真情の横顔

「狼国軍の被害は、実のところ、そう大したもんじゃねえんだ」  灯篭に照らされて、トリスタが前のめりに語っている。 「蘭家軍は速攻で敵を崩したが、そりゃあ、先鋒の役割として露払いをしただけさ。観戦した俺が言うんだから間違いねえ。要は、敵先鋒を追い散らして、本隊同士の決戦の場を整えたってだけのことだ。有利な地形でやれるようにな」  噛んで含めるようなその言い様は、何か切実さを感じさせる。 「それなのに、だ。本隊の方は目先の軍功に釣られやがって、都市攻略に乗り出した。その報を聞いて気が気じゃなかったぜ。んなもん、狼国軍の猛攻を招くだけだからな。ところが、今の今に至っても、奴らは来やしねえ。おかしな話さ」  卓に腕を乗せ、身を乗り出すようにして、トリスタは言う。 「覚えとけ。戦場のおかしさってのは、大概、ヤバさってことなんだよ」  ゼクはいつも不思議に思う。  トリスタは、強い言葉を発する時に限って辛そうな顔をする。まるで、本当に言いたいことを言えないとでもいうように。 「もしかすっと……この都市は、生贄にされたのかもしれねえ」  もとより、トリスタという男は奇妙なのだ。  出会ったのは十七歳の晩春の頃だった。レイチ老からの紹介であったが、面会するなり、やたらに好意を向けられた。ゼクの事情を聞きたがり、話すと、一軒の家を貸し渡してきた。セイのためにありがたかったが。 「退路ってもんを考えると、今ここにいるやばさがわかる。もともと、ここは攻めにくい場所だったんだ。隘路の先だからな。それが、敵本陣の後退なんて異常事態があって、はじめて攻められた……落とせちまった」  都会の暮らしを知ればしるほどに、傭兵稼業に詳しくなればなるほどに、トリスタから受ける厚遇がどれほどに異常なのかがわかった。  当座の生活費すら、準備金だと寄越してきたのだ。トリスタは。 「向こうだって、落とさせたかなかったろうよ。だが、現実問題として、赤貂市が戦場になることは避けられなかった。なら、もう、いっそのこと……そう考えた奴がいたとすると、やべえ。やば過ぎる」  尽くしても尽くし足りないといった風に、トリスタは色々と気を使ってくる。  どうしてだろうかと、ゼクはこれまで何度も考えた。理由を尋ねても埒が明かない。やれ期待の星への先行投資だの、やれ稼ぎ頭への特別報酬だのと、曖昧な言葉が返ってくるばかりだ。 「わかるか? っつうか、聞いてるか?」  ゼクは、首を傾げた。わからないものは、わからない。 「南に回られたら、終わりだっつってんだ。狼国側に閉じ込められる。袋叩きにされる。そんでもって、南側を確保してんのが、腑抜けの後詰め二万ときた。なんつう、うすら寒い命綱だよ」  そもそも、どうしてトリスタは傭兵などやっていたのだろうか。  その軍学教養といい、戦術眼といい指揮能力といい、仕官先など幾らもあったに違いない。豪族の私軍だけでなく、国軍に入ったところで重用されただろう。それだけの能力が、トリスタにはある。 「俺は進言したよ。すぐにも撤退すべきだってな。いっそ、まつろわぬ都市を焼き討ちにして、あるだけの財物を運び去りゃあいいんだ。それが戦争ってもんだ。それなり以上の、いい戦果だろうが」  正規の軍属になることが嫌なのかもしれない、とゼクは思う。此度躑躅家へ雇用されたことも、不承不承であった。  隠しきれない嫌悪の情が、言動の端々から感じられた。 「一顧だにされなかったぜ」  吐き捨てるように言い、トリスタは杯を呷った。 「司令部の馬鹿たれ将軍どもめ! 掃討戦の中途半端さも、夜回りなんて手緩い対処も、この都市をピカピカにして皇帝へ献上したいからだ! ほんっとに、大評定ってやつは!」  卓に腕が叩きつけられた。酒瓶が転び、皿が跳ねた。 「蘭家軍も駄目だ! 炊き出し? 住居の修繕? 阿呆が! てめえの自己満足に周りをつきあわせやがって……罪の上塗りだってんだ! 誰が割を食ってるかも知らねえでよお!!」  ああ、少しだけ本音が出た。  そう感じたから、ゼクは食べるのを止めた。じっと見る。静かに聞く。  神妙に聞いていたミトゥは、逆に、騒ぎ立てることにしたようだ。 