普通の人のゆくさきは……?

 俺は平成生まれ平成育ちの、どこにでもいるアラサー男だ。  労働基準法? なにそれおいしいの? 状態で寝る間を惜しんで働いてるのに、給料は雀の涙。  平成も終わろうかと言うときに打ち出された働き方改革とやらで、ちょっとは生活がマシになるんだろうか? なんて考えながら、きしむ身体をベッドに乗せて、意識を手放した。 「……なんだよ、ここ?」  気がつけば、見知らぬ場所にいた。  荒野、と言えばいいんだろうか?  だだっ広い、なにもない平地が延々と続いている。  地面は乾いていて、所々に雑草が生えていた。  視界いっぱいに広がる地平線なんて見るの、何年ぶりだろう? 「日本……じゃない、よな?」  国土のほとんどを森林と山に覆われ、わずかな平野部はほぼもれなく開発されている平成日本で、こんな景色は拝めるはずもない。  いや、どこかにそんな場所はあるのかも知れないけど、ここが日本じゃないことは、なんとなくわかる。  根拠はないけど、勘というか、空気というか……。  ――とりあえず、歩こう。  なんというか、空気が美味い。  そして、足取りも軽い。  大学卒業から数年。  長時間のデスクワークと、運動不足、栄養不足、寝不足が重なり、三十路手前の俺は、肩から腰からガタガタだった。  ところがいまは、肩こりも腰痛もない。  まるで十歳以上若返ったみたいだ。  ……いや、若返ったのか?  ふと、手を見てみると、肌にハリがある。  というか、なんだこの服装? 着物?  でも和服って言うより、道士さまみたいな感じだ。  中国っぽいって言えばいいのかな? 「あーあー」  歩きながら、なんとなく声を出してみた。  声も違っている。  別人みたいだ。  夢……?  にしては、えらくリアルだ。  もしかしてあれか? 最近流行の異世界転生的なやつか?  心には不安しかないが、なにせ身体が軽いから、どんどん歩いた。  あてどなく……と言いたいところだけど、実は遠くに民家っぽいのが見えてたから、そこを目指して歩いていたのだ。  どうやら村みたいだな。  随分と簡素な家ばかりが、ぽつぽつと並んでいる。  文明度の低い異世界なのかな?  知識チートとかできたりして。    村に着くまで随分かかった。  遮蔽物がないからか、なり遠くまで見渡せていたんだろう。  到着するころには、日も傾いてかなり暗くなっていた。 「よう先生。散歩にでも行ってたのかい?」  村に入ってしばらく歩いたところで、鬼瓦みたいな顔のゴリマッチョに声をかけられた。  どうやら知り合いみたいだし、適当に話を合わせておいたほうがいいかな。 「あ、ああ。なんか、気分がよかったから」  まぁ、嘘じゃない。 「そういかい。そろそろ帰らないと、おばさんが心配するぜ?」 「お、おう。そうだな」  東洋系の顔立ちだが、日本人とは雰囲気が異なるゴリマッチョとは、問題なく会話ができた。  言葉は通じるみたいだ。  しかしここは、東洋系のファンタジー世界なのかな?  ところで、帰るったって、どこに帰ればいいんだ?  家もなにも、憶えてないんだけどな、俺。  というか、俺はここで生活していたのか?  少なくともこのゴリマッチョは俺のことを『先生』と呼んでいたし、どうやら以前からの知り合いであることに間違いはないようだ。  うーん、過去の記憶とか、目覚めないかな?  もしくはナビゲートキャラが出てくるとかさ。  っつか、コレが異世界転生なら、ここに来る前に女神さま的ななにかから、説明の一つでも欲しかったぜ。 「やぁ|憲和《けんわ》、日が暮れるまで散歩とは珍しいじゃないか」  別の男に声をかけられた。  そこそこしっかりとした体型で、背がかなり高い。  耳たぶ、長いな。 「どうした、憲和、ぼうっとして?」  どうやら憲和というのが俺の名前らしい。  というか、憲和?  