隠形の刺客

 どうせ待たされる。  これまでの経験からゼクはそう学んでいたから、瓜を一度に五本も購入した。しかも食べ惜しむ。僅かずつ、削り取るようにして|齧《かじ》った。周到なことだと自賛したゼクであるが。  何としたことか、その一本目にして迎えが来たのだから驚きであった。  武官服の男と文官服の女が、同じ背丈で、ゼクの前に二人並んでいる。 「ま、まさかゼクさんだなんて……!」  男の方が名を呼んだ。これも驚きだ。  レイチ老は依頼人へ仕事人の名を告げない。それで、いつも待ち合わせに難儀するのだが。 「ええと、先日は大変なご迷惑をお掛けしてしまって……ごめんなさい! 全部、僕の考えなしのせいです! 謝って済むことじゃないんですけど、もう、謝りたくて謝りたくて……!」    その必死な様子に、ゼクははたと思い当たった。  ああ、あの|何某《なにがし》か。  先の合戦中に見かけ、後日わざわざ棒手裏剣を届けにきた男だ。お辞儀と共に跳びはねる一本結びと、紫眼の上目使いとには、見覚えがあった。素人臭さも同じだ。帯剣しているのに緊張感がない。 「まさか、こいつなの? あんたの命の恩人って」  女の方の目付きには険がある。  袖口に何か暗器を仕込んでいるようだが、隙だらけもいいところで、既にゼクの間合いに入っているにも関わらず重心の位置が高い。無防備だ。そもそも男は護衛だろうに、並んでしまっては意味がない。 「そうです! ゼクさんです!」 「……また世間知らずが悪化したみたいね。戦場になんて行くから」 「そ、それは……はい……そうかもです。戦場では取り乱しちゃっていいところなしでしたし、帰って来ても変に舞い上がっちゃって……それであんな馬鹿なことを」 「ほんと馬鹿よね。学ぶ意欲は認めるけれど、いつもいつも暴走し過ぎ」 「うう……奥方様にも同じこと言われました……」 「当たり前よ。身分のある者が傭兵部隊に参加するなんて、宝剣でドブ|攫《さら》いをするようなものじゃない。|貴《とうと》さっていうのはね、ミトゥ、掛け替えのなさを言うのよ?」  目の前で何やら盛り上がる二人を、ゼクはもう、意識の外へと追いやっていた。  狙われているからだ。  依頼人と対面してもいないこの時点で、既に刺客の気配がある。  首筋にチリチリと痺れが這い回る。それは命のやり取りを繰り返してきたからこその感覚だ。死線を越えるたびに研ぎ澄まされた、生存本能である。  容易ならざる敵がいる。それも近くに。  外套の下、ゼクは剣へ手を添えた。 「でも、戦場でこそ、僕は本当の兵法というものを目撃しました! ゼクさんは圧倒的でしたよ! カオロ、僕たちは万の援軍を得たに等しいんです!」 「痛み分けの無駄戦で何を言っているのやら。あんた目が悪いの? それとも頭が悪いの?」 「何だか夢でも見てる気分ですよ!」 「……人も良いし顔も良いのに、ほんと残念よね。あんたって」  周囲のざわめきを感覚から締め出し、捨てる。拾うべき音を探す。  たとえば、地を踏みしめ力を蓄える音を。あるいは、弓弦を引き絞って矢をつがえる音を。さもなくば、鞘から刃が抜かれんとする音を。 「ちゃんと現実を見なさいよ。私たちの前には、ほら、お腹を空かせた野良犬が一匹いるきりじゃない」 「奥方様、きっとお喜びになるだろうなあ!」 「……耳も悪いのよね、あんた」 「さあ、お屋敷へ戻りましょう! 朗報を|携《たずさ》えて!」 「何言ってんだか……ま、もともと期待していなかったから問題ないけれど」  迎えの二人が歩き出しても、すぐにはその後を追わない。ゼクの親指は鍔にかかっている。 「ほら、雇われ、遅れるんじゃないわよ。きりきり歩きなさい」  殺意は途切れない。追ってくる。どこからか。 「ミトゥ! そんな、走っていっちゃって、どうするの!」  音が鳴った。今、確かに。  ゼクはグッと重心を下げた。 「まったく……あの子はあんなだけれど、勘違いしないように。私が来たのは、奥方様の顔を立てただけだから」  高く短く、鋭く身近く、斬る者の意志を弾けさせたそれは……鍔鳴りの音だ。これから刃を交えるのだとすれば鳴るはずのない音だ。それが鳴った。わざとらしくも聞かされた。  つまりは挑発か、それは。 「そうね。|予《あらかじめ》言っておくわ。とりあえずは屋敷へ連れていくけれど、今日中に解雇よ。