籠の鳥⑤

(1) 「おい、いたぞ!あそこにいる二人だ!!」  突然の叫び声に振り返る。フロックコート姿の四人の男達が二人を取り囲むようにして近づいてくる。ミランダは男達の顔を確認すると身を強張らせた。  そう、男達は、ダドリーの命令で酒場で暴れ回った彼の取り巻きだった。  思わず、リカルドの腕にきつくしがみつく。 リカルドも、男達が何者なのか瞬時に理解したらしい。 「……ミラ、走るよ。場合によっては、トランクは捨てていいから」  ミランダだけに聞こえるような小声で告げると、リカルドは彼女の手を引いて駆け出した。 「待て!!」  すぐさま男達も二人の後を追い掛ける。が、二人の方が僅かに足が速いせいか、追いつきそうで追いつけない。  聖なる夜に、暗闇の木々の間で一組の男女を男四人掛かりで追い回す様は異様な光景だった。屋台の店主やその客達は何事が起きたのか、と、彼らを遠巻きに眺めていた。 「ミラ!広場を抜け出してブナの木の遊歩道に入りさえすれば、人の波に紛れて奴らを振り切れるから!!それまで頑張って走るんだ!!」 「分かったわ!!」  とにかく、広場を無事に抜けさえすれば――、リカルドと共に必死に走り続けるミランダだったが、ある疑問を抱いた。    確か|あの時《彼らが酒場で暴れた時》、取り巻きは五人いた筈。しかし、今は四人しかいない。  たまたま今回は四人集めただけなのか、それとも――  背筋に怖気が走った。  最後の一人がどこかに潜んでいて、突如として目の前に現れでもしたら……  駄目だ。最悪の事態を想定して怖がっていてはいけない。  恐ろしい想像を断とうと、走りながら首を横に振りかけたその時。  二人の前を、やけに細長く黒い影が立ち塞がった。  リカルドは、その黒い影を避けようと更に走る速度を上げた。  けれど、それは虚しい努力に終わった。黒い影がリカルドに思い切り体当たりをしかけてきたため、避けきれなかったリカルドはミランダと共に転倒、固く冷たい土の上へとその身が投げ出された。  黒い影――、他の男達と同じくフロックコート姿の最後の一人は起き上がろうとするリカルドを突き飛ばし、再び地面へ転がした。 「やめて!!」  男を止めるべく起き上がったミランダだったが、時すでに遅し。残りの男達も二人に追いついていた。立ち上がると同時に男達の一人に羽交い絞めにされてしまった。  拘束されたミランダは成す術もなく、他の四人が地面に蹲るリカルドに暴行を加える様を、泣き叫びながら眺めるより他がなかった。血に塗れていくリカルドの顔、苦しげな呻き声。ミランダの叫び声に悲壮感が増していく。 「彼は何も悪くないわ!!悪いのは、ダドリーを裏切った私なんだから!!彼じゃなくて、私を殴るなり犯すなりすればいいでしょ!!!!」 「……ミラ!……何を、言って、るんだ!!……」 「まだ口を利けるだけの余裕があるのか!」  殴られながらも、ミランダを窘めるようにリカルドは呟いたが、すかさず顔を蹴飛ばされてしまう。 「ねぇ、お願い……。私のことを好きにしていいから。これ以上、彼を傷つけないで……」  自分を拘束している男に向かって、涙ながらに懇願する。 「それは無理な話だ。ダドリー様から『男には何をしても構わないが、女には拘束する以外、一切手出しをするな』と命令されている」  事務的に答える男を憎々しげに睨むも、却って冷静さを取り戻したミランダはある疑問をぶつけた。 「ねぇ……、何で、私達の居場所が分かったの……」  男は相変わらず無表情のまま、機械的に答える。 「ダドリー様曰く、『この街の人間は私に逆らえる者など誰もいない。金を出しさえすれば、誰もが全て思い通りだ』ということだ」 「どういうことよ……」 「あんたとあの男の動向は、ダドリー様が雇った裏稼業の人間によって常に見張られていた。つまり、あんた達が出会い、お互いに恋に落ちていたことまでダドリー様には全て筒抜けだったって訳さ。夢を見させるだけ見させて、一気に絶望の底へ叩き落とす。それが自分を裏切ったことへの最大の罰だそうだ」 「…………」  ミランダはそれ以上言葉を続けることが出来なかった。  自分と関わらなければ、リカルドは今こうしてダドリーの取り巻き達から暴行を受けることはなかった。自分と出会わなければ。    呆然自失のミランダのすぐ目の前では、男達の一人がギターケースを使ってリカルドを殴り始めている。  あれは、人を殴るためのものじゃない。  辛いことや苦しいことを、ほんの一瞬でも忘れさせてくれる、心地良い音色を引き出すため、ちょっとした幸福感を味わわせてくれるものなんだ。 「もういいでしょ!!これ以上、彼を殴るのはやめてよ!!」  必死で泣き叫ぶミランダを嘲るように、男達は振り向いて下卑た笑いを彼女に向ける。すると、ミランダを拘束する男の口から、耳を疑う発言が飛び出した。 