プロローグ

 周囲が黒い炎で包まれた中、二人の影だけはハッキリと揺れているのが見える。  1人は老人。――――魔族だ。  1人は若者。――――人間だ。  魔族は魔王軍の総帥である大魔王シナトラ。  人間は剣の勇者カムイ。  「ここまでだな、剣の勇者カムイよ」  3日間、不眠不休で続く魔王と勇者の戦い。  先に根を上げたのは勇者の方だった。  片膝を地面につけ、頭は俯いている。   大きく乱れた呼吸が原因で激しく肩が上下していたのだが――――  今は、その力すら残っていないのか、動きを止めていた。  魔王はカムイの首を絶とうと、手にした杖に魔力を込める。  だが――――  ≪|魂喰い《ソウルイーター》≫  魔力によって具現化された巨大な刃が魔王を襲う。  「ぬぐっ!? これはアサシンが使える唯一の魔法攻撃……奴が来たか!」  魔力を防御に移し、刃を防ぐ魔王。  対して勇者は目の光が再び宿る。  「……ベルトさん」と自分を救った兄貴分の名前を呟いた。  ≪|暗殺遂行《アサシネーション》≫  魔王の影が大きく揺らめいたかと思った次の瞬間だ。  信じられない事に、その影から人が飛び出してきた。  ≪|致命的な一撃《クリティカルストライク》≫  魔王の首筋に向って暗殺者の手刀が振るわれた。  「そこだ! 暗殺者風情めが!」  だが、寸前で振り向いた魔王は避けると同時にカウンター。  切れ味を付加させた杖で、暗殺者――――ベルト・グリムを薙ぎ払う。  噴水のように胴体から溢れ出る鮮血。それと共にベルトは地面に叩き落とされた。  「何度も邪魔しおって! 貴様さえ、貴様さえいなければ!」  魔王は怒りとともに杖に魔力を込める。しかし――――  「魔力が霧散していく……だと…? 体が動かぬ !貴様! 何をした?」  「へっ……≪|死の付加《デス・エンチャント》≫ 不死身のお前だけを倒すために編み出したスキルだ。最後の晩餐に味わえよ」  倒れたベルトの背後。立ち上がる者がいた。  剣の勇者 カムイだ。  彼が持つ聖剣は、眩い光を放つ。  それと同時に激しい軋み。刀身に亀裂が走る。  それは予告だ。聖剣崩壊と引き換えに最大の一撃を放つと言う予告。  そして―――― それは――――  放たれた。

ブックマーク

この作品の評価

2pt

Loading...