抽出キーワード

検索方法

除外キーワード

ジャンル

レーティング

執筆状況

文字数

文字

更新時期

表示順

表示件数

保存している検索条件が上限に達しています(10件まで)この検索条件を保存する

検索結果:4作品

  • 三国時代の一角を担う劉備の腹心として、旗揚げ時から付き従っていたにもかかわらず、大きな活躍もあまりない地味な武将、簡雍(かんよう)。 主人公はある日、後漢末期の時代にその簡雍になっていた。 劉備、関羽、張飛らが持つ三種の特殊な人脈を使い、動乱の時代を駆け抜ける英傑の近くで、簡雍となった男は彼らの生き様を見守り続ける。

    シリーズなし

    連載中

    全30話

    全72275文字

    30pt

    2019.02.24公開

    2019.09.06更新

  • 「あの星空の極みは、何処であろうや」  三国志と呼ばれる、戦国時代を彩った最後の英雄、諸葛亮は五丈原に沈んだ。  蜀漢の皇帝にして、英雄「劉備」の血を継ぐ「劉禅」  最後の英雄「諸葛亮」の志を継いだ「姜維」  天下統一  それを志すには、蜀漢はあまりに小さく、弱き国である。  二人は、沈みゆく祖国の中で、何を思い、何に生きたのか。  覚めゆく夢を描いた、寂しい、物語。 【 毎日更新 】

    シリーズなし

    連載中

    全38話

    全73943文字

    0pt

    2019.03.16公開

    2019.04.20更新

  • ── 諸葛亮の後継者と呼ばれた男は、天下を掴む「策略」に、己の命を賭した。 後世にまでその名が轟く英傑「諸葛亮」 その英雄に見込まれ、将来を渇望された男は名を「馬謖」といった。 それほどの策略家が、どうして、負けると分かっていながら「街亭」の山に登ったのか。 一世一代の、天下を掴む策謀が、そこに秘められていた。

    シリーズなし

    完結

    全9話

    全23700文字

    0pt

    2019.02.24公開

    2019.02.24更新

  • ── 最後まで、蜀漢に、劉備に、忠義を尽くした猛将は、裏切者と呼ばれた。 しかし、正史三国志を記した陳寿は彼をこう評した。 「魏延の真意を察するに、  北の魏へ向かわず、南へ帰ったのは、  単に楊儀を除こうとしただけである。  謀反を起こそうとしたものではない」 と。 劉備に抜擢され、 その武勇を愛された魏延の真意とは。 隠された真実を書き記した短編です。

    シリーズなし

    完結

    全6話

    全19642文字

    0pt

    2019.02.24公開

    2019.02.24更新

Loading...