凄まじい嵐の中、二人は海に切り立った崖に駆け出た。そして手を取り合い、暗く渦巻く風に髪を乱しながら、恍惚(こうこつ)とした瞳で見つめ合った。  女は微笑んだ。 「やっと…旅立ってゆけるのですね。やっと」 「そうだとも」  夫である男は、さらに強く彼女の手を握った。 「行こう、二人で。この地から解き放たれて。――約束しよう、たとえ波の下ではぐれても、必ず再びこの手を取ることを。全てを超えて一つになることを…。そうしてやっと、わたしとそなたは結ばれるのだ」  声音は、荒れ狂う雨風にも揺るがない強い意志を宿していた。   横殴りの雨の向こうには、物々しい軍隊が迫って来ていた。そして見事な|鬣《たてがみ》の黒馬に乗った青年が躍り出た。 「馬鹿な真似はおやめください!」  彼の後ろに、続々と兵士たちが追いついてくる。  肩を震わせた妻を強く抱きしめ、男は青年に向かって告げた。 「もはや、わたし達を縛るものなど何もない。罪さえもわれらを引き裂くことはできぬのだ」 「兄上…!」   豪雨の中で必死に声を張り上げる弟に、男は見下したように口元を歪めて笑った。一つの勝利を手にした笑みだった。 「残念だったな、弟よ。お前の思い通りになどさせるものか。神器はすでに|秋津《あきつ》を離れた。――見ているがいい、あの鏡と玉は、いつか必ずお前たちの血筋を絶やす。禍(わざわい)を降らせる。これは呪(しゅ)だ、お前への最後の言霊だ、|穴穂《あなほ》」  言いきると、男は妻に向き直った。そして温かな愛情の溢れる瞳で、やさしく語った。 「さぁ、行こう。我らが父の|高天原《たかまがはら》ではなく、我らが母の|黄泉《よみ》ではなく。同胞の|豊秋津洲《とよあきつしま》を逃れ、ただ自由のある彼方の都へ。約束された我らの国へ」  女は目を細め、夫の目に映る自分を見た。 「ええ。愛しき我がなせの君、あなたとならどこまでも」 「ともに。愛しき我がなにも…」  男は慈しむように、若い妻の髪を撫でた。    |隠《こも》り|処《く》の|泊瀬《はつせ》の山の    |大狭《おおお》には|幡《はた》張り立て さ|小狭《おお》には|幡《はた》張り立て    |大狭《おおお》にし なかさだる 思ひ妻あはれ    |槻弓《つくゆみ》の|臥《こ》やせる|臥《こ》やりも    |梓弓《あずさゆみ》|起《た》てり|起《た》てりも    |後《のち》も取り見る 思ひ妻あはれ    |隠《こも》り|処《く》の|泊瀬《はつせ》の河の    |上《かみ》つ瀬に|斎杭《いくい》を打ち    |下《しも》つ瀬に|真杭《まくい》を打ち    |斎杭《いくい》には鏡を懸け    |真杭《まくい》には|真玉《またま》を懸け    |真玉《またま》|如《な》す|吾《あ》が思ふ|妹《いも》    鏡|如《な》す|吾《あ》が思ふ妻    ありと言はばこそよ    家にも行かめ 国をも偲はめ…    男が捧げるように歌い上げると、次の瞬間には二人の姿は崖の向こうに消えていた。

ブックマーク

この作品の評価

0pt

Loading...