オリガス到着

   「派手だな」とベルト。  「派手……ですね」とメイル。  「派手だわ」とマリア。  3人の意見が一致した。  人工娯楽都市 オリガス  その入り口には派手な|宿舎《ホテル》が立っていた。  外観には、黄金に輝ける龍と蛇があしらわれ、その巨大な2匹が建物に複雑に絡み合っている。  時折、機械仕掛けとは思えないほど、滑らかに動き出しては、空に向って炎を吐き散らしていた。  派手なのはその建造物だけではない。  隣の宿舎では、巨大な女神像が手から噴水を出し、七色に輝きを放ち――――  そのまた隣には、サイコロみたいな立方体を無作為に積み重ねたような建築物。  よく見るとサイコロが回転している。  そのまた隣には――――  要するに、町に連なる宿舎は全て派手なのだ。  それらを見上げるベルトたち3人からは、呆れが混じりながらも賞賛が漏れたのだ。  しかし――――  ざわ…… ざわ……       ざわ…… ざわ……  それら派手な建築物よりも自分たちの方が注目されているとは3人の誰も気づいていなかった。  「ワイバーンを移動手段に使うとは、どこ国の王族だろうか?」  「確かに女性の1人は貴族のようだが……もう1人の装備も良い。おそらく教会でもかなりの上位職だろう」  「……しかし、それに比べて付き添いの男はなんだ? 護衛だとしても、あまりにも……その……質素だ」  ……などなど。  「とりあえず、向うのはこの町の冒険者ギルドだな」  今回の依頼は第五迷宮の調査。  出発前にギルドで詳細は聞いているとはいえ、情報の差異がないとは限らない。  現地の冒険者ギルドで情報の精査を行うのは基本中の基本なのだ。  ……なのだが……  「ありませんね。冒険者ギルド……」  大通りメインストリートを歩き、わき道を歩き、地図と睨めっこ。  道歩く人にも尋ねたが、誰一人として冒険者ギルドの場所を知らなかった。  「もしかして、この都市に冒険者ギルドが存在しないのではないでしょうか?」  旅の疲れもあってかメイルが弱弱しく言う。  ベルトも平素ならば「そんな馬鹿な」と思う所だ。  冒険者ギルドは、冒険者への依頼を受ける仕事の斡旋所というだけではない。  世界各地に広がる冒険者ギルドは巨大な情報ネットワークでもある。  複雑怪奇に絡み合った情報を整理して、有力者に――――それこそ王族相手に情報の売買を行う事も珍しくはない。  いくら、新しい都市とはいえギルドが存在しないわけがない。  「はい、冒険者ギルドはコチラですよ」  いきなり声をかけられ、マリアとメイルはビクッと肩を震わせた。  一方、ベルトは事前にその人物の存在に気づいていたらしい。  「ソルか。左遷……いや、転属先でも変えられたのか?」  ベルトが言うとおり、その人物はソル・ザ・ブラッドが立っていた。  彼は冒険者ギルドの職員であるが、ベルトたちが住む地方に所属しているギルドの職員だ。  ここにいるのは不自然だが……  「いつも思うのですが、ベルトさんは、さらりと酷い事を言いますね。僕は、ここにいるのはただの出張です」  「依頼が依頼ですし、僕はベルトさん担当ですからね」とソルは付け加え、オリガスにある冒険者ギルドへ案内を始めた。  そして案内された冒険者ギルドは目立っていた。  ――――派手という意味ではない。   この人工娯楽都市オリガスの客を楽しませようとする精神から反逆するかのように……  仮設テントが建てられていた。

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...