40 終わりは始まり

 そうして、戦いは終わった。  ナイアスの見守る中、両断された黒い天機兵から降りたイリスは、遅れてやってきた警備兵たちによって拘束され、護送されていく。  彼が繰り出した最後の一撃は、操縦室を傷つけてはいなかった。  最後に聞こえてきた、あの言葉——多分、幻聴以外の何物でもないのだろうが、あのときはアリスのものだと思えた声に背中を押されて、迷いなく剣を振ることで、そうすることが出来た。  また、彼女に助けられたのだと、そう思うことにしたい。   そんなことを考えていたら、護送されるイリスが横を通り過ぎようとしていた。  ナイアスに彼女へかけるべき言葉はなかった。  だから、言葉を発したのはイリスのほうだった。 「——これは始まりにすぎませんよ」  ナイアスはしばし迷い……頷いた。  イリスの目的は、ナイアスを斃すこと。だが、それは彼女個人の目的ではない。彼女とその仲間——つまり、魔族から命を狙われる立場に、ナイアスはなっているのだ。  人と魔族の戦いはまだ終わっていない。  その先触れとして、ナイアスの命が狙われている。  このことは意識に留めて、警戒する必要がある。 「——と。少し待ってくれ。一つ聞いておきたいことがある」  ナイアスは、イリスを護送中の警備兵たちに声をかけた。  彼らからすれば良い迷惑だろうが、聞いておかなければならない。 「イリス、お前……魔族の目的は人を護ること、って言っていたな? あれはどういうことだ?」  その質問に、促されるまま静かに歩いていたイリスは足を止めて—— 「人類未踏領域——その先にすべての答えがあります。そこに。私たちの本当の敵がいる」  ただそれだけを言い残して、再び歩き出した。  魔族の少女を追って、警備兵が動く。  ナイアスは、彼らに置き去りにされたまま、目を二、三回瞬く。  最後にイリスが見せた表情——  そこに、彼女が「本当の敵」と呼ぶ何者かに対する《《畏れ》》のようなものが見えた気がしたからだ。  ——百年以上の昔から、人類の絶対の敵として、争いを繰り返していた魔族。  その魔族が畏れる存在とは何か。  それは、宇宙からやってきたという、天機兵を生み出した真の主人のことだろうか?  疑問の答えはないまま——  試合の成り行きとその結末——公表された結果は、対戦相手の不正行為により、失格というものだった——の不審さにざわめきが続く会場にあって、ナイアスは背筋が寒くなる感覚に襲われ、ぶるりとその身を震わせた。  その、直後に。 「……先生! ご無事でしたか!」  ナイアスの背中から、投げかけられた声。  振り返ると、そこには金髪の少女の顔があった。天機兵に搭乗していたからだろう。伊達眼鏡はかけておらず、ひっつめた髪も少しほつれている。  だが、見たところ、怪我はなさそうだった。 「リズか……そっちこそ、大丈夫だったか?」 「はい、危ないところでしたが、運良く傷一つありません——というか」 「ん?」  ナイアスが首を傾げると、リズは自分でも疑問げに呟いた。 「彼女は、私を傷つける気がなかったのでは……なんて。そんなこと、あるはずもないと思うんですけども……」 「どうだかな」  魔族に人を傷つける気がなかった……などと言って、ほんの少しでも同意して貰えるとは思っていなかったのだろう、リズは驚いた顔になって。 「えっ、あれ? そんなこともありますか?」 「さあ、分からないけどな……アイツも、恩を返すぐらいのことはするんじゃないかって、そう思っただけだ」  リズが倒れていたイリスを病院に連れて行ったという話。  そのお礼として、イリスは、自分の目的であるナイアス以外の人物であるリズを、傷つけない道を選んだのではないか。  イリスが人型をしているから、人間のような行動をするものだと思ってしまうのかもしれないが。  でも、根拠はないが、間違ってはいないのではないかとナイアスは思う。 「そうですか……」  ナイアスが感じたことが伝わったのか、リズは考え深げにその一言だけを呟く。  そして、すぐに、再び口を開いた。  今度はずいぶんと興奮気味だった。 「あっ、それより! 格好良かったです、先生。やっぱり先生はあの時の英雄でしたね」 「んん……」  ナイアスはいつにない——いや、いつもリズからの尊敬の念は感じているのだが、それがいつも以上であることを感じて、反応に困った。  照れくささの上に、ちょっと胃が苦しくなるような、違和感すら覚えた。 「あの、私、子供の頃からずっと、先生のことは知っていたんです」 「え、そうなのか?」  その話は初耳だった。  リズが興奮気味に語る話によると、どうやら、彼女が最初に観た天機兵の試合で、自分の搭乗していた機体が出ていたらしい。そういえば、昔、この国の大会で優勝したこともあったな、と思い出しつつ話を聞いていたナイアスの耳に、リズの言葉は上滑りしていく。  彼女の紡ぎ出す言葉が興奮気味でやけに速いのも、ナイアスの意識に入ってこない理由のひとつだったが。  なんだか、それだけではなく—— 「それで、それで——先生は、私にとって、あのその……そのですね!」 「うん……?」  ナイアスの疑念の声に、リズはぎゅっと目を瞑った。  そして、決定的な一言を口にした。 「多分、あの時から、私は本気で好きになったみたいなんです! ナイアス先生のことを——って、あれ?」  リズの声にも疑問が宿る。  それもそのはず。  目の前に立っていたナイアスが、ぐらりと身体を大きく横に傾けていたのだ。 「えっ、先生! 大丈夫ですか? どこかに怪我でも——!」  リズが手を伸ばして、そんなナイアスの身体を支えようとする。  だが、ぐにゃりと力の入っていない身体は、箱入りの淑女であるリズには重すぎて——ナイアスは彼女を巻き添えに倒れた。  最後に一言。 「これ、いつもの発作だ」  そんな、独り言とも付かない呟きだけを残して……

ブックマーク

この作品の評価

64pt

面白かったです~。読み応えのある文章で、毎日一話ずつ読むのを楽しみにしていた作品なので、終わってしまって寂しい……。しかもまだまだ謎が残されてる感たっぷりで…。続き……是非とも続きを! 個人的にはリズさんの日常がもうちょっと見たかったです。あと、ナイアス先生と他の操機手の人たちとのやりとりとか。

2019.05.15 16:25

繭式織羽

0

Loading...