ホルフィスの女

 オリビアは速かった。投げ飛ばされたとは思えない程の鋭い銀の軌跡。ルークはそれらを紙一重で逃れた。オリビアが踏み込む。喉元へ迫る刃を乱杭歯が受け止める。ガチンッと、鈍い金属音が夜闇に響いた。がっちりと噛み合った刃を絡めとろうとした瞬間、オリビアは剣を引いた。相殺しあう力の一方が消え、前につんのめったルークの首元へ、剣が振り降ろされる。  はずだった。遠吠えの、犬というよりは化け物じみた鳴き声が、オリビアの剣を止めていた。 「何……?」  ルークとオリビアの頭上を、重いものが飛び越える。間もなくして馬の悲鳴が響いた。はっとする間もなく、不自然に音は途切れ、やがて、荒々しい獣のような呼吸音と、骨ごと肉を咀嚼する不気味な音が聞こえてくる。 (何かが居る。獣のような、《《何か》》が)  ルークは闇の向こうを、じっとみつめた。黒い影のようなものがある。馬よりもひと回り大きな何かがそこにいる。その影が、ぬっと、首を上げた。月明かりに照らされたのは、|鰐《わに》のような顔と、|蜥蜴《とかげ》のような体の|生物《いきもの》。何かの液体で口と喉を汚しながら、ぎょろりとした瞳を、ルークとオリビアへ向ける。 「竜……」  それは大人の身長ほどもある、翼の無い竜だった。 「アルル!」  鋭い女声と矢がスフグリムの肩を射抜いた。応じるように竜が唸る。咥えていた肉塊を放り出し、スフグリムへ|吶喊《とっかん》した。 「今すぐ|魔法《クオリア》を止めろ、死ぬぞ!」  慌てふためいたスフグリムの前に竜の頭があった。まだ幼体の、生えかけの小さな角が腹にめりこむ。スフグリムの口から奇妙な声が洩れた。人形のように投げ飛ばされる彼を、竜が嗤うように啼いた。威嚇でもなければ求愛でもない、その声はじゃれあいの声にも似て。もっとも竜の行動は、じゃれあいと称するには随分と暴力的だったけれど。これに顔色を失ったのはオリビアの方だった。 「撤退を」 「まだ任務が終わっとらん」 「相手をよく見て。竜がいるんじゃ分が悪すぎる。死ぬつもり?」  尻尾を振りながら二人を眺めている竜を一瞥すると、スフグリムが呻いた。 「……手を貸してもらおうか」  十の文句を言ってもまだ余りあるといった風体で差し出した手を、オリビアが握る。その頭上を、矢がかすめた。オリビアはスフグリムを馬の背に乗せると、そのまま馬を走らせた。 「追わなくていいよ、アルル」  二人を追いかけようとした竜を、優しげな少女の声が引き留めた。竜はスフグリムとオリビアが去った方角と少女を何度も見比べ、やがて哀しげに一声|啼《な》いた。そんな竜の鼻面を、少女は愛おし気に撫でる。  月光によく映える白金の髪に、色素の薄い珍しい金色の瞳の少女だった。彼女の長く尖った耳は、人間ではなくエルフである事を示している。ただ美しいだけではなかった。その弓の腕も相当で。常人では不可能に近い暗闇の中で、矢を正確に放てる技量は、並大抵のものではない。 「助けてくれた……の?」  カミラがぽかんと口を開けて竜と少女を見上げた。竜が大きな目を瞬かせ、何を言っているのだろうと不思議そうに首を傾げた。 「ちょっと、大丈夫?」  少女がアサドに駆け寄った。揺すぶられたアサドは薄く瞼を開け、少女にもわからない何事かを呟いた。 「刺されたの?」 「いや|魔法《クオリア》だ。赤い光を浴びて、いきなり苦しみだした」  アサドをみつめる少女の顔に、微かな驚きが広がった。 「アサド……?」 「知り合いか?」  少女は静かに頷いた。 「昔馴染みなの。しっかりしなさいよ、何があったの。呻いてちゃ分からない」  額を軽く叩かれたアサドが呻いた。 「血だ、血が痛い……水を、水をくれ、頼む」  ルークと少女は顔を見合わせ、首を傾げた。二人は神妙な面持ちで考え込み、やがて、ルークが切り出した。 「傍に川があったな。何か、水を汲めるものはあるか?」 「水筒ならあるけど……何に使うの?」 「血を洗い流す」  何を言うかと思えばと、少女が呆れた表情をした。 「血を洗い流しただけで治るとは思えないわ」 「治るかどうかは別にして、アサドの浴びた血が痛みの原因なら、水で流せば少しは痛みを和らげてやれるかもしれない。試さない道理はないと思う。それより竜を少し離れた場所に移してほしい、気が気じゃない」  ルークが周りをうろついていた竜を睨んだ。獰猛な肉食獣が鼻息を荒くしている|様《さま》は、恐怖を感じるには十分過ぎた。少女が、むっとした。 「見境なく人を襲うほど、アルルは区別のつかない子じゃないわ」 「助けてくれたのは感謝するが、飼い主としての配慮をして欲しいと言ったんだ」 「二人とも喧嘩は後でやって。今はアサドの怪我を治すのが先でしょ!」  カミラに睨まれた二人はばつの悪そうな表情を浮かべた後、少女は水筒をルークに突きつけ、それをルークは無言で受け取った。中身が入っているのを確認すると、蓋を開けてアサドに水筒の水をそっとかける。血を洗い流すたびに、血が茨《いばら》のように手に刺さった。