灰のアルカンシエル | 第一回 灰の世界で抗う者たち
穂波じん

1-1. 灰のかかった虹

「レインボーキックっ!!」  ビルに囲われた空間に精悍な男の声が木霊する。  灰色の闇を一閃。  全身を強化外骨格フレームに覆われた男が宙で回転し、勢いを載せた踵が鋭く縦に弧を描く。  尾を引くのは風にたなびく虹のマフラー。そこから|赤《・》|と《・》|青《・》|の《・》|二《・》|色《・》の燐光が辺りに散る。  衝突。激音。  しかし、それを受けた体長三メートルはある四つ腕の異形の人型、怪人は何の痛痒も感じていないのか、平然としていた。 「フハハハハ、どうしたアルカンシエル! 貴様の力はこんなものか!」  腹に響く声で怪人は笑い、その腕の一つをアルカンシエルと自ら呼んだ戦士へと振るった。  アルカンシエルは怪人の身体を足場に素早く身を翻し、それを躱す。怪人の圧倒的な膂力に猛烈な豪風が巻き起こり、彼の体を強く押し返した。  足と片腕を地面につけて勢いを殺し、見上げる。灰色の土埃が舞った。  世界の全てが色を奪われ灰色に染まってしまった中にあって、その怪人だけが傷一つ無い鮮烈な紅で全身を包んでいる。  逞しく太い四本の腕と力強い尻尾。全身を覆うは金属質めいた艶めきを見せる鱗状の装甲で、槍を思わせる鋭い角が無数に突き出ている。  手足の指先からはカギ状の爪が鋭く生え揃い、爬虫類を思わせる暗い赤の瞳孔が揺るがぬ自信を湛えていた。  対するアルカンシエルは全盛の頃と比べてあまりに、あまりに見窄らしい有様だった。  かつては清冽な騎士を思わさせた強化外骨格フレームはボロボロで敗残兵と称するに相応しく、虹色に鮮やかだった色も殆どが抜け落ちて灰色に染まっている。  首から流れる長い虹色のマフラーだけは往時を忍ばせるが、それすらも、左から流された片側が途中で無残にも引きちぎられていた。 「惨めなものだ、アルカンシエル。あれ程に我らを追い詰めた男とは思えぬ。  限界も近いのではないか?」 「ふっ戦場で交わす言葉など無いのではなかったか、ガーベラよ」  いつかの言葉をそっくり返しつつ、アルカンシエルは体勢を整える。  ガーベラの指摘通り限界は近い。こうして対峙している間にも自身残された僅かな色の力が零れていっているのを感じる。  だが、まだだ。  まだ、闘志は衰えていない。  まだ闘える。 「ふん、見てはおれんのよ。我らが仇敵たる貴様には、常に人間どもにとっての光り輝ける星であって貰わねば困るのだ。  その上で踏み躙ってこそが我らの矜持よ!」  かつての力のことごとくを失った強敵を見据えて、ガーベラは吠える。闘争は互いの血と肉を削り合ってこそなのだ。  だが、今のアルカンシエルがガーベラに勝てる見込みは万に一つもない。ガーベラが手傷を負うかも怪しい。  だというのに。だというのに、だ。その瞳だけは、未だ諦めに色褪せる様子がない。 「いい加減認めてはどうだ。貴様は、失敗した。失敗したのだ!  見よ、この世界を!」  ガーベラが四つある腕を大きく拡げて周囲を示す。一切の色を奪われ、灰色に染まった世界を。 「今やこの世界は、この世の|遍《あまね》く色は、我らが首領のモノとなった!  色失くした果ては、灰と崩れるか、石塊として砕けるのみ!  貴様の護る人間達も、命惜しさに続々と我らへ恭順しておるわ!」  そこで一度言葉を区切り、一本の腕をアルカンシエルへと突きつける。 「だのに、何故だ! 何故、貴様は独りで戦い続ける!  既に趨勢は決した! 今の貴様が孤独に抗い続けて、何になる!」  ガーベラの咆哮に、アルカンシエルは強化外骨格の下で苦笑に口端を歪める。 「何故……か。何故だろうな。正直、私にもよく分からん。  だが、今も何処かで助けを求めている人々がいる。彼らを助けたいと、この胸が滾る。  だから、私が戦う目的としては、きっとそれで十分なのだろう」 「あの時、お前が求めた助けに応じなかった人間達に……、本当にその価値はあるのか?」  嘲笑うガーベラの言葉に思い返せば、今でも胸中に苦い想いが広がるのは、否定できない。 「それでもだ」  だが、それは奴の言う裏切りのせいではない。  アルカンシエルとして犯した、自分自身の失敗のせいだ。  そう、人々の声に完璧に応えてきたアルカンシエルが犯した、たった一つの失敗。  気付いたのは、随分経ってからだった。  わだかまる苦味を飲み下し、次の攻撃へ備えてアルカンシエルがガーベラを見据える。  と、突きつけられていた怪人の手が、|徐《おもむろ》に上向きに開かれた。 「一度だけ問う」  そうして語られたのは、 「我らの軍門に下れ、アルカンシエル。  