再会 そして復活の……

 ベルトたちが下へ下へと駆け抜けている時間。  一方で救出を待つ勇者たちも動いていた。   上へ上へと向かい――――  「――――」と勇者カムイが足を止めた。  「どうしたの?」とマシロをはじめて、パーティの全員が勇者の指差す方向を凝視する。  当然だが、何も見えない。 ただ、暗闇が広がっているだけ……そのはずだった。  視界の利かない暗闇の中、何かが高速で動いている。  その影の正体は彼らの見知った者の動き。  (しかし、でも、けれども――――)  でも、彼らは否定する。  そんなはずはない……と。  彼が、自分たちの元に戻ってくるはずは……  「待たせたな、お前ら」  それは、かつて彼が仲間になった日の言葉。  彼――――  ベルト・グリムが――――  「どっ! どどどうしてベルトがここにいるの!?」とアルデバラン。  「貴方、何してんのよ!」とマシロ。  目を白黒させ、口をパクパクと動かしているシン・シンラ。  そんな彼らに対してベルトは――――  「へっ……お前等、酷いツラしてるぞ。ほれ受け取れ」  無造作に雑嚢を投げ渡した。  中には兵站はもちろん、毒消し、薬草、万能薬、それら必要品に加えて高価なポーションが詰まっていた。  彼らは、もう何も疑わなかった。  本物のベルトが来てくれたのだ。それ以上、何を疑う? 何を疑問に思う?  どうして、年幅も行かない少女をお姫様抱っこをしている事か?  そんな事はどうでもいいじゃないか。 そう、彼が――――ベルトが帰ってきたのだ。  彼は少女を下ろし、カムイを対面した。  「少し遅れちまった。でも、何とか間に合ったみたいだ」  そんなベルトの言葉にカムイは――――  「――――助かった。ありがとう」  無口な彼が珍しく、はっきりとした口調で礼を言う。   カムイの声は、酷くガラガラにしゃがれていてた。まるで別人の声のように思えた。  そこから、どれほど彼が疲労したのかベルトは感じとった。  だからだろうか?   ベルトは遅れてしまった。  ――――本当に勇者カムイが別人であると言う事に気がつくのが――――  「がっ……何を?」  ベルトのわき腹にカムイの聖剣が――――否。  カムイのフリをしていた男の剣が突き刺さった。  「わざわざ、殺しに行く手間が省けたと言うものよな。カッカッカ……」  笑う勇者。  いや、勇者と同じ顔を持つ誰か?  その場にいたアルデバランも、マシロも、シン・シンラも、ましてメイルも、何が起きたのか理解が出来ず動けなかった。  そんな中、ベルトは思い出す。  かつて、自身の腹部を切り裂いた旧敵の存在を――――  「お前、まさか……どうして?」  「さすが、暗殺者。ワシの正体が分かったか……。なぁに簡単な事よ。貴様が受けた『呪詛』を誰よりも浴びた男は誰だ?」  ベルトは思い出す。  勇者と魔王の戦い。  それは三日三晩、不眠不休の戦い。  ならば、自分よりも魔王の『呪詛』を浴びていたのはカムイではないか?  「貴様、『呪詛』の力で勇者の体を乗っ取ったのか! 魔王・・!」

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...