異聞平安怪奇譚 | 将門の過去 日輪の如くアヅマに輝く
豚ドン

語られるカコ

   過去――|平将門《たいらのまさかど》が|藤原秀郷《ふじわらのひでさと》によって|討《う》たれるより、十年ほど前。  雪がちらりと舞い落ちる、寒空の下、馬の準備も万端……今まさに京から|東国《あづまのくに》へと出立しようとする|平将門《たいらのまさかど》。 「ふむ、準備も終わったのだな、小次郎よ」    ふらりと現れ、将門に声をかける男。――|藤原忠平《ふじわらのただひら》その人であった。 「これは! |藤原忠平《ふじわらのただひら》様、もしや見送りに来て下さったのですか?」  |将門《まさかど》は驚きながら、馬の|鐙《あぶみ》にかけていた片方の足を下ろし、深々と|忠平《ただひら》に礼をする。 「|東国《あづまのくに》へと戻るのか……寂しくなるのう」  |忠平《ただひら》は|髭《ひげ》を触りながら、慈愛の深い目を|将門《まさかど》へと向ける。 「ええ、十数年間、御指導いただき有難き幸せでした……親父殿が亡くなったと知らせが来ましたので……勝手をしますが、一度は戻っておかねばと」  又もや、|恭《うやうや》しく頭を下げる将門。 「うむ、よく勤め、励んでいたのは知っておる。官位の一つでもやれれば良かったのだがの……|鎮守府《ちんじゅふ》将軍に任官して国に帰るか?」  二人……|平将門《たいらのまさかど》と|藤原忠平《ふじわらのただひら》には、血の繋がりは無い。  子と孫ほどに歳が離れている、が……しかし、二人は歓談し、冗談を飛ばしながら笑いあう。 「小次郎、国に戻っちゃ嫌だ!」  今の今まで、|忠平《ただひら》の後ろに隠れていた|童《わらべ》が将門に向かって駆け寄り、腰ほどに抱きつく。  将門を下から覗くように顔をあげると、泣き腫らした顔をしていた。 「これはこれは……|寛明親王《ゆたあきらしんのう》様、泣いておられては、愛らしい御尊顔が台無しですぞ」  将門は節くれだった武骨な手で、頭をさわりさわりと撫でる。 「余は……小次郎が国に戻ると……余の周りで悪い事が起きる気がするのだ! だから行かないで欲しいのだ」  |将門《まさかど》は、|寛明親王《ゆたあきらしんのう》言葉に、少し困り顔をする。  ふと、何かを思いついたのか。――将門は手早く腰に差した刀を外し、その刀と一本の扇を差し出す。 「|寛明《ゆたあきら》親王様、それはただの気のせいでしょう……が、それでも心配だと仰られるのであれば。これを――|将門《まさかど》自身であると思い、お持ちになられませい」  将門から先に手渡される一振りの刀――鞘には三つ足の鴉があしらわれていた。  |寛明《ゆたあきら》親王は、大事そうに両手で、手渡された刀を抱え込むように持つ。 「その刀は親父殿に京へ向かう前に手渡されたもの……鞘には|八咫烏《やたがらす》。|寛明《ゆたあきら》親王様が迷った時や困った時には、必ずや導いてくれるでしょう」  次に手渡されるのは一本の|扇《おうぎ》。 「こちらは骨が|香木《こうぼく》――|白檀《びゃくだん》で作られた|扇《おうぎ》です。困っていた職人を助けた折にお礼としていただいた物ですが……この|武辺者《ぶへんもの》よりも、|寛明《ゆたあきら》親王様の方が似合います|故《ゆえ》」  快活に笑う|将門《まさかど》に釣られて、|寛明《ゆたあきら》親王も笑う。 「ありがとう、小次郎! この刀と扇を、小次郎だと思って大切にする!」  大事に……刀と扇を胸に抱く姿を見ながら、|将門《まさかど》は笑みを浮かべる。 「では、|寛明《ゆたあきら》親王様、|忠平《ただひら》様……これから京は大変でしょうが、|息災《そくさい》で」  忠平は|寛明《ゆたあきら》親王の肩に手を置く。 「うむ、そちらも少々、荒れるかもしれんのう……息災でな、|将門《まさかど》」  深々と|寛明《ゆたあきら》親王と|忠平《ただひら》に礼をし、|将門《まさかど》は東へと馬で駆けて行く。  京を発ち、少しの時日が流れ、|将門《まさかど》は|上野国《こうずけのくに》まで戻っていた。  