貴様が下るならば、世界の半分を対価にしても良いと、我らが首領は仰せだ。  与えられた半分の世界で、貴様は人間達を護り続けるのだ」 「…………」  それは想像もしていなかった誘いだった。確かに、自分も、|彼ら《怪人》も、『色』に力の根源を求めるもの。  一つボタンを掛け違えていれば、そういう事もあったやもしれない。  ――――だが。 「く……ふ、ふ…………ははははははっ!!」 「何が可笑しいっ!」  こみ上げるおかしさをそのままに、アルカンシエルは笑う。一頻り笑って、それから言った。 「他の誰よりも、そうなる事を望んでいないお前が言うのが、可笑しくてな」 「ぬっ」 「言うまでもない。私は、アルカンシエルはお前達『|色喰《いろばみ》』を倒し、この世界に色を取り戻すっ!」 「フハハハハ、それでこそだ!  それでこそ、我が好敵手よ、アルカンシエルぅっ!!」  突如、ガーベラの豪腕が唸りを上げる。  アルカンシエルが素早く身を躱せば、虚空から投げ放たれた幾本もの真紅の槍が地面に突き立った。 「改めて、名乗り上げよう。  我は”真紅”のガーベラ。我ら『|色喰《いろばみ》』が最高幹部『七彩将』筆頭にして、この世界最後の希望を手折る者だ」  名乗りに合わせるように突き立った槍が綻び、真紅の炎の華を咲かせる。 「人類の守護者、アルカンシエル。  お前を倒し、希望を繋いで見せる」  赤光に半身を照らされながら、アルカンシエルが応える。  一瞬の静寂。  動き出したのは、同時だった。  虹のマフラーを軌跡に、アルカンシエルが疾駆する。巧みにステップを混じえ、その度に灰の大地を真紅の槍が穿った。 「プリズミック・ブラスター!」  間隙を縫って青いエネルギー弾をアルカンシエルが放つ。赤と青が交錯し、幾つかはぶつかり合って宙空に紅蓮の大花を咲かす。  衝撃を隠れ蓑に放った光弾はガーベラに到達。しかし装甲に弾かれ、牽制にもならない。  接近出来ぬままに次々と槍が突き立てられる。  やがてアルカンシエルの周囲は百花繚乱。火炎の牢獄と化していた。 「終わりだ、アルカンシエル!」  ガーベラが吠え、一際巨大な槍の花束を炎獄の輪の中心へと放った。さらに次の攻撃へと流れるように移る。  これで終わるはずがないと、ガーベラは信じていたのだ。  右か!  左かっ!  果たして、想い通りに炎の中に影がゆらめき現れる。  ――――ガーベラの眼前!  これは完全にガーベラの慮外の事態であった。  火勢をあえて弱くしたのは右方。対して正面はとりわけ壁を熱く厚くした場所。そこから現れる事だけは微塵も考えていなかった。  ガーベラの驚愕による一瞬の硬直を突いて、アルカンシエルが走る。  強化外骨格が赤々と熱を発している。  拳が振り抜かれ、硬質な音が響いた。 「貴様、どういうつもりだ。ただの拳で我は|斃《たお》せぬぞ!」 「ふっ、ここからが、本番だっ!」  熱に焼かれてくぐもった声で、アルカンシエルが答える。同時に、二人を内側に取り込んで光の三角柱が立った! 「この身に纏ったお前の赤の力と、私に残された力、その全てくれてやるっ!」  アルカンシエルのもう片腕がガーベラの肩を掴み、大地に固定する。 「ッ! 正面切ったのは、その為かっ!  馬鹿な、諸共に吹き飛ぶつもりかっ!?」 「そうだ! だが、問題ないっ!」 「何故だっ!」 「七彩将筆頭が倒れれば、お前達の侵略は鈍る!」 「そんな時間稼ぎが何になる! 知っているぞ、貴様は独りだ!」 「後を継ぐ者は、必ず現れる!」 「失敗した貴様が、どうして言い切れるっ!」 「私達が、人間だからだっ!!」  三角柱の中で、無数の色が乱反射する。柱は回転しながら輝きを増し、徐々に高速に、その大きさを細めていく! 「ウオオオオオッ、アルカンシエルゥゥッ!!!」  ガーベラが拘束から逃れようと身を捩る。虹のマフラーを掴んで引き剥がそうとする。  が、まるで巨岩を押し退けようとするかの如く、アルカンシエルは動かない。  ――――光が、臨界に、達する! 「|在りし日の万華鏡《カレイドスコープ・インプロージョン》っ!!」  輝きの三角柱が内部の二人諸共、一筋の光となって消えて――――、  一拍遅れて、極限まで圧縮された全てが開放された。  轟音と圧倒的な破壊と色の嵐が周囲に吹き荒れ、そして怪人の体を構成していた色鮮やかな花弁が一面に散り乱れる。  灰の世界を彩るは、真紅の花吹雪。  その中心には上半身を失った怪人と、灰色の石になった戦士だけが残されていた。

ブックマーク

この作品の評価

0pt

Loading...