狂刃の激突

 篝火の燃え盛る、凍りついたその夜に。 「ごぎゃぶばばばば!!」  喚き声が上がる。死に際になって出てくる生き意地が、嫌だ嫌だと世を呪う。泡立つ諸々の飛沫が、色と熱と臭いとで、人の心をかき乱す。幾重にも悲鳴が弾ける。恐怖が激しく咳き込まれて。  来た。空気を裂く一撃。ユラだ。  諸手の刺突。速い。ゼクもまた左片手突きで応じたが。 「っ!?」  ゼクは目を見開いた。刃が触れ合うや襲い来る、衝撃。指の爪が剥がれたかと錯覚するほどの、痺れ。しかも絡みつかれる。巻き上げ技か。胸元に剣を引き寄せて。  二合目。体を|捌《さば》いて横に薙ぐ。更なる刺突を繰り出してくる、その手首を狙うも。 「くっ!」  弾かれた。どういう剣だ。女の腕力で振るえるからには、そう重くはないはずだが。  三合目。またも刺突。中央に割って入られる。体幹を狙われている。無理矢理に裏から合わせる。組み打ちを狙う。いや、勢いを殺しきれない。胸に迫る、鋭利なるその切っ先。  ゼクは後ろへ跳んだ。渡り廊下から転げて、中庭へ落ちた。すぐにも起き上がる。  武官服の胸飾りがない。刃が触れたということだ。 「斬るところ、見てたけどさ」  廊下の縁に足をかけて、ユラが笑う。その手には細身で両刃の直剣……妖しき剣身は、火の揺らめきを映して、熱帯び脈打つかにも見える。 「強いね、君」  ゼクは息を細くした。形勢が悪い。  道が開けたと見たか、渡り廊下の様子を窺っている者がいる。複数人いる。 「速いし、上手いし、思い切ってるし」  二人、廊下を走り出した。 「でもさ、所詮、強みなんて弱みと表裏」  棒手裏剣を投擲した。一息に三本だ。  一本は、剣を佩いた男の横腹に刺さった。あそこは急所だ。即死はせずとも、もはや動けやしない。もう一本は、文官服の女―――カオロの腿に刺さった。 「きゃああああっ!?」  もんどり打って倒れた様を見る。傷は深いようだ。充分だ。護衛対象の所へ行かせなければ、それでいい。  最後の一本は、少しでも牽制になればとユラへ投じたそれは、意味もなく柱か欄干かに刺さって。  ユラは、もういた。目の前だ。 「守り方を知らないよ、君は」  突き刺してくる、その妖剣に諸手突きで応じる。これならばという一撃は、しかし、何の手応えもない。|萎《なや》されたのだ。引き込まれたのだ。そしてひと突き、左肩を刺された。身を|捻《ひね》って貫通は避けたが。 「ぐ……!」  痛みが強烈だ。やはり尋常の刃ではない。毒か。いや違う。ならば何だ。 「どうせ、命を捨ててでもなんて、思ってる」  斬り払いが来た。上下に左右にと、変幻自在だ。虚実の駆け引きも凄まじい。退きつつ技に応じてはいるが、押されに押されている。体勢が崩されていく。技が出せなくなっていく。傷が増えていく。 「剣が、いじけてるのさ!」  剣と剣とがぶつかった。火花散り痺れ走り、ゼクは|戦《おのの》き総毛立った。  閃きの中に、見た。目撃した。槍を持つ武者の姿をだ。おぼろげな顔の、口元ばかりが目立っていた。奇妙に清らかで、|矢鱈《やたら》に白い、その美しく整った歯並び。ゼクには見覚えがあった。  悪鬼。あの、悪鬼。  これは、化物と化す前の、人の姿か。 「死ね」  刺突だ。反応のしようもない、急所を鋭く|抉《えぐ》らんとする、冷徹を極めた剛撃だ。  しかし、ゼクは既に体を捌いていた。突いてくるとわかっていたからだ。  先んじて見たのだ。人馬を諸共に貫く、恐るべき槍技を。その幻を。  体験済みなのだ。剣により同等の威力を放つ、悪鬼の絶技を。  されば喰らうべし。化け物を斬るための技の一つを。  守捨流、試作、|落空之秘剣《らっくうのひけん》。  右方、表から剣腹で張る。張ってそのまま貼り付けて、|鎬《しのぎ》でいなしつつも剛撃の勢いに逆らわず、上から左方へ、裏へと巻いていく。握りは肘の上がった右手に任せ、左手は柄を手放した。剛撃と脇腹との間で、剣の風に触れるなどして。  かくて切っ先を避け、ゼクの剣の柄頭はユラへ向く。あとは勢いのままに。 「がっ!?」  喉を打った。やや浅い。悪鬼を想定した反攻の技なればだ。相手の技の威力が足らない。当てが外れて、ゼクの体勢もまた前傾に崩れた。  それでも攻める。斬りかかる。  攻守交替だ。互いに不十分な技の応酬なれど、ゼクが押している。