第一部 完

 ベルトは目を覚ました。  根無し草の生活が長かったせいだろうか?   今もまだ自室の天井に慣れず、違和感を消し去れていない。  さて――――  昨日は、泥のように眠りたいとベットに飛び込んだはずだ。  しかし、普段どおりの時間帯に目覚めたようだ。  窓から外を見る。夜の黒に、まだ昇らぬ太陽が赤色を混ぜたような空が広がっていた。  ベットから降りるとベルトは軽く体を動かした。  意外なほど疲労は残っていない。  少しくらいのブランクは覚悟していたが、どうやら現役時代から回復能力の衰えは少ない……らしい。  体を動かす事で頭の鮮明さも戻ってきた。  あの後――――  おそらく、人類が使用できる最強クラスの魔法(それも2つ)を切り裂いた。  それは、斬撃魔法とも言われる≪|魂喰い《ソウルイーター》≫に加え、武器装備のみ使用できる特殊スキル≪魔法切断≫があっての事だが……  魔法を防がれた直後にマシロ姫とシン・シンラの両名は停止した。  どうやら、体内に浸透された『呪詛』に対して、大量魔力消費が何らかの影響を与えたのだろう。  しかし、アルデバランを加えた3人を地上へ帰還させる方法が見つからなかった。  いくら、ベルトでもモンスターが闊歩するダンジョンで3人を抱えて移動するのは危険すぎるのだ。  結局、100人の救出部隊が到着するまで待機する事になった。  救助された3人は、メイルが所属する≪教会≫で≪浄化≫を受ける事になったそうだ。  だが、それだけで話は終わらない。  なんせ、魔王の復活。それも勇者の肉体を奪っての復活だ。  魔王に対抗できる他の勇者パーティは長期の治療で戦線復帰の予定は未定。  各国首脳たちは緊急集会を行った。長々と今も議論は続いているそうだ。  しかし、いくら議論を重ねようと現存戦力で魔王に対抗できる男は、ベルト・グリムしか残っていないのだ。  だが、本人は服を着替え、大きなカゴを背負った。  今日から『薬局カレン』の再会だ。 日が昇りきるまでには山で薬草を採取して、薬作りをしなければならない。  ベルトの目的は薬局と冒険者の両立を目指すだけ……  もしも、人々が望むのであれば、新たな希望が立ち上がるだろう。  自分がやるべきことは、そういった次世代の手助けをすることだけだ。  そうベルトは思っていた。  しかし――――現実は――――  第一部 完  

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...