「ケースの中身で殴ってやったらどうだ??」  男達はにたりと笑ってケースからギターを取り出す。  そして、地面に倒れ込んだまま、すでに動けない状態のリカルドにそれを力いっぱい振り下ろした。  その瞬間、ミランダの意識は遠退き、目の前が暗転した。   (2)  丸一日以上意識を失ったままでベッドに横たわるミランダを、ダドリーは黙って見つめている。永遠の眠りの呪いに掛かった茨姫のように、ずっと眠り続けているミランダの顔は泣き膨れて腫れ上がり、本来の美しさがすっかり損なわれていた。  あの後――、引き続きリカルドを暴行し続ける仲間を置いて、ミランダを拘束していた男は気絶した彼女を抱えてスウィートヘヴンに送り届けた。そして、ダドリーの元へ駆けつけ、事の顛末を彼に報せたのだった。  本来ならば、脱走を謀った娼婦は罰として拷問を受けるのだが、ダドリーがマダムや店主と交渉し、今回に限っては免除されることとなった。マダムからは『ダドリー様はミランダに甘い』と言った旨の発言をされたが、むしろ拷問に掛けられて死んだ方が彼女にとっては余程楽だったかもしれない。  恋人との仲を引き裂かれただけでなく、自分のせいで恋人の命が奪われたかもしれない苦しみを、彼女は一生背負わされるのだから。  リカルドとかいう男が本当に死んだかどうか、ダドリーには一切分からなければ知る由もない。  ただ、後に残った四名の男達の報告によると『瀕死状態になるまで暴行した末に広場の隅に捨て置いてきた』らしい。真冬の寒空の下、何時間も気絶した状態のままなら凍死する可能性が高いだろう。 (……愚かな男だ……。一介の娼婦のために、その身を犠牲にするとは……)  心の中でリカルドを嘲ると、ダドリーは再びミランダの寝顔に目を向ける。冴え凍るコバルトブルーはミランダを見つめているようで、ある女の姿を重ね合わせていた――  その女と出会ったのは約四年前――、ダドリーが国有数の名門大学を卒業し、家を継ぐべく首都からこの街へ戻った頃だった。  上質な金糸を思わせるプラチナブロンドをきっちり纏め上げ、やや吊り上がったアイスブルーの大きな猫目が特徴的な美貌を持つその女を初めて見た時、まるで高級な猫のようだと、ダドリーは人知れず見惚れたものである。  しかし、その女とダドリーはお互いに接点を持つことすら許されない存在であった。貴族であるダドリーと、下働きのメイドでは住む世界が違い過ぎるから。  ダドリー自身も一瞬は見惚れたものの、卑しい下層の使用人風情に何を考えている、とすぐに思い直そうとした――、が。ダドリーの視線に気付いた女は他の者には悟られないよう、彼にそっと微笑みかけてきたのだ。  使用人が屋敷の主人に笑いかけるなど、不躾極まりない行為にも関わらず、今度こそダドリーは彼女から目が離せなくなってしまった。  女が向けた笑顔は、ある種の誘いかけをする妖艶さを湛えていた。若かりしダドリーがその妖しげな女に魅了されてしまったのは言うまでもない。程なくして、その女とダドリーは人知れず屋敷で逢瀬を繰り返すようになっていた。  今にして思えば、その女に対する感情は愛情や恋慕などという美しいものではなかった。情欲や征服欲といった、ドロドロとした泥濘のような、屈折した醜い感情に取り憑かれていたとしか思えない。  その女は表面上はダドリーに従っているように見せ掛けてはいたが、彼を掌の上で転がしては上流の若者との火遊びを愉しんでいるようなところが見受けられた。そんな彼女を何としても屈服させてやりたいと、ダドリーは躍起になったものだった。女がダドリーに完全に屈する日は遂には訪れなかったけれど。  男爵である父に女との関係が見つかった――だけでなく、屋敷に頻繁に訪れていた成金の男が女を見初め、彼の愛人となるべく女は屋敷から出て行ったからだ。他の誰もが自分にひれ伏し必死で媚び諂う中、その女だけは一度たりともダドリーに屈しなかった。そのことが彼の、誰よりも高い気位を大いに傷つけた。  そして、今、眠り姫と化しているこの娼婦――、ミランダも、その女同様にいつまで経っても自分に屈しようとしなかったし、平然と裏切ろうとした。 (一度ならず、二度までも、しかも下層の女に虚仮にされるとはな……)  思えば、その女ーー、確かエマという女とミランダは面差しもよく似ている、と、今になってようやく気付くと。ダドリーはほんの僅かに眉間に皺を寄せた後、軽く溜め息をついてみせた。

ブックマーク

この作品の評価

18pt

狡賢く立ち回ればいくらでも楽に生きられたのに、そうしないミランダの潔さが青月さんとこの女の子だなぁ、と。 今まで苦労した分、この先はリカルドと幸せになってください(T人T

2019.06.13 17:36

なっつ

1

Loading...