形勢は有利で、しかもその度合いが増していく。ユラの剣の妖気は厄介だ。されど斬れぬわけでなし。斬らぬはずもなし。浅くも斬った箇所は十を超え二十に迫り。 「ご、ごのっ!」  ユラが強引に突いてきた。これは悪手だ。  ゼクは手首も柔らかに受け流し、ユラの背後へと回り込んだ。もはやこれまで。即座に斬る。肩口から腰元まで深々と斬り裂く、そのはずであったが。  「ぎえっ」  またも、浅い。斬撃は尻を裂いただけだ。  ユラの妙手であった。己が突きを受け流されるや、そのまま前方へと跳び込んだらしい。クルクルと転げて、実に素早く間合いの外へ出た。 「なに、ざっぎの、のどうぢ……げほっ」  仕切り直しだ。  呼吸を整え、ゼクは剣を握り直した。肩から伝ってくるもので左手が熱く濡れる。痺れも残っている。  しかし、斬れる。もはやユラの手の内は、見切った。 「ぐ……ごわいね、ぎみ」  言うや、ユラはくるりと身を|翻《ひるがえ》した。止める間もあればこそ、地を蹴り壁を蹴り、あっという間に姿を消した。いっそ見事なほどの逃げ足である。追って追いつける気もしない。  |瞬《まばた》きを二度三度として、ゼクは持ち場へ戻った。 「お見事でした! ゼクさん!」  ミトゥだ。いつの間にやら戻ってきていた。その手には、何のつもりだろうか、丸木の棒を握りしめている。 「さあ、皆さん! 奥方様のお言いつけを聞いたでしょ! 今夜、ここは通行禁止ですよ!」  ミトゥが声を張り上げた。棒を振り回す様はまるで牧童だ。  渡り廊下の向こう側では、未だ混乱が収まっていない。老人の死体を取り囲むようにして、来るでも去るでもなく、右往左往するばかりである。 「もう夜更けですよ! お休みくださいな! お腹が減っているなら食堂に用意もありますよ! さあさあ! 後はこちらでいいようにやっておきますから! ね!」  元気で、場違いに日常的な物言いだが、それが却って望まれていたのかもしれない。ミトゥが向こう側へ渡っててきぱきと指示し始めると、口では何事か文句を連ねるものの、男たちはぞろぞろと広間なり個室なりへ戻っていった。とにかくも逃げる理由を得たとばかりに。  そして、一つの死体と二人の負傷者が残された。 「さ、カオロ、抜きますよ。歯を食いしばって……えい!」 「あううっ!」 「大丈夫、この出血は大丈夫な方のやつです。駄目な方のだと、もっとこう、どばあってなりますから」  そんなやり取りを背に聞く。  ゼクの目の前には血の池があって、息も絶え絶えな男がうずくまっている。この様子では朝までもたない。息絶えるまで苦しみ続けるよりない。 「……死にたくない、死にたくない……ううう……許して、助けてえ……」  |傍《かたわ》らに立ち、首に狙いを定める。 「あああ……寒い、寒いい……さ、さ、さ、さみし」  ゴトリと、首を落とした。 「ひいいっ!?」  何事かと顔を向ければ、カオロがゼクを見ていた。夜闇にも白く浮かび上がるほどの顔色で、血と汗と涙と涎で汚れ、怯え震えて歯の根も合わない。 「……この人、知ってます。よくウィド様に恋文を寄越してきた人です」  ミトゥが、男の首を両手で持ち上げ、言った。 「戦功があればもしかするって、いつも言ってたから、誘ったんですよね。一緒に傭兵やりましょうって。戦争に行きましょうって。あ、この間の時の話ですけど」  指で、髪の乱れを正して。袖で、頬の汚れを拭いて。|瞼《まぶた》を閉じさせて。 「でも、断られちゃいました。無理だって。そういうことじゃないんだって。あと、怒られちゃいました。木剣での稽古と、本物の戦争を、一緒にするんじゃないって」  身体のそばへ、首は置かれた。 「でも……それなら、なんで、剣を持ったのかなあ?」  男の佩剣を指でつつくミトゥへ、ゼクは答えず、ただ隣りへ立ち続けていた。

ブックマーク

この作品の評価

7pt

主人公に台詞がほとんどなく、硬派であり、激しい戦闘シーンが続くにも関わらず、何とも言えない清涼さが物語の全体を吹き抜けていくように感じました。 母との絡みは「もっと」「おかわり!」と言いたい気持ちもしますが、このくらいのすれ違いだからこそ、いいんでしょうね。 同音異義語の組み方の巧みさに驚きます。 面白かったです。ゼクとミトゥの未来に、幸あれ。

2020.03.31 14:38

皐月原 圭

0

Loading...