ヨゾラとひとつの空ゆけば | ふたつめ。河と火薬のエレスク・ルー
帆多 丁

第21歩: 少年と少女

「湯屋があるんだってさ。行くか?」  二階の一室に通されるなりベッドにひっくり返っていたアルルが、妙に明るい口調で訊いてきた。  が、ヨゾラは《《ゆや》》が何なのかわからなかったので、教えてもらった。 「でも、お湯って熱い水でしょ? 水に入るのきらい」  それに 「そこ、あたしみたいのも入れるの?」  ベッドの上に飛び乗って、アルルの顔を見下ろしながら言う。お昼ごはんの時みたいな思いをするのはイヤだった。  アルルはちょっと考えると、「あー、そうか」と残念そうに起き上がった。 「じゃ、ちょっと行ってくるよ」  と部屋から出ていく。がちゃり、と鍵のかかる音がした。  ベッドだ、とヨゾラは足下を見る。歩くと何だかふにゃふにゃしていて頼りない。白っぽい布の中からは、羊か山羊か、かすかに獣の臭《にお》いがした。  ベッドを見たことはあっても、乗ってみるのは初めてだ。前に見たのは、あの女の所にあった屋根付きのベッドだった。  ここのは屋根が無い。  家の中なのに、なんで屋根なんかつけてたんだろ、あの女。  身を低くしてモゾモゾと、毛布の中へ潜り込みながらヨゾラは思った。  毛布の中の暗闇に、ギョロンとした目玉がいる。  そこで何してんだよっ、と牙をむき出して脅したらいなくなった。  ナワバリって、こういうことかも。    ジャケットがないと、やっぱり寒いな。帽子を出してくれば良かった。  コートの前をかき合わせ、アルルが宿舎の外に出ると広場に見なれた人影があった。細長いのと、丸っこいのと、すこし小さいのと三人分。  こちらに気づくと、細長いのはお辞儀をし、少し小さいのは大きく手を振り、丸っこいのは両腕を軽く広げ、声をあげた。 「アルル君!」  ドゥトーだ。  アルルは近づきながら声に答える。 「ドゥトーさん、ウーウィーも。どうしたんですか? お社《やしろ》にご用事とか?」 「いやなに、昼間の一件で──」  と、ドゥトーは視線で広場の出口の方を指した。仕立て屋とは反対の方だ。 「すぐそこのお役所の方まで行っとってな。ついでに、祭司さんにも挨拶してきたとこだわ」 「そうでしたか」  相づちをうちながら見ると、ドゥトーはまた濃紺の上下に着がえていた。 「アルルさんは、これからお夕食ですか?」  とピファが訊いてくる。 「いや、温泉が湧いてるって聞いて、ちょっと湯屋までね」 「ヨゾラちゃんは?」 「水に入りたくないっていうから、置いてきたよ。ピファちゃんは帰るところかな?」  少女はこくんと頷き、アルルと眼があって、あわてて目をそらした。口がきゅっと引き結ばれている。 「ウーウィーも?」  大きな少年は「は、はい」と返事をした。 「気をつけてな」  と声をかけて、送って行ってやった方が良いかな、と思い直した。が、先にウーウィーが口を開いた。 「ゆ、夕暮れから、なら、僕も、す、すこしだけ魔法が使えるから、大丈夫です」  緊張した面持ちで、しかしその青い瞳にはある種の決意のような物がみえた。  おや? とアルルは思った。  陽が西の山々に掛かって、本殿の屋根に影を落としている。 「俺はそろそろ行きますけど、ドゥトーさんたちはどうします?」 「儂も帰るよ。まだ少しやることがあっての」 「ぼ、僕は、ピ、ピファを、送って行きます」  ウーウィーがそう言うと、ピファはほんの一瞬だけ大きな少年をにらんだように見えた。 「では、ま、行くかの」  とドゥトーが最初に広場を出る。その背中では、ラガルトが白い身体《からだ》に夕陽を跳ね返していた。 「アルルさんは、北の半島のどこから来たんですか?」  とピファが言う。  広場を出て、ドゥトーは目抜き通りを真っ直ぐ帰って行った。アルルたちは右へと曲がった。仕事を終えて家路につく人、湯屋へ向かうらしい人、お社沿いの道にはそれなりに人通りがあった。  祭司さんから教わった湯屋への道は、途中までピファの家への道と同じらしい。 「ララカウァラっていう田舎だよ」  アルルは答える。 「どんなところですか?」 「どんなところ、か。ここよりはもう少し寒いけど、今頃はユキカラシの新芽を取りに山に入ったり、畑の準備を始めたり、かな。小さいけど、春分祭もやるよ」 「春分祭!」  顔を、ぱっ、と明るくして訊いてくる。  目と口が大きいから、表情も大きいんだな、とアルルは気がついた。そういう事なら、口が大きいのも良いことかもしれない。 