抽出キーワード

検索方法

除外キーワード

ジャンル

レーティング

執筆状況

文字数

文字

更新時期

表示順

表示件数

保存している検索条件が上限に達しています(10件まで)この検索条件を保存する

検索結果:86作品

  • 待ち合わせ場所で、すれ違い。

    シリーズなし

    完結

    全4話

    全8686文字

    0pt

    2019.04.16公開

    2019.04.16更新

  • WIR──統合型リゾート島。大阪湾内に造成された四つのエリアには商業施設や遊園地、美術館、博物館、更には日本唯一のカジノを併設した高級ホテル群。そんな煌びやかな街は、同時に暗い影も落とした。過去最低と揶揄される治安レベルとなった島を守る為、警察組織は新戦力の投入に踏み切った──RCOP、またの名をポリノイド。それを操るのは……なんと、NEETだった。

    シリーズなし

    連載中

    全6話

    全28697文字

    14pt

    2019.02.25公開

    2019.04.13更新

  • 雪は週2回、花屋で働く大学生。 人見知りな彼女は、時折会う先輩に好意を抱いている。 彼の名は行平。今年社会人になったばかり。 雪はある日を境に、自分の不思議な能力に気付く。 次第に近くなっていく二人は、言葉を交わす。 夢の続き、夢の色、夢に出てくる人のこと。 一方、行平は年上の女性に惹かれはじめていた。

    シリーズなし

    完結

    全11話

    全19228文字

    5pt

    2019.03.12公開

    2019.04.09更新

  • 自作の詩「雨音」を短編小説にしました。 NOVEL DAYSにも掲載しております。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全1762文字

    0pt

    2019.04.05公開

    2019.04.05更新

  • D中学に通う中学生の少女、滝鐘瑠理《たきがね・るり》。彼女は昔の事件を切っ掛けに、精神的な傷を抱えながらも、平凡な生活を送っていた。│瑠理は学校へと通うことに、幾ばくかの抵抗を覚えていたが、とある友人=早乙女時雨《さおとめ・しぐれ》のおかげで、なんとか意欲を保てていた。│彼女は学校で、時雨とだけ心を通わせることができたのである。│しかしある日、彼女の運命を変える出来事が起きてしまい……(以下本編)

  • 周囲を樹海と塩湖に囲まれたすり鉢状の地形と、その底にある被蝕の街。毎年春と秋に氾濫する湖水は街に流れこみ、人々は一年の半分以上にわたって高層での生活を余儀なくされる。干上がった大地を侵蝕する塩。気流の乱れに巻きこまれて降り注ぐ鳥の雨。春の氾濫に紛れて街へ雪崩れこむ大魚たち。四季折々の情景のなかで繰り広げられる、人と自然のせめぎあいを描いた短篇。

    シリーズなし

    完結

    全5話

    全13286文字

    1pt

    2019.03.27公開

    2019.03.27更新

  •  とある研究室の日常風景。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全1279文字

    0pt

    2019.03.27公開

    2019.03.27更新

  • 頭お花畑な勇者は前衛のナユタを解雇する。弱いからと。 ナユタは歓喜する。解雇されるためにわざと弱いふりをし続けてたのだ。 わざと勇者に魔物を通したり、わざと攻撃を食らって「自分は弱いですアピール」をした結果がついに出たのだ。 懐も暖かい。あとは余生ゆっくり過ごそう。 そんなまったり生活のお話。

    シリーズなし

    連載中

    全28話

    全54616文字

    0pt

    2019.03.23公開

    2019.03.23更新

  • 雨と月。同時に存在できないもの。 気が多い方だと思う。 想い焦がれる人がいても、目移りしてすきを散らす。 残りの人生にきらいを書く時間は ない。 もう郷愁だけで生きていくつもりだった。 でも人生は予測不可能。 動き出す、今。 幾らでも心を飛ばせることを知った。 今日も合図のように言葉のかけらを込めよう。

    シリーズなし

    連載中

    全12話

    全9885文字

    5pt

    2019.02.25公開

    2019.03.22更新

  • 優しく繊細な彼は、踊り子の彼女を愛おしく思っていた。 まだ若い二人の間に生じた溝は、ある世情とは関係ないところに存在していた。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全6498文字

    1pt

    2019.03.17公開

    2019.03.17更新

  • ふわっと浮かんだ詩をのっけていきます。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全123文字

    0pt

    2019.03.17公開

    2019.03.17更新

  • ただ雨の路を歩く。 それだけの話。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全1134文字

    1pt

    2019.03.15公開

    2019.03.15更新

  •  定期テスト前日の放課後。  文芸部員の紗綾はクラスメートの美咲から受け取った謎めいた手紙に導かれて部室で一冊の本を見つけ出す。  世界に一冊しかないないであろうその本を手に、紗綾は記憶の旅に赴く。  ずっと一緒にいられたらという想いを胸にして。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全9040文字

    2pt

    2019.03.14公開

    2019.03.14更新

  • 「俺だって歌姫様の歌を聞いたことあるよ」 船乗りチャスは酒場で向かいの席に座っていた男に、管を巻いていた。愛して止まない『歌姫様』の歌と魅力を自慢をしていた。 果たして、彼が心酔する『歌姫様』とその魅力とは――。

    シリーズなし

    完結

    全5話

    全16037文字

    3pt

    2019.03.13公開

    2019.03.11更新

  • 吟遊詩人は全ての唄を背負って旅に出た。 その道の途中で旅の仲間と出会う。 彼等と共に歌った、その唄は――。 旧バージョンの『道端にて』はサイト掲載し、他サイトさんでも『On the road』と言う題名で英訳されております。 新バージョンは2017年2月12日のコミティア119にて、文庫本で頒布いたしました。 少しだけ結末が違います。 どちらもお楽しみ頂ければ、幸いです。

    完結

    全2話

    全15389文字

    2pt

    2019.03.10公開

    2019.03.10更新

  • 双子を見分けられるようになって学級委員長・高山! 平穏な学生生活を送れるかと思いきや、彼女に再び問題が立ちはだかった! 頑張れ、高山! 夢の学生生活の為に、女友達を作るのだ!

    完結

    全2話

    全17757文字

    0pt

    2019.03.09公開

    2019.03.09更新

  • お盆にお墓参りをする。 ただそれだけのことが面倒で、来るのに十年かかったよってお話。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全2789文字

    8pt

    2019.02.28公開

    2019.03.09更新

  • 学級委員長・高山はクラスメートの『タナカリュウヤ』達に困っていた。果たして学級委員長・高山は分身の術を使う忍者のごとくクラスメートを混乱させる自由奔放な彼等を見分け、無事に学級委員長としての勤めを果たすことが出来るのか!?

    完結

    全2話

    全10790文字

    3pt

    2019.03.08公開

    2019.03.08更新

  • 私がまだ幼かった時分のことである。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全4282文字

    1pt

    2019.03.08公開

    2019.03.08更新

  • ある雨の日に出会った小さな二人の、小さな冒険物語。

Loading...