第三十一話 これ正に悪役令嬢也……!

 ゴクリ……俺は喉を鳴らして顎の汗を拭いながら呟く。  「まさかこの目で悪役令嬢を見れるとはな……あ、写真撮っとこう」  俺はポケットからスマホを取り出し、一枚パシャッと写真を撮った。  「カケル、それ何?」  「ん? ああ……これは……ってうおおお!?」  「きゃ!」  俺はトレーネを押しのけてスマホを慌ててポケットへ入れる!  ついいつもの癖でスマホで激写してしまった!? 何でも写真に撮ってSNSにアップする現代人の病気を露呈してしまった形だ!(感じ方には個人差があります)  「カケルさん?」  エリンがひょこっと俺の横にきて顔を出すが、俺は手を振って答える。  「い、いや何でも無い。すまないトレーネ、さっきのは忘れてくれ」  「だいじょぶ。でも気になった」  トレーネを立ち上がらせていると、後ろから怒声が浴びせられた。  「ちょっと!? 人を悪役令嬢とか言っておきながら放置ってどういうつもりですの!?」  「あ、ああ、すまない。少し取り乱してな……あ、もう行っていいよ」  すると頭から湯気が出そうな勢いで顔を真っ赤にし、またしても叫ぶ。取り巻きの女の子がオロオロしているのが手に取るように分かった。  「行きませんわよ! そもそもソシアさんに話があって出てきたのに、どーしてあなたみたいな田舎臭い男に追い払われなければなりませんの!」  確かに言われてみれば俺に用があるわけがないし、俺も用は無いな。  「えっと、それじゃソシアさん、どうぞ?」  「あ、あはは……凄いですねカケルさん……では改めましてレムルさん! こんにちは!」  ソシアさんが元気よく声をかけると、口元を歪ませてふふん、と笑い、髪をバサっと翻して口を開く。くそう、動画に取りたい……!  「ごきげんよう、ソシアさん。聞きましたわよ、ここ最近学院に顔を出していなかったのは家出をしていたそうですね? 何か嫌な事……もしや、王子との婚約が嫌になったとか? ホーホッホ! そんな体たらくでは次期王女はわたくしに決定ですわね!」  ……なるほど、俺が助けた日からしばらく学院に顔を出していなかったのか。噂で家出をした、となっているようだが、こいつが犯人ならその噂の出所もこいつということになるが……? さて、どう返すソシアさん……?  「ええ、ちょっと嫌な事があったんです……靴を隠されたり、持ち物が無くなったり……それを両親に言っても聞いてもらえなかったからカチンときて……」  とりあえず、適当にでっちあげたか。誘拐された、と言えば取りようによっては脛に傷がついてしまうかもしれない事を考えると適当に散らしておくのが妥当か。  「ホーホッホ! そんなメンタルでは王族に相応しいとは思えませんわね。ま、生誕祭で全ての決着がつきます。楽しみですわ!」  しかし、嫌がらせと聞いて特に動揺した風も無いな……白だろうか。まあ今日は顔見せ程度  「選ばれるかは王子次第……私も負けませんよ!」  強気な言葉でソシアさんもレムルに宣言する。大人しいかと思っていたけど、そうでもないんだなソシアさん。  「ホーッホッホ! いいでしょう! 王子も学院の生徒の一人……アプローチする機会はいくらでもあります、わたくしの本気を見せて差し上げますわ」  「美人だけど性格が悪そう……」  高らかに笑うレムルに、トレーネがボソッと呟いた。そしてそれを聞き逃す悪役令嬢ではない。  「そこのちびっ子、今何と?」  「何でも無い」  ふるふると首を振るトレーネは可愛かった。  「だが、悪役令嬢は美人だけど性格が悪そう、という言葉を聞こえなかったフリをするほど甘くは無い! 特に美人!」  「カケルさん口に出てます!?」  口に出したからな。じゃないとトレーネが狙われるだろう?  「さっきからそこの男はわたくしを馬鹿にしてるんですの……?」  「え?」  「もう勘弁なりませんわ! ツォレ、この男を叩きのめしなさい!」  「畏まりましたお嬢様」  悪役令嬢……レムルが横に居た男に命令すると、彼は前へ出てくる。  「ツォレ様! やっつけちゃってください!」  「ゴーゴーツォレ様!」  「レムル様を馬鹿にするなんてゆるせなーい!」  取り巻きの女の子達が口々に何か喚いていたが、この子達もよくいそうな取り巻きだなあ……おっと、念のためステータスをいじっておくか。実はジャイアントビーを倒した時、何気にレベル6になったんだよな。  反撃はしない方向で……『体』に振っておくか。  力:26  速:23  知:12  体:22 → 42  魔:32 → 12  運:17  これで良し。こいつの攻撃がどれくらい強いか分からないけど、そうそうダメージは無いと思う。