ダンジョン突入

 ――――翌日――――  ソルは明らかに寝不足だった。  どうやら、取り囲まれてから数時間も馬車の中で動けなかったらしい。  1人だけ取り残された不平不満を言い終えると、満足したらしい。  目を擦りながらも今日の予定を説明し始めた。  「えっと、今日からダンジョン攻略本番となります。まずは、町の冒険者ギルドに向かい、パーティを編成します」  「……どのくらいの規模だ?」とベルトが質問する。  「もちろん、勇者パーティの救出ですから最高峰の人材を投入します。勇者を助けるためなら無償でも構わないというSSランク冒険者も沢山いて助かります」  「それはいい。……で? 具体的には?」  「100人です」  「100人!?」とメイルが驚きの声をあげた。  それに満足したかのようにソルは説明を続ける。  「もちろん、ただの100人ではありません。SSランク冒険者が20人。Sランク冒険者が80人。サポーターとしてAランク冒険者が後方支援として兵站を……」  「なるほど、そりゃバレるはずだ」とベルトは呆れ顔になっていた。   どうやら、町の入り口で受けた熱烈な歓迎を思い出していたようだ。   そんなベルトの心情をソルには伝わっていないらしい。  興奮気味に――――  「100人を4パーティを構成。互いに連携を取りながらダンジョンを進むのです。こんなダンジョン攻略は前代未聞ですよ。このパーティの率いてもらうのは、もちろんSSSランクであるベルトさんです」    「すまんが断る」  「……へっ? はぁ……はぁ!?」  大きく目と口を開いたソル。  ここまできて断れるとは思ってもいなかったらしい。   一方のベルトは「メイル」と少女の名前を呼び、彼女を近寄らせた。  「はい、兄さん。なんで……え? ちょっと兄さん!」  いきなり抱きかかえられたメイル。所謂、お姫様だっこと言う奴だ。  声では、ほんの少しだけ嫌がる素振そぶりを見せる。  けれども、真っ赤に染まった頬を隠すように両手で顔を覆う姿は、見る人が見れば満更でもないとわかる。  「すまないが、しっかり捕まっているメイル」  「は、はい! にいさん!」  そんな、展開についてこれないソルは混乱していた。  「ちょっと、ベルトさん! 一体、何をするつもりなんですか!?」  「俺も元々勇者パーティでも斥候役だった」  「それは知っていますが……」  「じゃ、今回もやる事は変わらない。俺とメイルは先行してダンジョン攻略に挑む」  「えっ? え?」  「俺たちは梅雨払いだ。罠を解除しながら、厄介なモンスターは率先して排除していく。本体は、その後を進めばいい」  「そんな馬鹿な! それじゃ、貴方1人でダンジョンを攻略するのと同じじゃないですか?」  しかし、ベルトの返事は信じがたいものだった。  「勇者パーティの時は、それが当たり前だったのだが……」  「――――ッッッ!?!?」と絶句するソル。  その隙を突くようにベルトとメイルは姿を消した。  ・・・  ・・・・・・  ・・・・・・・・・・  風を切り裂くような快走。  街中の建築物を飛び跳ね。道なき道を突き進んでいく。  顔を叩くような風圧に対抗するようにメイルは大声を出した。  「お兄さん! 大丈夫なんですか?」  「ん? あぁ西のダンジョンは勇者パーティ時代に何度も挑んでいる。今でも場所はバッチリ記憶している」  「いえ、行き先の心配をしているのではありません。本当に2人だけで西のダンジョンの攻略を?」  「心配するな。何が原因でダンジョン攻略の失敗したのかはわからないが……あいつ等がダンジョンに潜った日から逆算しても100層より下って事はない。そのくらいなら――――問題はない」  「そんな! 100層を! 実質、1人で潜っていたのですか!?」  ダンジョンは下の階に進めば進むほど、階層は広く、モンスターは強く、罠は狡猾になっていくと言われている。  ある説では、ダンジョンの深層から魔素が流れ出ているのが原因だと言う者もいる。  それが100層となると、冒険者ではない者は想像すら難しい世界になる……らしい。  「見えてきたぞ。あそこが西のダンジョンだ」  いつの間に町の外に出て、森を疾走していた。  そして、その目前にはベルトが言うようにダンジョンが見えていた。  だが、ベルトは一度の減速もなしにダンジョンに飛び込み――――  ≪|魂喰い《ソウルイーター》≫  ベルトは魔法を放った。

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...