マッド・パロディ・ワールド | マッド・パロディ・ワールド
かさね

みなみと今井の

「どーしたの」言うと、みなみはスニーカーを脱ぎ捨てて、今井の部屋に上がりこむ。 「何が?」 「なんか嬉しそう」 「そうかな?」 「うん」 「実はね」今井はプレゼントを取り出す子供の目をしている。少し面倒くさい。 「なあに」 「一寸みなみに見せたいものがあって」 「え?」 「こっちに」 「なんで」 「みなみには水が似合うよ」 「今井?」 ーー私の可笑しな想像は本当になり、其の儘私ったら愚かに漂っている。 ーーけど ーーけど ーーけど ーーけど……。

ブックマーク

この作品の評価

10pt

みなみちゃん生きてて一安心。 先が読めない展開がとても面白い作品だと感じました。これからクライマックスに入るのかな?5回くらい読んでますけれど謎が深まるばかりです。

2019.04.12 18:27

無題_No.0

1

マッドって狂ったという意味でした。 どこかおかしくてどこか現実味に溢れている。少し奇妙で変わったお話でした。

2019.04.03 22:02

紫蛇 ノア

1

Loading...