抽出キーワード

検索方法

除外キーワード

ジャンル

レーティング

執筆状況

文字数

文字

更新時期

表示順

表示件数

保存している検索条件が上限に達しています(10件まで)この検索条件を保存する

検索結果:24作品

  • 三冠を期待された優駿カムイエトゥピリカ号、しかしその挑戦は淀の坂で最悪の結末を迎える。 主戦騎手の大越凛太朗はショックから自殺しようとするが失敗、所属厩舎の調教師にとある牧場へ送られた。 捨て鉢になる凛太朗だが、彼は牧場で妙な事に気付く。 なんと自殺未遂の副産物で彼は馬の言葉が解る様になっていた。 新たなる相棒と出会い、ジョッキーはターフへと舞い戻る。 なろう・カクヨムマルチです。

    シリーズなし

    連載中

    全23話

    全114633文字

    55pt

    2019.04.14公開

    2019.07.17更新

  • ──自殺を謀った私が墜落した先は、お狐様の尻尾の上でした 妖を視る瞳『見鬼』を持つ夢守千佳子(ゆめもり・ちかこ)は、唯一の理解者であった祖母の死に耐え切れず、桜が綺麗に咲き誇る新月の夜、飛び降り自殺を謀る。 しかし千佳子が墜落した先は、稲荷神社への勧請道中を歩く白毛九尾の美青年のモッフモフの尻尾の上で……!? 訳アリ新米御稲荷様 × 自殺志願の女子高生が紡ぐ現代怪異譚、はじまりはじまり☆

    シリーズなし

    完結

    全23話

    全118434文字

    0pt

    2019.04.12公開

    2019.07.11更新

  • 自殺しそうな人間の特徴をなんとなく読める花屋の娘の栗原詩瑛。 ある日、ヤケになっていた訪問客胞弊むじなを自殺ほう助みたいな形で 死なせてしまう。 そこに現れた謎の家出少年。少年の持つ感情を操る映像を映写するつまようじで なんとか救っていく。

    シリーズなし

    完結

    全27話

    全52805文字

    0pt

    2019.07.06公開

    2019.07.06更新

  • その時はいくら騒いだって、いつかはみんな、その記憶を、大切な事と共に忘れてしまう。 果たして、時の流れの中で、『僕』は、いつまでその事を忘れずにいられるか―。 第16回えほん大賞落選作品。『ノベマ!』より転載。 * 僕は、ある日、マンションの駐車場で、セーラー服姿の『かみさま』と出会った。 そして、『かみさま』は、僕に素敵な魔法をかけてくれた―。 Copyright © 2019 川島歩美

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全4741文字

    0pt

    2019.06.21公開

    2019.06.21更新

  • 平成最後から令和に入り、サークル活動も少し様変わりしてきました。目の前で老いていく同居中の姑や夫を見ながら、過去や現在を縦横無尽に行き来しつつ、父の財産を食い潰して自殺に追い込んだ妹への思い、介護が必要になるだろう姑への思い、なにかというと安っぽく愛情を口にする夫への気持ちなどを綴っていくつもりです。

    連載中

    全6話

    全7095文字

    0pt

    2019.05.19公開

    2019.06.12更新

  •  病院の救急口。  そこで、1人の女性が時計を握りしめて座っている。  事件に巻き込まれた家族の手術を待っている。  そこに、犯人逮捕の一報が入る。  犯人は、捕まる時に、割腹自殺を図った。  そして、女性が待っている病院に運ばれてくる。  女性は閉まっている売店に足を向ける。  そして、運ばれてくる犯人。  交差する時間。 止まった時計が動き出す時、物語も動き出す。

    完結

    全1話

    全8437文字

    0pt

    2019.05.31公開

    2019.05.31更新

  • ブランド好きの独身エリートの主人公にはほろ苦い恋愛の経験があった。ふとしたことがきっかけで地味な女子社員を部下にまわしてもらったが、地味子に惹かれた主人公は交際を申し込む。悲しい失恋をしたことのある地味子は躊躇するが、公私を分けてデートを休日に限る約束をして交際を受け入れる。主人公は一日一日を大切にしたいという地味子とデートをかさねてゆく。

    シリーズなし

    完結

    全22話

    全66104文字

    0pt

    2019.04.11公開

    2019.05.07更新

  •  最愛の父が鉄道自殺した。平凡な女子高生だった「私」は、崩れ行く家族の中で、父がなぜ自分たちに何も告げずに、そんな死を選んだのかという問いに苦しめられる。  『家族』をテーマにしたものの一つ。今後中編、長編を書くためのノート的作品となっています。

