敗北必至? 猛省の果てに

 地面に残った片足でベルトは飛翔する。  下から上へ、『不破壊』のアゴを破壊するような強烈な縦蹴り。  クリーンヒット……のはずだった。  (足が振りぬけない!)  まるで岩でも蹴ったかのような感触。  頭部と同サイズまで鍛えられた首。それに加えて肩から首を固定している僧帽筋。  それらの筋肉によってダメージが軽減させられたのだ。  ミシッ…… ミシッ……  『不破壊』が掴んでいた足から軋む音がする。  「痛ッ!」  ただの握力。強く握るという行為がベルトに痛みを与える。  ――――その直後だ。  『不破壊』は背中を向けた。背を向ける動きが素早い。  そのまま、掴んでいたベルトの足を自身の肩に担ぎ上げる。  背負い投げという柔術の技。いや一本背負いか――――  さらに言えば、腕の代わりに足を担いで投げる足一本背負いになる。  (速い! ……いや、それ以上に高いッ!)  人が人を担ぐ高さ。3メートルにも満たないだろう。  しかし、高速で打ち上げられた3メートルの高さには恐怖が加速する。  次にベルトが感じたのは浮遊感。胸の辺りから何かが通り抜けていくような感覚。  (投げ……受身!)  受身――――通常、投げられた時に、頭部を地面と衝突させないための技術がある。  この場合なら前受身。 衝撃を和らげるため両手で地面を叩き、アゴを引いて頭を守る。  だが、この速度。  (受身じゃ……持たない!?)  闘技場に衝撃音が響いた。  闘技場の地面は土と砂。しかし、固められた土の上にほんの僅かな砂が敷かれているだけ。  その強度は舗装された道よりはマシというぐらい。  そこに3メートルの高さから、勢いよく叩きつけられたベルトは――――  ・・・  ・・・・・・  ・・・・・・・・・  (どこか……舐めていた)  猛省。  受身など通じるはずもなく、頭部から地面へ直撃。  さらに勢いはベルトの体を大きく剃らせ、ぐにゃ~と腰を曲げさせた。  おそらく、戦闘不能のダメージ。それどころか日常生活を送れるか……  しかし、そんな状態でベルトは反省をしていた。  闘技者ナンバー2  だが、所詮はかませ犬。勝って当たり前の相手。  キング・レオンの前哨戦。当然、レオンよりも弱いと思っていた。  (あぁ、俺は馬鹿だ。あのレオンとトップ争うを続けていた相手だぞ? 弱いわけないじゃないか!)  それなのに自分は夜な夜な町を徘徊して、いるかどうかわからない人を――――  カレンの幻影を探していた。  戦うコンディションを作っていなかった。 精神的にも不安定。  負けて当たり前だ。そうベルトは敗北を覚悟した。  しかし――――  視界の隅で何かが見えた。  観客の声援でかき消されているが――――  マリアが声を上げている。  およそ貴族らしからぬ振る舞いで声援を送っている。  『行って、オーナーである私に勝利を送りなさい!』  試合前に彼女から言われた言葉が脳内で繰り返される。  「仕方がない。 ――――本気を出すか」  そう声に出すとベルトは立ち上がった。  それは不自然な動き――――まるで朝、ベットから起き上がる時のように自然な動きだった。  突然、ダメージが消失したかのように見えた。

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...