「あ、あの、でも住民からは感謝されてますよね? 無体なことをされないから、その、暴動にならないというか……」  トリスタは鼻で笑って応じた。 「懐柔するのなんざ、後も後でいいんだよ。ここは最前線なんだ。それどころか、敵の|謀《はかりごと》のど真ん中かもしんねえ。綺麗事に時を費やす暇があるかよ」 「綺麗事……綺麗事だなんて」 「おいおい。攻めて来た奴らがやる人助けなんざ、綺麗事以外の何だってんだ? そういうのは戦後にやりゃいい。少なくとも、だ。戦争上手が、戦争の|最中《さなか》に、戦争そっちのけでやるこっちゃねえ」 「……戦争を、しているから」 「おう、戦争中だ。俺もお前も、他の連中もな。勝って終わらなけりゃ、何もかも台無しになっちまう賭け事の真っ最中だぜ? 落ち着く暇もねえんだぞ?」 「勝って……終われそうもない、と?」  ミトゥの問いに答えず、金髪をかき上げ、外の賑わいを見やって。 「―――ゼク。あの旗を持って南へ行け」  名を呼ぶ際の、いつもの横顔だ。激情を下っ腹に堪えたような。 「役割は、蘭家軍の伝令分隊の護衛だ。出発は夜明け。目的地は蘭家領。目的は援軍要請。編成は、傭兵団から三十人を抽出して護衛小隊とする。隊長は……お前さんだ」  隊長。  思いもかけない言葉に、思わず、ゼクは口を動かしていた。聞こえた言葉を小さく呟いていた。 「名前を貸りたぜ、『飛剣士』様」  ニヤリ笑って、トリスタは言う。 「まあ、二つ名持ちの定め事みてえなもんだが、利用されるよりは利用しろってこったな。上手く使えば便利なもんだ。その名があればこそ、あちらを納得させられたし、旗も拝借できた。あるとないとじゃまるで違うからな。あれを掲げてりゃ、誰に咎め立てされることもねえんだからよ」  おどけたような素振りをする。何かを誤魔化すようにして。 「副隊長には古株をつける。副官は、ミトゥ、お前がやれ。それで体裁は整うだろ」 「拝命しました!」 「いい返事だ。上手く補佐してくれ。お前が躑躅家の身内だってことは、あちらも承知している」 「はい!」  ミトゥの陽気を他所に、ゼクには暗く思い出されるものがあった。  合戦に出る前の夜、あの|萱原《かやはら》の先の小屋で、トリスタは言っていた。万一の時は蘭家領へ走れと。後詰めは頼りにならないと。  その万に一つが、今、現実のものになろうとしているのではないだろうか。 「トリスタ」  名を、呼んでいた。  見開かれた碧眼を見つめて、ゼクは言う。 「死ぬ気?」 「……死なねえために、援軍を呼ぶんだろうが」 「逃げ時って?」 「それは……全軍の話だ、全軍の。退却のためにも、強力な後詰めがいるんだ」  本当のような嘘へ向かって、ゼクは問う。 「その後は?」 「は? 何が」 「護衛して、それだけ?」 「そりゃあ」 「敵は?」  脇に置いた剣の、黒い鞘を撫でて。 「誰を斬る?」  鯉口が緩んでいる。拵え直す予定は、ない。 「どこで、斬る?」  鍔を指でいじり、カチカチと鳴らせて。 「人を斬るために、戦場にいる」  酒も入っていない冷めた胸で、尋ねた。 「逃げた先では、何を、斬ればいい?」 「お前はっ!!」  トリスタが立ち上がった。その勢いで、酒瓶が卓から転げ落ちた。  ゼクは後に続く言葉を待った。静かに、じっと、待った。 「お前は……お前さんは、だ。そうさな。『飛剣士』様らしくやってくれりゃいい。言っとくが、場合によっちゃ、南行きは決死行だかんな? 伝令が分隊規模で行われ、なおかつ護衛もつける……遊びでそうしたわけじゃねえぞ」  肩をすくめて、ゼクは果実へ手を伸ばした。  もう、何を話す気もなかった。

ブックマーク

この作品の評価

7pt

主人公に台詞がほとんどなく、硬派であり、激しい戦闘シーンが続くにも関わらず、何とも言えない清涼さが物語の全体を吹き抜けていくように感じました。 母との絡みは「もっと」「おかわり!」と言いたい気持ちもしますが、このくらいのすれ違いだからこそ、いいんでしょうね。 同音異義語の組み方の巧みさに驚きます。 面白かったです。ゼクとミトゥの未来に、幸あれ。

2020.03.31 14:38

皐月原 圭

0

Loading...