勇者パーティ その②

 勇者たちの前に現れたモンスター。  「ゴーレム……でも、あの鱗に翼は!」とマシロ。  「ドラゴン? 龍の因子を取り込んで作られているのか?」とシン。  「作ったって! そんなの誰が作ったって言うの?」とアルデバラン。  「――――」と勇者は無言だが、目を見開いて驚きを表した。  混乱が襲い掛かってくる。  体は、レンガを積み上げたような作りのゴーレム。  表面にはドラゴンの鱗が無造作に貼り付けられている。  その背中には羽が生えている。むろん、ドラゴンの羽だ。  頭部はゴーレムからドラゴンに挿げ替えられている。  ドラゴンゴーレムと言えば言いのだろうか?  幻想種最強と言われたドラゴンを魔道兵器であるゴーレムに取り入れた存在。  今まで、様々なモンスターと戦ってきた勇者たちですら初見のモンスターである。  「とりあえず、前にでるよ!」  そう言うのはアルデバランだ。  自身の巨体すらも覆い隠す巨大な盾。  それを構えてドラゴンゴーレムの前に飛び出す。  ドンッ  盾が殴られた衝撃音。アルデバランの巨体が後ろに下がる。  だが、ドラゴンゴーレムの攻撃はそれで終わりではない。  ドンッ ドンッ ドンッ……と単調なリズムで重低音を響かせる打撃。  不意にリズムが止まる。  アルデバランは盾の隙間から見た。  ドラゴンゴーレムの歪なフォーム。  上半身は大きく反られている。  ――――それは、まるで弓そのもの。  腕は真っ直ぐ後方に伸ばされている。  ――――それは、まるで矢そのもの。  防具破壊の一撃。  そして、それは放たれた。  だが、一流の前衛職であるアルデバランは経験則から、攻撃の種類を読み取っていた。  ≪シールドパーリング≫  アルデバランのスキルが発動した。  接触の瞬間、強化された盾がドラゴンゴーレムの拳を弾き飛ばした。  さらに体勢が崩れた状態を狙うアルデバラン。  自身の肉体を弾丸に変えて、強烈な体当たりを叩き込んだ。  吹き飛ばされたドラゴンゴーレムは壁に大穴を開けた。  魔獣程度なら、この一撃で絶命する攻撃のはずだが……  ギッギギギ――――と不気味な機械音を発しながら、ドラゴンゴーレムは立ち上がっていく。  だが、アルデバランは叫んだ。  「カムイ、追撃を!」  「――――」と声にならない声を発してカムイが前衛に躍り出る。  ドラゴンゴーレムは見た。  飛翔する勇者の姿を―――― 煌く聖剣の輝きを――――  それが最後に見た物だった。  ドラゴンゴーレムの頭部が切り飛ばされる。  だが、倒れない。  頭を無くして、なおも動き続けて敵を排除しようとする。  しかし、後衛の2人――――マシロ姫とシン・シンラ。  彼女たちの攻撃は発動していた。  攻撃特化型の魔法使い。マシロの詠唱は既に完了。  さらに方術士であるシン・シンラの魔方陣によって強化。  ≪深色のアルコバレーノ≫   「風」「土」「水」「火」の四大元素。  それらに3つの要素を加えた七属性の魔法攻撃。  残っていたドラゴンゴーレムの胴体は灰燼に帰す。  「……」と誰も勝利の歓喜を上げない。  こんなわけの分からないモンスターがこれから出現してくるのか……そんな事を想像するだけで疲労が増してくる。  誰かが、ため息をついた。  しかし、そんな余裕もすぐに消え去る。  「見ろ!」と誰かが叫んだ。  新たにモンスターが現れた。さっきと同じドラゴンゴーレムだった。  だが、数が違う。 新手の数は5体。  「うぉぉぉぉぉぉぉぉ!?」と雄たけびを上げながら『超前衛戦士』アルデバランはモンスターたちの前に飛び出した。  その雄たけびは、気合を入れるものではなくヤケクソという4文字が似合っていた。

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...