死者を見たのだ

 その姿を見た瞬間にメイルは駆け出した。ベルトは動きと呼吸を止めた。  2人の差は、認識の違い。  目前で愛する者を見取ったベルト。  手紙で愛する者の死を知ったメイル。  ただ、その差だけなのかもしれない。  ベルトに取ってもメイルに取っても最愛の女性――――  カレン・アイシュ  メイルの姉であり、ベルトの妻だった女性だ。  ベルトが彼女のことを語るとしたら、少し首を傾けながら唸り、それから――――  「およそ暗殺者に向かない性格と暗殺者に生まれるべき才能を持った女性だった」  そう告げるだろう。  天真爛漫。他人思い……あらゆる命を尊び、悪を許さない性格。  一方でその才能は教えた技術を砂漠に垂らした水滴のように吸収していく。  仮に神が存在するとしたら――――  一体、どのような思惑で、人を殺すための肉体を生み出し、人を愛するための精神を混ぜ込んだのだろうか?  ――――いや、彼女の存在こそが、この世界に神が存在しない証明ではないか?  ベルトは幾度となく真摯に考えて頭を痛めていたものだ。  「俺から学びたいのなら非常になれ」  そう教え込むも人を殺す禁忌に耐えれるカレンではなかった。  初仕事の時もそうだった。  時刻は深夜。 場所は目標ターゲットの寝室。  見守るベルトを背に、カレンは寝息を立てる目標を殺せずに立ち尽くしていた。  「俺から学びたいのなら非常になれ」  彼女を洗脳するかのように呟くベルト。  徐々に言葉が彼女の精神を蝕んでいき――――  彼女は硬く握ったナイフを振り上げた。  ・・・  ・・・・・・  ・・・・・・・・・  気がつくと彼女が振り下ろそうとした腕を掴んで止めていた。  なぜ、そんな事をしたのか? それはベルト自身にもわからなかった。  2人とも呆然として動きを止めた。  そのまま、言葉もなく目標の寝室を後にした。  依頼は失敗だ。  だが――――  「殺さない暗殺者。そんな奴が1人くらいいても良い。そう思ったのだ」  帰り道にベルトは、そう言った。  自身でも、その言葉が支離滅裂だという事は分かっている。  だが――――  しかし――――  けれども――――  それでも――――  構わないとベルトは思った。  きっと、自分は彼女の才能が惜しいのだ。  殺せないのならば、自分が殺せばいい。  人の禁忌を犯せないなら、犯せる人間がやればいい。  自分が人を殺すための道具になるのか――――  それとも自分が人を殺すためにカレンを道具にするのか――――  やはり、支離滅裂。  なぜならベルトの本心は他の所にあり、それを自身が理解していないからである。  単純に、彼女には人を殺してほしくないという自身の願いを当時のベルトには理解できなかったのだ。  ともあれ閑話休題。  死者を見たのだ。  あの日、ベルトの手に抱かれ死んだはずのカレンを見た。  走って追いかけるメイル。 呆然とするベルト。  しかし、カレンは人ごみに紛れて姿を消した。  見間違え? あるいは他人の空似?  どちらもありえるかもしれない。しかし――――  ≪気配感知≫  そのベルトのスキルを掻い潜れる人間は同じ暗殺者が、それとも本物の死人か?  どちらか、2種類しか存在していないだろう。  

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...