黄巾軍との戦い 簡雍Side

 官軍の投石が終わり、義勇軍が進軍を始めたとき、俺は田豫とともに、劉備に付き従っていた。 『私に続けぇー!』  そして黄巾軍が近づいてきたところで、劉備は声を上げて突出し、それに関羽と張飛が続いた。 『せぁーっ!』 『おおおおお!』 『おらぁーっ!』  劉備が先頭の敵を倒し、さらに関羽と張飛が複数の敵をなぎ払った。 『隊長に続けー!』  田豫の号令で、義勇軍は敵に向かって駆け出した。  そんな中、俺は興奮する馬をなだめながら、少し速度を落とし、うしろから来る歩兵に紛れた。 「できれば、人は殺したくないからな……」  護身用の棒を小脇に抱え、馬の手綱を取りながら、俺は言い訳のように呟いた。  こちらに来ておよそ十年。  俺はまだ人を殺したことがない。  劉備と一緒にいる以上、いつかそのときは来るのだろうが、できれば先延ばしにしたいと思っていた。  永遠に来なければいい、とも。 「だったらこんなところまで来るなって話なんだけどなぁ」  自嘲気味に呟いたその声は、周りの喧噪にかき消され、自分の耳にもほとんど届かない。  人を殺す覚悟もないやつが戦場に立つなんて、本当に馬鹿げた話だ。  でも、劉備の行いを見届けると決めた以上、俺はできる限り彼の近くで、彼の為すことを見る必要があるんじゃないかと、そう思ってここまでついてきたのだった。 「黄天立つべぇーしっ!」 「うあああ! 死ねっ……死ねぇーっ!」  酷い光景だった。  歩くのもやっとというような、痩せ細った黄巾の兵だが、致命傷を受けてなお起き上がる姿は、まるでゾンビでも見ているようだった。  最初のほうこそ勢いに任せて敵を蹂躙した義勇軍だったが、あまりの手応えのなさに勢いを殺された。  倒れては立ち上がり、仲間の屍を超えて向かってくる異様な姿に恐怖し、及び腰になって苦戦する義勇軍の姿がちらほら見られた。  大勢は決していたが、それでも連中は死に絶えるまで抵抗を止めない。  それが厄介だった。 「くそっ! 来るな! あっちいけっ!!」  俺は馬にまたがったまま棒を振るい、よろよろと近づいてくる敵兵を追い払おうとした。  しかし傷つくことを恐れないのか、敵は躊躇なくこちらに近づいてくる。 「くっ……!」  俺は手綱を取り、とにかく敵のいないところまで退こうとしたのだが――。 「ヒィンッ……!」  どこからか飛んできた石が馬の首に直撃した。 「おわぁっ!?」  驚いて身体を揺らした馬から、俺は無様に振り落とされてしまう。 「ってて……」  盛大に尻餅をつきながらも、棒を手放さなかったのは、俺にしては上出来だろう。 「ぁぁ……」  うめき声に顔を上げると、石を手にした血まみれの黄巾兵が迫っていた。  右腕はあらぬ方向に曲がり、片脚を引きずっていながら、そいつは石を持った手を振り上げ、俺に襲いかかってきた。 「うわあああ……!!」  俺は悲鳴を上げて立ち上がり、そのまま身体をひねってそいつに背を向けた。  敵から離れるべく踏み出すと同時に、苦し紛れに、後ろ手に棒を振る。  ――コツン。  棒の先が、なにかに当たった。 「あああああああ!」  その小さな衝撃が手に伝わってくるのを感じながら、俺はその場から逃げるべく、喚き散らしながら走った。 「うわぁっ!」  なにかにつまずいて、盛大に転んだ。  転んだところにはなにか柔らかい物があって、ケガをせずには済んだ。 「っつぅ……って……うわぁっ!」  手をついて身体を起こし、目を開けると、死体があった。 「ひぃっ!」  慌てて立ち上がったが、足腰に力が入らず、よろめき、すぐに尻餅をついてしまう。 「うぅ……なんなんだよ……これ」  周りを見回した。  いくつもの死体が転がっていた。  いくら視線を動かしても、地面を埋め尽くすような死体の山が常に目に映った。 「はは……地獄じゃねぇか……」  そこは、ただの地獄だった。 「う……ぁ……」  背後から、うめき声が聞こえた。  恐る恐る身体をひねると、死体の山からなにかが起き上がった。  それは黄色い布を頭に巻いた、ガリガリに痩せ細った男で、充血した目だけが異様に輝いている。 「蒼天……すでに……」  さらにもうひとりが、起き上がる。 「うわああ! ああああ!」  くそ……腰が抜けて、立てな……。 「来るなぁ! こっち来るなよぉ……!」  ひとりは、手に剣を持っていた。  死んだ義勇兵から奪ったのだろうか。 「棒……棒はっ!?」  ここに来てようやく、俺は棒を持っていないことに思い至った。  さっき転んだとき、手放してしまったようだ。 「くそっ! くそっ……!」  這ってでも逃げ出したいが、転がる死体が邪魔で思うように動けない。 「うがああああ……!」  ひとりの黄巾兵が剣を振り上げ、もうひとりは今にも飛びかかってきそうだった。  だが次の瞬間、視界からふたりの姿が消えた。 「え……?」  少し離れたところで、ドサドサッとなにかが落ちる音がした。 「よう、先生。大丈夫かい?」  ふたりの敵兵が消えたあとには、馬上から俺を見下ろす張飛の姿があった。 「益徳……!」  助かった……。 「こいつがうろついてたからよ。なんかあったんじゃねぇかと心配で探し回ったんだぜぇ?」  そう言って、張飛は一頭の馬を引き連れていた。  手綱を放した様子はないので、こいつは片手で棒を振るってあのふたりを吹っ飛ばしたのか。  すごいな……。 「ちぃとばかし危なかったみてぇだな」 「ああ……ああ……! 助かったよ、マジで……!!」  張飛が来なければ、死んでいたかも知れない。  そう思うと、寒気と激しい動悸に襲われた。 「さぁて、ほとんどカタぁついたみてぇだな」  少し暗い口調でそう言いながら、張飛はあたりを見回した。  それにつられて俺も周りを見たところ、戦闘はほとんど終結しているようだった。  それからしばらく、張飛は俺の近くで周りを警戒してくれた。  頼もしい男に守られているんだ、ということが安心に繋がったのか、ほどなく俺の足腰は力を取り戻し、立ち上がることができた。 「よっこいせ……っと」  張飛が連れてきてくれた馬に乗り、ゆっくりと戦場を移動した。  馬は、転がる死体を器用によけながら歩いた。  途中、石を振り上げたままの姿勢で仰向けに倒れた死体が目に入った。  棒を伝って感じた小さな衝撃が、いつまでも手に残っているようだった。

ブックマーク

この作品の評価

30pt

Loading...