抽出キーワード

検索方法

除外キーワード

ジャンル

レーティング

執筆状況

文字数

文字

更新時期

表示順

表示件数

保存している検索条件が上限に達しています(10件まで)この検索条件を保存する

検索結果:8作品

  • 偉大な人間は 時を並べて現れないもの 偶然か必然か運命か それらが重なり合い紡がれた物語 囁きの音に振り向かされた僕等は 降り注ぐ華に貫かれ 滴り浸る染み触れるこの時 碧く迸り燃え盛る 透く白に夜の眼差し 煌々な灯火に紅々と 樹木に地にある陽は陰る 迫る夜に願う朝 夜に詰め寄る叶わぬ祈り 許し許され昇る憶雷 雨に沈むは罪な陽と罰

    シリーズなし

    完結

    全93話

    全88078文字

    0pt

    2019.04.01公開

    2019.04.29更新

  • ―――おそらく僕は、テオにとって後にも先にもたった一人の友人だった… そう思いたいのは、僕の独りよがりだろうか。 時は16世紀初頭、イタリア、ボローニャ。 栄えある司教座聖堂の少年聖歌隊となった、テオフィロスとユリウスの物語。 ※歴史に題材をとっていますがファンタジーです!(強調) ファンタジーですからあることないこと書きます(笑) 作中に出てくる建造物の名前は実在しないものもあります。 ★エブリスタでも同じ作品を公開しています★

    シリーズなし

    連載中

    全2話

    全4710文字

    3pt

    2019.04.17公開

    2019.04.28更新

  • かつての首都東京が崩壊したのは、たったの七日間の事だった。 地形どころか空や月さえ異質に変化し、モンスターの跋扈するこの地で、一人の少年が確固たる意志のもと動き出す。 携えた真紅の大剣は、忿怒の証。 バランスの崩壊したクソみたいなRPGじみた世界となった東京。 解放者は全てを解き放つ。 約束と祈り、そして復讐心を胸に抱いて……。

    連載中

    全10話

    全58212文字

    4pt

    2018.12.27公開

    2019.04.20更新

  • 宮殿の豪奢な生活が許せず夜ごと祈る王女の話です。noteさんにも投稿します。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全982文字

    16pt

    2019.03.31公開

    2019.03.31更新

  • その寺では、人生に迷った者が熱心に祈りをささげると、菩薩様が現れて道を示してくれると言う。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全2170文字

    0pt

    2019.03.19公開

    2019.03.19更新

  •  美味しそうに僕の大好きなホットドックを食べながら歩く姉さん。  僕には、双子の姉さんが居る。  双子だと思っていた姉さんだ。  いつものように、ホットドックを買って、2人で食べる。  そして、食べ終わったら教会でお祈りを捧げる。  僕と姉さんの日課だ。  僕の大切な姉さん。  僕がこんなに心配しているなんて気がついていないよね。

    完結

    全1話

    全1376文字

    0pt

    2019.02.24公開

    2019.02.24更新

  • 新米神官のリツは、大神殿の最奥で厳重に保管されていた七秘宝の封印を解いてしまう。その罰として彼は、教団関係者の中でも極一握りの人間しか知らされていない「忘れられた邪龍」を祀る地下の秘密神殿、通称「邪龍神殿」への転属を命じられる。 一人でそこを訪れ、掃除と祈りを繰り返す日々を送っていた彼は、神殿の奥に巧妙に隠された秘密の扉を見つけ、開いてしまう。そうして彼はその最奥で眠る一柱の龍と相見えるのだった。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全5164文字

    0pt

    2019.02.22公開

    2019.02.22更新

  • ある日少女が、 ビルの屋上から自らの身を投げた。 こんな悲しいニュースを目にした時、 その時の想いを綴ったものです。 今後このような事が少しでも減る事を祈ります! ベリーズカフェ・エブリスタ等でも公開しています!

    シリーズなし

    完結

    全2話

    全571文字

    0pt

    2019.02.07公開

    2019.02.07更新

Loading...