるのか」 「なる。というかな、そもそも魔術なんていうのは繊細なもんなんだから、普通はどつき合いの最中に使うもんじゃねぇんだよ」  僕はクロイツの姿を見上げて、なるべく呆れて見える表情を作った。 「まさか君、それはあいつらにも技術で勝ったってこと?」 「そう申しました」  こちらを見下ろす白面《はくめん》には、嘲《あざけ》りよりも憐《あわ》れみの色が濃い。 「それなら、僕にもできるようになる?」 「練習すりゃできるだろうよ。幸い、図体も俺よりでかいしな」  クロイツはそう言って顔を前へ向け、踊り場までの短い距離を滑って行った。対する僕はあくまで慎重に白い雪を踏み締め、同じだけの距離を埋めて行く。  本日僕らが向かう先は、先日も訪ねた門前広場だ。  細工師通りを通ったのには、雪の残った斜面を下るより、階段を使うほうが幾分安全だからという列記とした理由があった。東に向かって伸びる坂は朝日を受け易く、雪解け自体は早いが、その分足元は滑りやすいという欠点を抱えているのである。この雪深い北国において、それは非常に重篤な欠点だ。 「しかし、真面目だねぇ」  いっぽう丘の裾に広がる門前広場は、壁に遮られる分日が照るのが遅い。  つまり、雪解けそのものが街の中で一等遅く、滑り難いかわりに雪自体も邪魔になる。おかげで出店を出す商人たちは、まだ日の届かないうちから雪を掻いていた。その姿を見つめる魔術師の白皙の面には、感心したふうの色が伺える。  はじめて目の当たりにした彼の表情を、僕はまじまじと凝視した。  ――紅を差したような口唇からまろび出た言葉が、自分に対するものであったと悟ったのは、耳から余韻もすっかり消えたころ。 「僕?」  まだ信じられない気分で声を出す。 「俺はおまえと話してるんだから、おまえだよ」  返る言葉に淀《よど》みはない。太々《ふてぶて》しいより、いっそ清々しいほどの態度だった。  手摺を飛び降りて歩き出す背中を追い、濡れた地面を歩き出す。向かう先はこれまた以前訪れたのと同じ、通関の窓口を兼ねた小屋だ。  ただし、目的は前回と異なる。言い出したのも僕である。とはいえ、言い出す原因自体はクロイツのほうであったが。  ――今日は六日目だからおまえに付き合ってやろう、と朝方の彼は宣言した。  どうやら彼は僕に相談するでもなく、日ごとに行動の主体を決めるつもりらしかった。そして六日目の今日は、僕が行き先を決める日に当たるらしい。  ――ならばエクリールの客人の正体を知りたい、と僕は願った。  あの日、エクリールは客人を宿舎へ連れて来なかった。つまり客人は、数日続いた雪の中を去って行ったことになる。その事実に好奇心より奇妙な不安を煽られて、僕は客人の正体を確かめておきたいと思った。  どうやらクロイツはそのことに寄せて、僕を真面目だと称したらしい。今さらのようにそこまで考えが至ったが、改めて口にすることはしない。  雪を踏み越えて辿り着いた小屋は、あいかわらず戸を立てていなかった。入り口には二枚の毛氈《もうせん》がかけられているだけだ。  中にはストーブが焚かれていて、数日前と同じ役人のダーヴィトが僕らを迎えてくれる。  先日との唯一の差異は、ストーブの横にいるのが獣であるという一点のみ。青とも黒ともつかぬ色の毛皮をまとったその獣は、脚を体の下にしまっている。いわゆる香箱座りだ。 「おまえ、それ逆に寒くないわけ」  クロイツが尋ねると、獣はわずかに頭をもたげた。そうして見えた体の下には、厚手の毛布が敷いてある。 「贅沢なことで」  頭を元の位置に戻した獣の姿を、僕はまじまじと見つめた。――青黒の毛並みには、縞の部分と斑《まだら》の部分があるように見える。けれども地の部分と柄の部分が似た色なので、もしかしたら陰影の差があるに過ぎず、柄など最初からないのかもしれない。  そんな僕の意を悟ったかのように、獣は尾を揺らしてみせた。その毛並みは窓から入る光を複雑に撥《は》ね、やはり縞と斑のあわいにしか見えなかった。 「して、今日はどういう用向きだい」  官証の腕輪を揺らして、男がクロイツのほうを見る。その声色《こわいろ》はどこか頑なだ。内心の警戒を反映した声であることは、僕にもわかる。  つい先だっての倉庫襲撃の件も、まだすべてが終わったわけではない。陽動の実行犯たちはまとめて詰所の地下の牢屋に詰め込まれ、少なくない見張りを付けられている有様だ。  そんなところへ新たな火種を持ち込まれるのは、通関としては本気で困るのだろう。 「今日はこの俺が知る限り、問題らしい問題はございません」  魔術師は腕を広げた。 