俺の耳には「けんわ」とだけ聞こえたんだが、なぜか『憲和』という字が当てられることが、すぐに理解できた。  こりゃ転生ものによくある、翻訳スキルでも発動したか?  そしてここは、漢字が使われる世界みたいだ。  こちらの世界の言葉に、元の世界の漢字が当てられた、という可能性もまだ否定できないけど。  それ以前に、これが夢じゃないとは、まだいいきれないしな。 「すまんすまん。ちょっと長く歩きすぎて疲れたかもしれん」  本当は全然疲れてないけど、なんとなくそう言ってごまかしておく。 「そうか。じゃあ一緒に帰るかい?」 「お、おう、そうだな」  どうやらこの男が俺を家まで案内してくれるらしい。 「じゃあ兄貴、先生、またなー」 「ああ、|益徳《えきとく》。おやすみ」  まだ寝るには早い時間だと思うけど、あたりはどんどん暗くなっていく。  そうか、街灯がないからか。  そこまで文明が進んでいない世界っぽいから、夜寝るのは早いのかな。  あと、このゴリマッチョは益徳というのか。  んー、どっかで聞き覚えがあるんだけどなぁ。 「えーっと、益徳、くん。おやすみ」 「おいおい、どうしたんだよ先生? くんとかやめてくれよ気持ち悪ぃ」  くん付けは気持ち悪いのか。  向こうは先生って呼んでるし、ちょっと偉そうにしてもいいのか? 「はは、冗談だ。じゃあな、益徳」 「おう。また明日な、先生」  ふむふむ、こんな感じでいいのか。  それからしばらく、兄貴と呼ばれていた青年について歩いた。  益徳とは似ても似つかないし、住んでいるところも違うから、本物の兄弟じゃなく、兄弟分ってところか。  ほどなくたどり着いたのは、立派な桑の木が目印の家だった。  庭はそこそこ広いけど、家はちょっとばかり粗末だった。  その入り口に、粗末な家には似つかわしくない、立派な木彫りの表札らしきものがあった。 「|劉《りゅう》……?」  そこには漢字で『劉』と掘られていた。  実際に指でなぞってみたけど、間違いなく『劉』という字だ。  翻訳スキルとかそう言うので認識が違っているということはない、と思う。 「どうした憲和? 早くあがりなよ」 「お、おう。すまん」  青年に促され、家に入る。  どうやら俺はここでこの青年と暮らしているらしい。  しかし、漢字が使われてるってことは、もしかすると……。 『いい人が死ぬと天国に、悪い人が死ぬと地獄に、そして普通の人が死ぬと中国にいきます』  なんて小ネタを思い出した。  まさか俺、過労で死んで中国に来てしまったのか?  だとしたら、ここはもの凄い田舎なのかな。  でも、このご時世、いくら中国に文明格差があると言っても、電気も通ってないようなところはあるのかな? 「おかえり|備《び》ちゃん。それに憲和さんも」  家に入ると、俺と同年代――あくまで日本にいたときの感覚だけど――くらいの女性が迎えてくれた。 「ただいま、母さん。あと、私のことは|阿備《びちゃん》ではなく、|玄徳《げんとく》と呼んでください」 「んもう、まだ子供なんだから、そんなに大人ぶらなくても……」 「母さん?」 「はいはい、ごめんなさいね玄徳さん。ほらほら憲和さんもあがってごはんにしましょう」 「あの、ども、です」  うーん、しかし俺はいったい何者なんだ?  もしかして、この玄徳と呼ばれた青年と、実の兄弟なのか?  玄徳……玄徳なぁ……、どこかで聞き覚えが。  ん、まてよ……表札にあった『劉』ってのが名字だとしたら……?  それに、彼女の言う備ちゃんってのは……。 「え……?」 「どうした、憲和?」  急に立ち止まり、声を上げた俺に、玄徳と呼ばれた青年と、その母親らしき女性は、こちらを見て首を傾げた。 「あ、ああ、いや、なんでもないっす」  なんとかごまかしたが、俺の心臓はバクバクと鳴っていた。  もしかして、|劉備《りゅうび》、玄徳……?

ブックマーク

この作品の評価

30pt

Loading...