畑仕事に精を出す村人たちを馬上から横目に見ながら川沿いをひたすらに駆ける。  そんな折に|将門《まさかど》が駆る馬へと、|何処《いずこ》からか飛来する矢が刺さり、馬が前のめりになり|転《こ》ける。 「――っつ! ぬぐ」  |将門《まさかど》はあわやという所で|機敏《きびん》に馬から飛び降り、難を逃れていた。 「この|将門《まさかど》を害そうとするものは何者だ!」  |将門《まさかど》は砂を払いながら立ち上がり、大声を出す――すると周りの背が高い草むらより隠れていた数人の男達が姿を現わす。 「うむ、物盗りか? それともこの命を狙ってか?」  しかし……男達は返答もせずに刀を抜き放ち、構えながら将門へと、じりじりと囲い込むように迫る。 「語る口を持たず、刀をちらつかせるとは……ならば|致《いた》し方無し!」  既に絶命した、馬の腹を蹴り上げ、宙に浮かすと馬の脚を両手で持ち、男の一人へと馬を投げつける。  |将門《まさかど》は馬を投げつけたと同時に、迫る一人の男に対して、|正《まさ》しく|迅雷《じんらい》の如く駆け寄る。  将門は足で男の|右大腿《みぎだいたい》の付け根辺りを押し蹴り態勢を崩す。――将門は男の、刀を持っていた右腕をその拳で、ぺきりとへし折り、刀を奪い、首を|搔《か》き切る。 「殺気と狙いが|駄々《だだ》漏れとは刺客としては三流よな」  将門の背後から刀で突こうと、突進するように走ってきた男をひらりと|躱《かわ》す。――勢い余って通り過ぎた男、その背中を先程、奪った刀で縦に斬る。 「我は|高望王《たかもちおう》の三男である、|平良将《たいらのよしもち》の子! |平将門《たいらのまさかど》である! お前らなんぞでは、この首は取れんぞ!」  大気が揺れるほどの怒声を放つ、男達は知らずのうちに一歩後ずさる。  将門は男達が一歩後ずさったのを見て、口元を歪め笑い、男達に駆けよろうと足に力を入れる。 「――|将門《まさかど》様……御迎えに参りましたぞ」  |俄《にわ》かに、将門の背後より|嗄《しゃが》れた声がかかる。  殺気は無く、気配もしなかった。……正面にいる男達よりも、危険だと瞬時に判断した|将門《まさかど》。――振り向くと同時に刀を振るう。  しかし、黒い|蓑《みの》を被ったような、奇妙なものは素早く距離を取り、刀を避ける。 「お前は何者だ?」  刀を構え、警戒しながら問う|将門《まさかど》。 「我らは|将門《まさかど》様の叔父である、|平良文《たいらのよしふみ》様より|遣《つか》わされた、|飯母呂《いぼろ》の者で御座います」  先程まで向き合っていた男達のほうから、どさりと何かが、倒れる音がする。 「|飯母呂《いぼろ》に、|我ら《・・》……か、|随分《ずいぶん》と腕が立つようだな」  ちらりと背後を見やると、同じような黒衣を着込んだ、腕長や|鞠《まり》のような巨体、足太の者。  将門と対峙していた男達を、早業で殺したのか、川へと捨てる算段をしていた。 「お褒めに預かり光栄で御座います。今、|東国《あづまのくに》は荒れております……ですが、|仔細《しさい》を語るのは|平良文《たいらのよしふみ》様の元で」  将門は手に持った刀を地に突き刺し、腕組みをして少しの間、思考を巡らせる……考えがまとまったのか口を開く。 「あい、分かった……叔父上にも顔を見せなければとは思っていた故な、参ろうか」  返事と共に|踵《きびす》を返すと、目の前に馬の手綱を引く黒衣の者が目の前に居た。  心底驚いたであろうが、将門は平常を装った。 「そちらの馬をお使いください」  嗄れた声の黒蓑に促されながら、将門は馬に近づく。 「うむ、喜んで使わせてもらおう。しかし……お前達はどうするのだ?」  手綱を黒衣の者から、手渡され馬に乗り掛けながら話しかける。 「我らは走って、ついて参ります、ご心配ご無用」 「そうか、頼もしいものよ……叔父にではなく、この|将門《まさかど》に仕えぬか? 返事はまた後ほどで良いわ」  大きく笑いながら駆けはじめる、|平良文《たいらのよしふみ》の本拠のある|相模国《さがみのくに》へと向けて。

ブックマーク

この作品の評価

10pt

Loading...