グランツやトレーネ、エリンもレベルが上がっいたけど、聞いてみると1か2、多くても3くらいしかステータスは上がっていないらしい。殆ど3ずつ上がっている俺はやはりおかしいようだ。  それはさておき、俺の前に来てツォレが口を開いた。  「オレはツォレ。レムルお嬢様の付き人をしている。貴様は?」  「……俺はカケルだ。ソシエさんの……友達だ」  チラリとソシエさんを見ると、うんうんと頷いている姿が見えた。何がそんなに嬉しいのか? 護衛だと言うと面倒になるので、ここでは友達で通して欲しいと言われたからなんだけど……。  「そうか。一応ぶちのめす相手の名を聞いておくようにしているのだ」  「どうしてだ?」  「それはな……ぶちのめした後、そいつはオレに怯えて近づかなくなるからだよ!」  ガツン!  「カケル!」  「カケルさん!」  「お前! ふいうちとは卑怯な!」  「だ、大丈夫ですか!?」  微動だにしない俺にトレーネ達が悲鳴に近い声をあげ、続いてレムルが喋りはじめた。  「フフフ、ツォレは冒険者であればレベル10はある学院でも屈指の強者ですわ! そんな田舎臭い男を取り巻きにしたのは失敗でしたわね! ホーホッホ!」  「フ、立ったまま気絶した、か……!?」  「? え? 終わり?」  俺は顔面に突き刺さっていた拳を払いのけてツォレに声をかけると、すっごい冷や汗をかいて後ろに下がった。  「お? もういいのか? よし、腹も減ったしソシアさん、食堂へ行こう!」  「え!? は、はい! ……えっと、大丈夫、ですか?」  「大丈夫ですよ? フォレストボアの方が何倍も痛かったし」  というか死んだからな……。  「カケルはやっぱりすごい」  「流石ですね! 俺も精進しないと……!」  「……うーん、カケルさんって……」  俺達がわいわいしながら食堂へ向かおうとすると、我に返ったレムルが後ろから叫んでくる。  「お、お待ちなさい! あ、あなたは一体何者なんですの? ツォレの一撃を受けて何ともないなんて……!」  まあこちとら冒険者だし、レベル10程度とはいえ学生の一撃なんてそうでもないだろ? そう思いつつも口には出さず聞かれた事を答える。  「え? まあちょっと痛かったぞ。で、さっきも言った通りソシアさんの友達だけど? というかあんた、そんなにカリカリしてると王子に嫌われるぞ? 美人なんだから笑ってた方がいいと思うぞ?」  「んな!?」  顔を真っ赤にして言葉に詰まる悪役令嬢。いかん、どうもまた怒らせてしまったようだ……ここは取り巻きがボー然としている内にさっさと逃げるが得策か。  「それじゃあな。 ……よし、話は終わった! 行くぞトレーネ! デザートとかあるといいなあ」  「うん! でも私はこの前カケルが作ってくれたパンケーキが食べたい」  「あれは美味しかったわね……」  俺はトレーネ達をひて   「あ!? 待ちなさい!」  「レムルさん、またの機会に……」  「ぐ……田舎男め……覚えてなさい……!」  ソシアさんがやんわりレムルを止め、俺達は食堂へと向かった。  さて、とりあえず容疑者の顔を見る事ができたのは僥倖だったな。これから動きがあるだろう……それにしても王子もこの学院に通っているとは。その内顔を見る事がありそうだなと思いながらお昼ご飯を目指した。  ◆ ◇ ◆  「ツォレ様ぁ、大丈夫ですかぁ?」  「……問題ない……お前達は先に戻っていてくれ」  「でもー……」  「わたくしの命令です、教室へ戻っていなさい」  レムルが厳しい顔で女の子三人に声をかけると、渋々離れていった。レムルはそれを見届けた後、ツォレに尋ねる。  「手加減しましたの? ツォレ」  「……いえ、オレ……私は全力で殴りつけました。調子に乗った田舎者を懲らしめる所存でした……しかし……」  「まるで効いていない、という事ですわね」  「はい。恥ずかしながら申し上げますと、私の一撃は鋼で出来た盾をひしゃげさせることができる程度には鍛えてあります。だからこそレベル10程度はある、と……」  「もういいですわ。次で挽回なさい。カケル、とか言いましたわね……面白いですわ、わたくしにあれだけ堂々とモノを言う男は初めてです……覚えてらっしゃい……ソシア共々目にもの見せてやりますわ! オーホッホッホッホ!」  (美人なんだから笑ってた方がいいと思うぞ?)  「……っ!?」  「どうされました? いつもより高笑いが短いようですが?」  「な、何でもありませんわ! それよりあの男とソシアを倒す秘策でも考えなさいな!」  「は、はい!」  カケルの去っていった方角を睨みつけながらレムルはツォレに怒声を浴びせるのだった。

ブックマーク

この作品の評価

87pt

Loading...