イレギュラーなレッドトロール

 レッドトロールは不愉快だった。  今日は、獲物を――――小さな弱き者を2匹見つけた。  彼らは美味い。そして、体から力が湧き出してくる。  獲物を食べれば食べるほど、強くなる。それは自分レッドトロールの知る絶対真理。  最初のアイツを食べてから……今まで、数え切れないほど食べてきた。  だから、自分は強い。だから、沢山食べたい。  しかし、今日の獲物は素早く取り逃がしてしまった。  後悔  苛立ち  怒り  だが、感謝もあった。  新たな獲物が――――小さな弱き者が飛び出してきたのだ。  「うおぉぉぉぉぉぉおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!?」  レッドトロールは咆哮をあげる。  余談ではあるが、数十年後、とある大学アカデミーによって驚くべき研究発表がされた。  彼らレッドトロールが戦闘前に行う咆哮は、敵に対する威嚇ではない。  人の言葉に訳すと「いただきます」が適切だと……  ・・・  ・・・・・・  ・・・・・・・・・  ベルトは武器を抜く。  両刃短剣(バゼラード)  冒険者復帰が決まり、購入した新品だ。  元々、ベルトは貴重な武器を使用しない。  例外と言えるのは、最後に戦友に譲った短剣のみ。  代えの利く大量生産の武器を好み、平気で使い捨てていた。  今回、この両刃短剣を選んだのは、魔力を刃に通しても壊れない頑丈さ――――必殺の≪魂喰い(ソウルイーター)≫に耐え切れる武器だったからだ。  しかし、いくら頑丈な武器を選んだとは言え、レッドトロールの一撃を受けるわけには行かない。  その巨体からトロールの動きは鈍いと思われている。  それは間違いである。  全身が筋肉の塊であるレッドトロールが放つ一撃は高速であり、破壊力は極大。  頭上よりも、遥かな高さから振り落とされた自然武器ナチュアルウェポン。  それをベルトは後方へ飛び避ける。  だが、レッドトロールは獲物が背後へ逃げると読み、前に大きく踏み出していた。  (フェイント? いや、誘われたか……このトロール、見た目よりも戦闘思考能力が高い)  巨大な手が自身の体を掴もうと伸びてくる。  しかし――――  ≪暗殺遂行(アサシネーション)≫  レッドトロールの腕は空振り、ベルトは姿を消した。  ≪暗殺遂行(アサシネーション)≫は体を影に変える能力だ。  掴まれる直前、二次元化したベルトはトロールの腕に貼り付き、そのままトロールの体に沿って移動。  トロールの背後に回り込むと、姿を現し両刃短剣を振るう。  狙いは足回り。特に膝裏を執拗に狙い、何度も傷つけた。  それでも、レッドトロールは倒れない。倒れる事を矜持が拒んだのだろうか?  背後にいるベルトに向けて腕を振るう。  回避。  ベルトは、その場で軽く飛び上がり攻撃を回避。  回避と同時に、その腕に短剣を突き立て追加のダメージを与える。  まるで花びらのように鮮血が舞う。  その瞬間、ベルトは奇妙な違和感を抱く。  (奇妙だ。レッドトロールの戦意が衰えない)  シンプルな痛み。自身よりの強者の存在。  力が全てのトロール系は力量差がわかると逃げ出そうとする。  それを防止するため、ベルトは初手から足を狙ったのだが……レッドトロールは逃げ出さない。  それどころか戦意が増している。  (様子見の安全策が裏目に出たか? なら今からでも――――)  ベルトは戦闘スタイルを変える。  接近攻撃の≪二重断首刀(ギロチンエックス)≫  遠距離攻撃の≪魂喰い(ソウルイーター)≫  ≪暗殺遂行(アサシネーション)≫から≪致命的な一撃(クリティカルストライク)≫のコンボ攻撃  どれもレッドトロールなら一撃で殺せる。  狙いを一撃必殺に切り替えたのだ。  レッドトロールは、それを感じ取ったのか?  素早く前に出る。  間合いが縮まり、≪魂喰い(ソウルイーター)≫の選択肢が消えた。  ≪二重断首刀(ギロチンエックス)≫を放とうと飛翔。  だが――――  ベルトは衝撃を受ける。  まるで全身がバラバラになりそうなほどの衝撃。  (何をされた?)  何らかの攻撃を受け、吹き飛ばされたベルトは信じられないものを見た。  それは構えだ。  レッドトロールが構えを取っている!?  ワキを少し広げ、両手を頭より高く上げている。  後ろ足に体重を乗せ、前足はリズムを取るように上下させている。  それは闘技場で、戦士が使う徒手空拳での戦闘術。  ベルトは、自身が受けた攻撃の正体に気づいた。  それは下段回し蹴りローキックだ。  「コイツ、ただのモンスターじゃない……魔物使いに捕獲テイムされ鍛えられたのか?」  そう言った事故は知っている。  魔物使いが鍛えたモンスターが何らかの原因で脱走。野生化して人々を襲う事例。  例外なく、魔物使いに鍛えられたモンスターは強い。  討伐に向ったAランク冒険者たちが返り討ちにあったという話はいくらでもある。   「このトロール……ヤバイな。このままだと負けちまうかもしれない」  レッドトロールの拳撃が素早く飛んでくる。  ベルトが間合いを広げるため、後ろに下がると洗礼された蹴りが放たれる。  もしも、事前に腕と足にダメージを与えてなければ避けれる事は不可能だった。  ベルトはチラリと『呪詛』が刻まれた腕を見る。  あれから毎日、メイルから浄化を受けて黒蛇は色を薄めている。  「仕方がない。少しだけ……少しばかり本気を出させて貰うぞ」  ベルトは今まで抑えていた力を60%まで解放する事に決めた。

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...