護衛は足りているし、どこの馬の骨とも知れない雇われ者なんて、百害があるきりだもの」  そこか。  ゼクは見た。辻馬車の陰に身を潜ませる者の、車輪越しに覗ける黒い脚絆を。 「それにしても、辛気臭いやつねえ……無駄に鳴かれるよりはマシだけれど。食事代くらいは支払われているのかしら? なんなら恵んでやるわよ?」  来る。  ゼクは身構えた。まさに抜剣せんとする構えだ。  考えての行動ではない。斬られたと錯覚するような、鋭利極まるその剣気に反応したのだ。生き、斬り、死なぬための処方だ。その身に宿した守捨流がゼクを動かす。  馬車が通り過ぎて……しかし、それだけだった。  消えた。  そこには往来の雑踏が流れるきりで、もはや殺伐たる何ものも存在しない。 「ちょ、ちょっと……何なの?」  ゼクは、警戒したままに数度呼吸した。 「お腹が痛い……あ、まさか、お腹が減っているってこと?」  さてはと思い至ったことに、ゼクは|憮然《ぶぜん》とした。  からかわれたのではないか。  |謀《はか》られ|測《はか》られて、何事か納得され、去られたのではあるまいか。 「何を不機嫌そうな顔してるのよ。瓜は食べちゃったの? それでまだ足りないってこと? 何しに来たのよ、まったく……」  剣から手を放し、吐息する。  この仕事は厄介であると、ゼクは納得した。依頼人と面会する前にこれでは、先が思いやられるというものだ。戦場へ|赴《おもむ》く気概が必要と思われた。 「ほら」  黒髪の女から差し出されたものがあった。竹皮に包まれた、麦餠と干し魚である。 「そこの路上売りのものよ。雇われには相応でしょ。こっちの都合で振り回すわけだし、これくらいはするわ。さっさと食べちゃいなさい」  前後の事情はわからないものの、くれると言うのなら断る理由もない。ゼクはそれを受け取った。歩きながら食べる。味わい深い。 「もう、要らない手間ばかり増えるんだから嫌になるわね。奥方様も困った人よ。余計なことをせず大人しくしてたらいいのに」  ブツブツと何事か呟く女の後に続く。依頼人の屋敷へは、街から馬車に乗って行くという。街外れに待機していたそれは、二頭立ての立派な代物だった。  そこには金髪の武官……ミトゥも待っていた。満面の笑みだ。 「遅いですよ、お二人とも! あ、もう食べてる! 実は僕も色々と買っておいたんですよ。ほらこれ。道中みんなで食べたら美味しいと思って!」 「ミトゥ……あんたねえ……自分の役割わかってる? 私の護衛でしょうが、一応だけれど」 「あはは、カオロってば」 「な、何よ」 「貴女はゼクさんと一緒だったんですよ? なのに僕が護衛だなんて……うふふ」 「はあ?」 「あの混戦の中でも、窮地の僕を助けられるゼクさんです。こんな街中で何の危険があるっていうんです? やだなあ、もう」 「はあっ!? まだそんな妄想を……」 「僕、強くないですけど、強い人はわかるんです。ゼクさんがいるなら僕の役割は使い走りですよ。足の速さなら誰にも負けませんからね!」  車窓を眺める者となって、ゼクは黙々と食べた。  麦餠を食べ、干し魚を食べ、太根の煮物と|鶉果《じゅんか》とを食べて、焼き豚の串焼きを頬張った。肉汁が熱々として甘いから、ゼクはふと気づいた。  肉を取り扱える区画は限られていて、青果市場からも馬車溜まりからも遠い。  ミトゥを見た。  にこりと笑うその男は、まるで|微風《そよかぜ》のように捉えどころがないものの、揺れる車内にあって微動だにせず紅果をかじっている。 「ミトゥ! あんた、それ一個食べるのにどんだけかかるの? っていうか、ちゃんと飲み込んでる? ほっぺたパンパンになってるじゃないの」 「む、むうむう!」  斬りにくそうな相手だ。  そんなことを、ゼクは思った。

ブックマーク

この作品の評価

7pt

主人公に台詞がほとんどなく、硬派であり、激しい戦闘シーンが続くにも関わらず、何とも言えない清涼さが物語の全体を吹き抜けていくように感じました。 母との絡みは「もっと」「おかわり!」と言いたい気持ちもしますが、このくらいのすれ違いだからこそ、いいんでしょうね。 同音異義語の組み方の巧みさに驚きます。 面白かったです。ゼクとミトゥの未来に、幸あれ。

2020.03.31 14:38

皐月原 圭

0

Loading...