日常茶飯事 | 女は世界と
かさね

女の朝は

電車に乗ると、みんな物知り顔で画面を見ている。別に彼らが異様だとは思わない。評論家のセンセイ方はみんな異様だと言うけどね。そう簡単には、人の言葉なんて信じない(つもりでいる)。そんなことしてたら身がもたない。ただでさえ糸で繋いだだけの、脆い屍体なんだから。

ブックマーク

この作品の評価

3pt

主人公の人間性が生々しく描かれていて素敵です。

2019.05.02 21:47

藤屋順一

1

Loading...