オークの群れと弱体化の痛感

 オークの群れからハイ・オークが飛び出してきた。  通常のハイ・オークよりも足が速い。  様子見の尖兵といったところか?  対して――――  今のベルトは無手だ。  唯一の武器だった短剣は、友へ送ったばかり。  それを差し引いてベルトから出た言葉は――――  「舐められたもんだぜ」  迫ってくるハイ・オークの数は12匹。  1匹の戦闘能力はCランクの冒険者と同格。  しかし、群れになるとSランク冒険者でも不覚を取りかねない。  「だから、近づく前に殺やる」  ベルトは素手に魔力を込める。  ≪魂喰い(ソウルイーター)≫  本来なら、離れた場所にいる相手に斬撃を飛ばす暗殺用魔法。  暗殺者を極めたベルトにかかれば、魔法職が詠唱をもって放つ究極魔法と匹敵する威力に変化する。  具現化された魔法の刃は、ハイ・オークたちを切り裂いた。  それも尖兵の12匹だけに留まらず、背後で待機していたハイ・オークたちにまで甚大な被害を与えた。  だが、その成果に対してベルトは「ちっ」と舌打ちをする。  (まさか、ここまで威力と精度が落ちてるとは……暫く斥候せっこう役と暗殺術しか使っていなかったからなぁ)  信じがたいことに自身の衰えを痛感していたのだ。  そんなベルトの内心知らず、さらにハイ・オークの背後にいたメガ・オークが動いた。  メガ・オークはハイ・オークよりもデカく、何より装備がいい。  どうやって装備を手に入れているのだろうか? 鋼の鎧と剣を持ち、剣術らしき技まで使う。  メガ・オークは間合いを一気に縮めると、ベルトの頭上から剛剣が振り下ろされる。  ベルトは簡単に素手で剛剣をいなして避けた。  通常のオークよりも知能が高いと言われるメガ・オークに驚愕の表情が浮かび上がる。  それも一瞬だけだ。  すぐに白目を剥いて、背後に倒れた。  ≪毒付加(ポイズンエンチャント)≫  素手に毒を付加させ、メガ・オークの剣をいなすと同時に毒を打ち込んでいたのだ。  ここまでやってようやく、オークたちは戦力差に気づいたらしい。  途端に逃げ腰に――――いや、実際に逃げ出し始めた者もいる。  しかし――――巨大な咆哮が闇夜を揺らした。  ギガ・オーク  トロールすら凌駕すると言われる巨体。  周囲を威圧するように金色に輝く鎧と武器。それらは本物の純金で出来てる。  本当にどうやって作ったんだろう? 冒険者の誰もが同じ疑問を浮かべるがギガ・オークの生態については、まだ未知な所が多い。  幸いにしてギガ・オークは1匹だけ。コイツが群れのボスだろう。  持っている武器は巨大な両手斧。 馬鹿げた大きさだ。  (もう少しだけ、待ってくれよ。俺の体!)  ≪暗殺遂行(アサシネーション)≫  ベルトの気配が消え、姿も朧になり、知覚すら出来なくなっていく。  だが――――  「ぶぉぉぉぉぉぉ!」  ギガ・オークは両手斧を地面に叩き付けた。  爆散したが如く、四方へ弾け飛んだ石礫いしつぶては、姿を消したベルトにも届く範囲攻撃。  巨大な石は素手で弾いて防御する。しかし、小石や砂埃まで避けれるはずはない。  体に纏わりつき、消えていたベルトの姿を明らかにする。  ギガ・オークは勝利を確信したかのような笑みを見せた。  姿が消せない暗殺者など、餌でしかない。そう思っているのかもしれない。  「うがああああああああぁぁぁ!」  ギガ・オークは動きが鈍くなったベルトを握りつぶそうと、その体を掴んだ。  ――――そのはずだった。  次の瞬間、ベルトの体は幻のように消え去った。  「悪いな。ソイツはただの残像だ」  声の主でベルトは、ギガ・オークの頭上より高く飛び上がっていた。  素手であるはずの、その両手には刃物の煌きが備わっていた。  ≪二重断首刀(ギロチンエックス)≫  大木(たいぼく)と見間違うほどに太いギガ・オークの首。  それがあっさりと切断されると、周囲に鮮血をばら撒きながら頭部を失った胴体が倒れた。  他のオークたちは既に逃げ出していた。  圧倒的な勝利だ。  しかし、ベルトは勝利の余韻に浸るでもなく、ただただ自身の弱体化を痛感した。

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...