「君の知る限り、か」 「しかしだね、街道も雪で埋まってるし、陽動で雇われた連中も役所のほうにいる。ことここに至った今になって、問題が起きる要素はなにひとつないと思うんだよ」  一連の仕草はひどく芝居がかって見える。しかしながら彼に限らず、魔術師というのは誰でも、こういう大仰な動作と回りくどい言葉を好む傾向を持つものだ。なぜなら―― 「最果てのあるじに誓って、ということだね。わかりました、要件を聞きます」  魔術師は、最果ての竜に仕えることを最終的な目的に据えている。かの偉大なる獣は己の夢に嘘偽りが入り込むことを厭《いと》うから、竜の子ら《獣たち》と魔術師は嘘をつかない。ゆえに彼らが他者を騙すなら、身振り手振りに頼るよりほかにないのである。  呆れを通り越し、疲れ果てたふうを見せた男に向けて、クロイツはにこにこ笑った。 「ここ数日の入領名簿の控えが見たい」  告げる言葉はいっそ、穏健に聞こえる。けれどもダーヴィトは大慌てで首を横に振った。 「駄目駄目、見せられない」 「出領のほうでもいい」 「そういう問題じゃないんだよ。許可もないのに見せたらいけない決まりなのは、君だってよく知ってるはずだろう」  相手の態度が頑なであると見るや否や、クロイツは上機嫌そうな笑みを消した。  まるで仮面を脱ぐように、相貌《そうぼう》から表情だけが剥がれ落ちる。残るのはどこか人形じみた風情の、ヒトの匂いの薄い玉容《ぎよくよう》ばかり。 「どうしても?」 「どうしてもだ」  のそりと獣が顔を上げる。唸りを上げることもせず、彼女は居並んだふたりを見やった。 「なら、質問を変える。どうしたら見せてもらえる?」 「坂の上のほうから届け出をもらうか、エクリール卿の直筆の書状でもあれば……」  にわかにクロイツの顔が僕のほうに向く。残りのふたりも一斉に僕を見る。  注がれた視線の意味を悟るでもなく、僕は反射的に懐へ手を伸ばした。  当然ではあるけれど、僕はエクリールからの書状などもらってはいない。そもそもなんの書状があればよいと言うのか。もしや気づかないうちに仕込まれでもしたのだろうかと、奇妙な妄想まで脳裏を掠める。  そんな僕の視界の隅で、魔術師は素知らぬ顔で机のほうへ歩を進めた。  足音はなく、こちらから目線を外すこともなく。その目的がなんであるかについては、考えずとも明白だ。 「書状ならなんでもいい、なんてことは、ないですよね」  男は薄く笑ってうなずいた。 「もしかして、君のほうが見てみたかったのかな」  クロイツは何食わぬ顔で窓際の机の横に立ち、目線だけを机上へ向ける。ふたたび彼の目線が持ち上がったのと入れ違いに、僕は懐をまさぐる手を止めた。もちろんだが、抜き出した手に掴んでいるものは存在しようはずもない。 「かわりになるものも、ないか」 「はい。……今度はちゃんと書いてもらってきます」  それがいい、とダーヴィトは笑う。彼にとって今の僕は、珍しく仕事熱心な態度に見えているのだろう。  笑みを返そうとはしたものの、顔は否応なしに引き攣《つ》りそうになる。それを見咎められずに済んだのは、ダーヴィトが机の――自分の近くへやって来たクロイツに気づいたせいだ。 「まったく油断も隙もないな、君は! 彼に託《かこ》つけてなにを企んでいるんだ」  君たち、とひと括りにされない点に、クロイツの普段の行いが偲《しの》ばれる。  彼はわざとらしく舌を出して見せてから、虎の尾を跨いでこちらへ戻って来た。けれどもそのまま出て行かないあたりに、彼の信頼の厚さが伺える。 「外寒いから、ここで飯食って行ってもいいかな」 「今日は忙しいから駄目。明日も明後日《あさつて》も、君が来る限りは忙しい」  もし仮に忙しくなかったとしても、どうして食事の許可が下りると思えるのか。僕は心底呆れた気分で、行こうと小さく声をかけた。対して、クロイツは抵抗も反抗もしなかった。  彼はちょっと困ったように肩をすくめて見せてから、僕より先に小屋を出る。 「……凹んだかな、彼。意外と繊細なところがあるんだよね」  裾を揺らす毛氈を眺めて、ダーヴィトは言った。答えに窮《きゆう》して黙っていると、ため息混じりに笑って見せる。 「お大事に、と伝えておいて」  深く首肯を返してから、僕もまた二枚重ねの毛氈をくぐる。小屋の中にいたのはけっして長い時間ではなかったはずだが、いつの間にかひとの数は相当増えていた。

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...