勧誘のお断りを続けて

「貴方が私の新機関所属の冒険者1号になるのです!」 どーんと指をベルトに指し、キメ顔でマリアは言った。  「すまんが、それは無理だ」  「……え?」  断られると思っていなかったのだろう。  マリアは呆然したかと思うと、クシャクシャと泣き出しそうな顔になった。  ついさっきまでの凛とした面影はない。  「いや、待て! 泣くな。俺にも理由があるんだ。これを見てくれ」  ベルトは胸元に手を入れ、ペンダントを見せた。  いや、正確には紛失しないようにペンダントに加工した冒険者ライセンスだ。  「な、泣いてなんかいません。それより、これがどうしたと言うのです? ただのライセンス……え?」  冒険者ライセンスとは、冒険者ギルドは発行している冒険者である事の証明書だ。  そこに氏名はもちろん、様々な情報が書かれている。  もちろん、冒険者としてのランクも書かれていた。  「SSSランク? そんな……このSSSランクとして認められているのは世界で5人だけ……」  「そうだ。俺は勇者の……」  「貴方が、勇者カムイさまなのですね!」  「……え?」  「お会いできて光栄ですわ。でも、話に聞いていたよりも……その……老けてますね」  余計なお世話だ。  ベルトは、心の中で悪態をつきながら否定した。  「いや、違う。俺はカムイ本人じゃない。勇者のパーティの……」  「なるほど、アルデバランさまですね。それなら、イメージにぴったりですわ」  「お前、俺が『超前衛戦士』みたいな肩書きを持っているように見えるのか?」  「あら、違うのですか? 残りはシン・シンラ……いえ、マシロさま」  「あんた、わざとやってるだろ?」  「酷いですわ。私がベルトさんをからかうなんて……」  「やっぱり、俺の名前を知ってるじゃないか!」  「えぇ、先ほどご自身で名乗っていましたから」  「……」  「そう言えばそうだったな」とベルトは片手で頭を抱えた。  「でも何が問題なのですか? SSSランク冒険者が冒険者ギルドを離れ、新機関に入ったとなれば世界は少しばかり混乱するでしょうが、それだけの問題でしょ? むしろ、それを聞いて私はますます勧誘したくなったのですが?」  「目的のためなら世界の混乱すら構わない……か。貴族さまの特権意識ってやつか。でもなぁ――――」  ベルトは震える右手を見せた。  「それは――――」と流石のマリアも絶句する。  「戦争の後遺症さ。今の俺にSSSランクに見合う実力はない」  「そんな……だって先ほどの戦いでは……」  「オーク程度ならまだ勝てるさ。でも、制限時間がある。全力で戦えるのは10分くらいだ。……いや、それも徐々に短くなっている」  「……」とマリアは黙り込む。  世界で5人だけのSSSランク冒険者。その1人が引退間際まで弱体化しているという事実。  それが広がれば世界のパワーバランスすら崩しかねないほどの情報だ。  大人びた少女であれ、知るには重過ぎるほどの……  「では顧問ではどうしょう?」  「ん? なんの話だ?」  「新機関の顧問ですよ。戦闘訓練などの指導者を……月に2回ほどの契約でSランク冒険者の年収2倍ほどで……」  その条件には心が揺さぶられた。  でも、やっぱり断った。  馬車の修理が終わると、臨時の護衛という形で近くの町まで乗せてもらえる事になった。  その間、マリアから勧誘は続いたのだが、のらりくらりと避けながら……  「ついに町についてしまいましたわ」  マリアは見て気の毒になるほど、肩を落としていた。  「ベ、ベルトさまは、この町に暫くは滞在されるのでしょうか?」  「ん? いや、実は俺の生家が近くなんだ。そこでゆっくりしてから、再就職を……ってなんだ? その顔は?」  「いえいえ、まだ私にもチャンスがあるとわかったので安心しました。これからもよろしくお願いします」  「これから? よろしくお願いします?」  「えぇ、ずっと話していた新機関。ここに設立予定地なのです」  「……ということは?」  「はい、これからもよろしくお願いしますね?」  マリアは何かを確認するかのように語尾へ疑問符をつけた。  どうやら、頻繁に俺を訪ねてくるつもりらしい。

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...