レッドトロール退治と緊急指令

 「お兄さん! 大丈夫ですか?」  後方からメイルが飛び出してきた。  少し時間がかかったのは、助けを求めていた冒険者から事情を聞いていたからだろう。  「ダメだな。少し本気を出すぞ」  腕に激しい痛みが走った。  浄化によって弱体化しているはずの『呪詛』が足掻く。  ベルトは、それを抑えるように『呪詛』の部分を握り締める。  ≪身体能力上昇≫   ≪ステータス上昇≫  ≪軽気功≫  ≪速攻迅速≫   ≪雷神化身≫   ≪狂気限定解放≫  ……etc.etc  自己強化系スキルに自己強化を重ねていく。  その姿にレッドトロールの表情に怯えが見えた。  「メイル! この状態で『呪詛』に影響がでない時間は?」  「たぶん……3分。可能なら1分以内でお願いします」  「そいつは十分すぎる。いくぞ! レッドトロール!」  しかし、ベルトよりも先にレッドトロールが攻撃を繰り出した。  蹴り。だが、狙いはベルトではない。狙いは――――地面だ。  「砂や石を蹴り上げる目潰し……にしては豪快すぎるな」とベルトは笑う。  大量の砂と石がベルトに直撃。砂煙がベルトの姿を消す。  レッドトロールは、獲物ベルトがいるであろう場所に拳を振るう。  確かな手ごたえ。獲物を仕留めたと確信する。  勝利を確信したレッドトロールだったが、次の瞬間に異変が起きる。  動けない。  その時、トロールがイメージしたのは、自身より遥かに巨大な生物に腕を掴まれたような感覚。  だが、それに事実は相反してた。  砂煙が消える。 拳を掴んでいたのはベルトだった。  「きぇええええええええええええええぃぃぃぃぃぃ!?」  恐怖の叫び。 恐れを払うようにベルトへ手刀を振り下ろす。  それがベルトに届くことはなかった。  クルリと回転する視点。 投げられたと理解するのは地面に叩きつけられてから。  慌てて起き上がるも、ベルトの姿はなかった。  「60%も60秒も必要なかったか」  レッドトロールは背後に潜む者の声を聞く。  人の言葉は理解できないが、それが死神の声だと言う事は分かった。  ≪致命的な一撃(クリティカルストライク)≫  事実、レッドトロールが最後に聞いたのは、ベルトが攻撃スキルを発動した声であった。  ・・・  ・・・・・・  ・・・・・・・・・  「すごい! すごいです! お兄さん!」  メイルが駆け寄ってくる。  「メイル、『呪詛』の影響は?」  「あっ……はい! 大丈夫です。念のために浄化しておきますね」  「そうだな。……頼む」  ベルトは警戒心を強めていた。  もちろん、≪気配感知≫のスキルを使っているのだが……  だが、見られている感じが――――視線を感じる。  もしも、≪気配感知≫を無効化して潜む事が出来る相手なら――――危険だ。  相当な実力者でありながら気配を消して、こちらを覗く奴に碌ろくな奴はいない。  「もう知ってるかもしれないが、初心者冒険者がレッドトロールから逃げて森の奥にいる。ソイツを見つけたら、すぐに脱出するぞ」  メイルにも感じるものがあったのか? 「はい」と神妙な面持ちで返事をした。  ・・・  ・・・・・・  ・・・・・・・・・  その後、ベルトの予感に反して、あっさりと初心者冒険者を救助。待っていた父親ともスンナリと合流して町まで戻ってきた。  その足でギルドへ報告に向う。  「やはり、レッドトロール脱走の事故は起きていないか?」  「えぇギルドが把握している限り、魔物使いからモンスターの脱走や暴走の報告は受けていません」  担当の受付嬢からは満足な情報は得られなかった。  「そうか……念のため、あの森の調査はした方がいいぞ」  「はい、ギルド長へ進言します。それと……」  受付嬢はキョロキョロと誰も聞いていない警戒しながら、口をベルトの耳へ近づけた。  「ギルド長からベルトさまへ特別指令ミッションが出ています。内容は――――  勇者パーティの救出です」

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...