抽出キーワード

検索方法

除外キーワード

ジャンル

レーティング

執筆状況

文字数

文字

更新時期

表示順

表示件数

保存している検索条件が上限に達しています(10件まで)この検索条件を保存する

検索結果:86作品

  • どんよりとした天気が続いているこの頃、とうとう土砂降りの雨になった。 普段から天気のことに無頓着だったオレは傘を持ってきていなくて、ずぶ濡れで家に帰った。 そこには誰もいない。 でも、ちょっと懐かしいものを見つけた。 うん、食べてみよう。

    完結

    全1話

    全3104文字

    1pt

    2019.02.01公開

    2019.02.01更新

  • 路地裏の猫が綴る、ある雨の日のおはなし。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全2250文字

    0pt

    2019.01.13公開

    2019.01.13更新

  • 雨の降るある日、佐江子は数年前まで仕えていた屋敷を訪れる。 荒れた屋敷の奥の部屋、そこにはまだ、《彼》が生前と変わらぬ姿で住んでいる。 覆面作家企画5参加作品

    完結

    全1話

    全4338文字

    1pt

    2018.12.29公開

    2018.12.29更新

  • 毎年雨が続いて織姫に会えない彦星が考えた方法とは。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全893文字

    2pt

    2018.12.27公開

    2018.12.27更新

  • 《汗ばんだサドルをかかえ円周率まん中ら辺の今を懼れる》 《いっせいに砂立ち上がり、また倒れ、雨の手前の水何ガロン》 《エネルギーばんばん使い捨てながらあげる蒸気はばら色だった》 (「五十音図」より) 歌集。

    完結

    全5話

    全5526文字

    1pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

  • 《弱い眼たちのビーズの光 しずかに走る朝の糸》 《貪欲ごっこはまだまだ続く 合成獣は涙を流せない》 《あと何回の新しい傘 ちつじょちつじょと雨の降る》 (「ビーズの光、ドミノのまばたき」より) 都都逸集。

    完結

    全4話

    全2344文字

    1pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

Loading...