困惑しながら血を洗い流していると、ルークの掌がぼんやりと輝き始めた。やがて、むせ返るような金臭い匂いが漂い始めた。三人が、はっと息を飲む。ルークは慌てて手を引っ込めた。手に、淡い光が滲んでいた。触れていたアサドの腕にも、赤い光が灯っている。かとおもえば、瞬く間にすーっと消えてゆく。 「なに、いまの」  少女の声が震えた。カミラもまた、ルークの手を眺めたまま呆然としている。 「……ウィゼル?」    ぽかんとしている内に、アサドが意識を取り戻したらしい。うっすらと開けた眼には、やはり驚愕の色が浮かんでいた。 「さっきぶりね、アサド。御加減いかが」  ウィゼルと呼ばれた少女の声は硬かった。 「痛みが、消えた」  アサドはぼんやりとしたまま、手を眺めていた。 「水で治った、のか……?」  状況が理解しづらいらしいアサドは、なんとも言えない目つきで三人を見上げ、やがて少女に目をやった。 「助かったぜ、ウィゼル」 「ああ、うん……。体の具合はどう?」 「……問題ねえよ」  アサドはゆっくりと起き上がると、暫く暗い顔つきで何事かを考え込んでいた。ルークもまた、似たような顔つきで地面を睨んでいる。無言で立ち上がったルークを、アサドが呼び止めた。 「不安になったか」  ルークは、ぎくりと身を強張らせた。 「そうだよなあ、警戒するよな」  アサドは難しい表情で腕を組み、やがてゆっくりと息を吐いた。 「あの爺の言う通りだよ。俺はスフグリムだった。十数年も前の話だけどな」 「なら、何故助けた。元スフグリムなら、俺みたいな魔族を助けちゃだめだと思うぞ」 「そうしたいのさ」  アサドが苦笑した。 「爺の言葉が引っかかってるんだろう」  肩を落としたルークにアサドは柔らかな顔つきで「心配するな、捕まえねえから」と囁いた。 「坊主には難しい話かもしれねえが、数十年前の事だ。この国には魔族を囲っている連中が居てな、そいつら子飼いの魔族で、魔族狩りをしだしたのがルフの天秤の始まりだ。奴等は貴族だったり、地元の有力者だったり、富豪だったり、まぁ、様々だったらしいが、特に力を入れてたのはマルズィエフって貴族だったか」  ルークが微かに眉をひそめた。マルズィエフは、貴族の一人だ。六十過ぎの小太りの男で、幼い頃のルークに笑いを交えて若い頃に手を出した海洋貿易の話をよくしてくれたものだ。現在でもその頃に出会った商人達と交流しているらしい。その彼は、数十年前から今に至るまで、元老院に籍を置いている。 「あいつはとんでもない奴でな。海洋貿易と称して魔族の売買をしてやがる。自分のところで使えそうな奴を引っこ抜いて私兵にしちまうんだ。それをこの国の主に内緒でやってたんだ。俺も私兵にされた身でな。|魔法《クオリア》は使えないが生まれつきそういうのに鼻が利くもんで、それを地元の連中に難癖つけられてマルズィエフに売り飛ばされたってくちだ。そこからだよ、俺がスフグリムになったのは。けど、スフグリムになったらなったで酷いもんだったぜ。魔族でもない奴を魔族だと言って殺したり、女は犯したり、金を根こそぎ奪ったりとまぁ、盗賊でも真っ青になる位やりたい放題でな……ある日たまらなくなって、同行していた奴をぶん殴って、魔族を助けたんだ」  それがこいつの同郷の奴さと、ウィゼルを指した。 「したら牢にぶち込まれてな。それでも俺が考えを改めないんで、お役御免にさせられたって訳だ。殺されなかったのが不思議だろ?」  ルークの考えを見透かしたかのように、アサドが苦笑した。 「お笑い話さ。マルズィエフが隠してた大事な私兵共が西守に捕まってな。あの業突く張りの貴族様は|西守の長《ターリク》に脅されて私兵の所有権を根こそぎ持ってかれたんだよ。その上幸運な事に第二皇子が生まれて、俺もその栄誉とやらに預からせてもらったのさ。結果、今何事も無く生きていられているってわけだ」  皇族が誕生すれば、刑の軽い囚人は|恩赦《おんしゃ》を与えられるという。 (まさかアサドがそのうちの一人だったとは)  意外なところから、一番意外な話を聞いてルークは目を丸くした。 「顔も見たこともないが、あれ程幸運なことは俺の人生ではなかったな。助けてもらった命だ。誰かを助けるのに使うのも悪くねえだろ。それに、さっきも言ったよな。誰しもがなりたくてなったわけじゃねえって」  理不尽なことを同じくらいの理不尽で埋め合わせるのは少し違うのだとアサドは言った。 「……まぁ、無理に俺を信じろとは言わねえよ。ただまぁ、ついてくるのも来ないのも、坊主の好きにしな」  そう放るように言うアサドを、ルークは責められなかった。守ろうとして死にかけたアサドやウィゼルの行動も、カミラの言葉も、本心からだというのが分かっていたから。だからこそ、もう少し彼らについていこうとルークは思う。せめて同行者のイスマイーラが見つかるまでは。 「あんたに剣を向けなかったのは、とりあえず正解だった」 「あぁ、俺もそう思う」

ブックマーク

この作品の評価

9pt

Loading...