「あっちでは、火太鼓っていって、大きな《《やぐら》》を組んで燃やすんだ。その周りを吊り太鼓を打ちながら回ってく。やぐらの炭や灰は持って帰って、畑に撒いたり、一年間しまっておいたりする。家《うち》は、しまっとくかな」 「へぇぇ!」  と少女と少年が同時に声を上げた。  話しながら、今年は手伝えなかったなと少し残念に思う。 「アルルさんも叩くの?」 「俺は、あんまり上手じゃなくってね」  やってみたことはあるが、適切な「間《ま》」と言う物がどうしてもとれないので、早々に諦めた。  今度はアルルが質問を返した。 「エレスク・ルーの太鼓は、変わった叩き方をするんだな」  ピファは、にっ、と笑って胸をはる。  誰かさんみたいだ。 「うちの太鼓はトクベツなんです。右の順手《 》撥《ばち》は空に向けて、左の逆手撥は大地に向けて、そうやってファヤ様のお恵みに感謝を届けるんですよ」  それにウーウィーが続いた。 「ピピピ、ピファは、す、凄いんです。まだ十四歳なのに、がく、楽隊に選ばれて」 「ウー! 私が言おうと思ったのに!」  ピファがじろっとウーウィーを睨むと、 「ご、ごめん……」  と少年は大きいなりに小さくなった。  そうこうするうちに仕立て屋を過ぎて、次の路地にさしかかる。 「私の家、こっちだから、これで」  とピファが足を止めた。  さらに少女は少年に言い放つ。 「ウーの家はあっちでしょ? 送ってくれなくったって私へーきよ!」  と、強い口調で湯屋の方を指差した。  陽が山に隠れて、あたりは急に暗くなった。 「だ、だめだよ、ピファ。あ、危ないよ」  ウーウィーはつっかえながら反論する。 「へーきだって言ってるじゃない」 「だめだ!」  周りの人が一瞬足を止めてウーウィーを見る。アルルも驚いた。 「だめだ。せ、せめて、今日だけ。あ、明日からは、きっと、だ、大丈夫」  ピファは困惑に口を尖らせて、必死に説得しようとするウーウィーを見る。 「……ウー、なんかちょっと変だよ。何なの?」 「そ、それは……」  とウーウィーがくちごもる。  ウーウィーがピファを送っていく理由はアルルにもわかる。ヨゾラの話を聞いたからだ。そして、ウーウィーがくちごもる理由も何となくわかる。  好きな女の子に、殴られた話なんてしたくないよな。 「ピファ」  ウーウィーが口を開く。続く言葉はしかし、予想とは違ってた。 「動かないで」  動かないで?  ウーウィーをみると、ピファの足元あたりをじっと見ている。アルルも違和感に気が付いた。  薄暗い中、そこだけ影が濃い。墨で丁寧に塗りつぶしたようだった。魔力視をすると、不自然な魔力の塊がそのあたりにある。  ウーウィーはしゃがんで──もう痛そうにはしていなかった──その影に手を伸ばす。その両手に、何か魔法の気配がした。 「もう、何なの!」  うんざりしたようにピファが足元のウーウィーの頭に喚く。それに構わず、ウーウィーは影の中に両手を差し入れて、何かを引きずり出した。  影が水面のように波打つ。 「えっ?」  とピファが後ずさる。  アルルにも、ウーウィーが引きずり出したものが見えた。目が釘付けになった。  丸い身体に短い手足と長い尾のついた、巨大なオタマジャクシのような《《もの》》を、ウーウィーが両手に抱えている。 「ヤミモリ、だめだよ。お前の食べ物は山にたくさんあるから、そっちに行きな」  ウーウィーはつっかえなかった。 「ウー、何……それ」  ピファが少し離れた所から、眉間にしわをつくって問いかける。 「ヤ、ヤミモリって言うんだ。たまに、間違って、ひ、人を噛むことがあるから」  ヤミモリ。アルルも名前は聞いたことがあった。影に潜み、小動物を影の中に引きずり込む《《もの》》だ。たまに、家畜がやられる所が目撃される。  見たのは初めてだった。  捕まったヤミモリは、暴れるでもなくだらんと尾を垂らしている。 「退治するの?」 「う、ううん。ヤミモリは、おとなしいけど、か、家畜も食べるし、お、怒らせると危ないから、や、山に、返すよ」  そう言うと、ウーウィーは小さな声で何かをヤミモリに語りかけ、そのまま地面に降ろそうとした。 「ウーウィー待った!」  それをアルルは制止する。  きょとんとして自分をみつめるウーウィーに、アルルはなるべく冷静を装って、言った。 「もし良ければ、だけど、それ、その、ちょっと触ってみてもいいかな?」  ピファの口がいぃぃーっと左右に長く引きつった。

ブックマーク

この作品の評価

3pt

Loading...