    シリーズなし

    完結

    全2話

    全822文字

    0pt

    2019.04.28公開

    2019.04.28更新

  • ちょうど、屋上の手すりを超えて校庭を見下ろしているところだった。この両手を離せば重心が前に傾いて、私は落ちる。頭から落ちて、めでたく人生からおさらばできる。そんな自殺を図ろうとした矢先、彼女は言った。「どうせなら、その体を私に使わせて――」

    完結

    全1話

    全2087文字

    0pt

    2019.04.27公開

    2019.04.27更新

  • 電車が遅れたある日の事。人があふれる駅で、私は彼と出会った。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全3891文字

    1pt

    2019.04.15公開

    2019.04.15更新

  • シリーズなし

    連載中

    全21話

    全49308文字

    0pt

    2019.02.28公開

    2019.04.09更新

  • LGBTの人々が集う女装サロン。主人公のカオルはそこでトランスジェンダーの人に向けてメイクの手伝いをしている。しかし、そんなカオル自身もまた、生まれ持った性別は男性でありながら、心は女性というトランスジェンダーだった。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全2371文字

    0pt

    2019.04.01公開

    2019.04.01更新

  • 夜の市場の東の最果て。ランタン売りの少女ナナシは、ある日死神の少年に出会い―― 双子の姉妹の話。交わらない朝と夜。【全十二話】 (※第十話「明仄の噺」にて、 『星ひとつ』(作詞:神崎ゆう子・作曲坂田修)の歌詞を一部引用させて頂いております。)

    連載中

    全12話

    全53447文字

    1pt

    2019.03.13公開

    2019.03.22更新

  • 男は毎日、紙のペンでメモを取る いじめられて自殺した娘。 自殺した娘の後を追った妻。 男は、毎日の仕事を続けている。 毎日同じことを繰り返している男は、心の中で決めていることがあった。

    完結

    全1話

    全4292文字

    0pt

    2019.03.15公開

    2019.03.15更新

  • 酷いいじめを受け続けてきた天野灯(あまのあかり)。 そんな灯の唯一の心の拠り所である祖母が他界し、生きる意味を見失った灯は自殺してしまう。 しかし、灯の死後の世界に姿を現したのは、透明感溢れる可憐な天使テルラだった。 そのテルラの計らいで灯は彼女が住む異世界へと転生する。そこは様々な種族が暮らし、魔法が飛び交う世界。 そんな世界で灯はいろんな出来事に巻き込まれて……。

    シリーズなし

    連載中

    全10話

    全57629文字

    8pt

    2019.03.04公開

    2019.03.06更新

  • タイトルは、「ノロウェイの黒牛」に出てくる詩の引用ですが、内容は無関係です。 自殺した娘の生きた痕跡を母が追いかけるお話。 さて、この母子に足りなかったものは何だったのでしょう?

    完結

    全10話

    全79207文字

    0pt

    2019.03.05公開

    2019.03.05更新

  • 「わたし」はソフトボール部の後輩、美羽をグラウンドに呼び出す。 超人的な運動能力を持つ美羽は、姉の自殺によって部活動から距離を置いていた。 姉の心が理解できなかったと吐露する美羽に、「わたし」もまた「ある想い」を告げる… ※この作品は「カクヨム」と「小説家になろう」「エブリスタ」に投稿されています。

  • カルト教団に属していた男の顛末記。 教祖の命で犯罪を犯した過去を持つ男が長い逃亡の末、罪の意識に苛まれ自殺を試みる。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全2780文字

    1pt

    2019.03.01公開

    2019.03.01更新

  •  2月14日。幼馴染の初めての手料理は塩味のチョコレートだった。  俺には、弟が居た。  弟は、いじめを苦にした自殺だ。両親も、車の事故で死んでしまった。  でも、俺は、祖父母と幼馴染に支えられて、死のうとも復讐しようとも思わないで生活ができている。  充実した日々を過ごしている。  絶対に口に出して言わないが、今の俺があるのは幼馴染の奴が居るからだ。

  •  ママから貰った古い傷が、新しい絆をくれた。  僕は、自殺したわけでも無いのに、左手首に傷がある。  この傷は、ママが僕を守ってくれた傷だ。  ママとパパは、僕を守って死んでしまった。  祖父母にそう教えられた。  もうすぐ高校も卒業だ。僕は、進路で悩んでいる。やりたい事が見つからない。大学に惰性で進んでもいいかもしれないが、お金があるかわからない。

Loading...