抽出キーワード

除外キーワード

ジャンル

レーティング

執筆状況

文字数

文字

更新時期

表示順

表示件数

保存している検索条件が上限に達しています(10件まで)この検索条件を保存する

検索結果:20作品

  • 超短編小説集。様々な人物、世界で繰り広げられる物語(一人称・三人称問わず)があなたを嘘っぱちで時折本当に欲しくなる世界へと誘います。

  • 5月26日の関西コミティアでも販売する短編小説(既刊)の試し読み版です。通信販売も行っております。 芥川龍之介作「枯野抄」のオマージュになります。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全1772文字

    0pt

    2019.05.21公開

    2019.05.21更新

  • 「怪奇」を描いた短編小説です。他人への呪詛が自身の情念だけに終わらず、少しだけ現実世界にはみ出し痕跡を残すという内容です。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全2253文字

    0pt

    2019.05.15公開

    2019.05.15更新

  • 「志望動機は二つあります。転職理由は前職で紙に嫌われたからです。入社後は言い訳を弾丸に詰めつつ語学の勉強をし、グローバルな人材になりたいです。ゆくゆくはマネジメント職を経て、御社の製品『弁明バレットシリーズ』の企画開発に携わっていきたいです」

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全4339文字

    0pt

    2019.05.09公開

    2019.05.09更新

  • 結婚式を翌日に控えた青年に送られてきた一本のLINE。

    シリーズなし

    完結

    全3話

    全5534文字

    0pt

    2019.04.10公開

    2019.04.27更新

  • 先の少子高齢化時代にとられた政策の反動で、いまや国は養いきれる以上の人口を抱えていた。 そこで国は思いつく。いたってシンプルな発想を。 『増えたならば、より優秀なモノを残して間引けばいい』と。 『掃除人』が存在するとある国に生きる彼らの、日常風景と生と死と、大切な存在(ヒト)を想う気持ちと、やるせなさと悲しさと、ほんの少しの陽だまりの温もりをつづった連作短編集。

    シリーズなし

    連載中

    全3話

    全7557文字

    0pt

    2019.04.12公開

    2019.04.14更新

  • 霧に閉ざされた学園。 少女たちは揃いの三つ編みを揺らし、同質性の籠の中で戯れる。 ある時、一人の少女が学園から消えたことにより、彼女たちの生活は一変する。 狼さんとは何か? 彼女たちは何の目的で、学園に囲われているのか? 近代小説を規定するビルドゥングスロマンと神話の融合を目指した小説。

    シリーズなし

    完結

    全5話

    全20188文字

    3pt

    2019.03.24公開

    2019.04.11更新

  • 雪は週2回、花屋で働く大学生。 人見知りな彼女は、時折会う先輩に好意を抱いている。 彼の名は行平。今年社会人になったばかり。 雪はある日を境に、自分の不思議な能力に気付く。 次第に近くなっていく二人は、言葉を交わす。 夢の続き、夢の色、夢に出てくる人のこと。 一方、行平は年上の女性に惹かれはじめていた。

    シリーズなし

    完結

    全11話

    全19311文字

    5pt

    2019.03.12公開

    2019.04.09更新

  • 自作の詩「戯言」を短編小説にしました。 NOVEL DAYSにも掲載しております。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全2130文字

    0pt

    2019.04.05公開

    2019.04.05更新

  • 自作の詩「欲望の化け物」を短編小説にしました。 NOVEL DAYSにも掲載しております。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全2879文字

    0pt

    2019.04.05公開

    2019.04.05更新

  • 自作の詩「栞」を短編小説にしました。 恋の色。それは黒い、インクの色。 NOVEL DAYSにも掲載しております。

    完結

    全1話

    全2351文字

    0pt

    2019.04.05公開

    2019.04.05更新

  • 自作の詩「雨音」を短編小説にしました。 NOVEL DAYSにも掲載しております。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全1785文字

    0pt

    2019.04.05公開

    2019.04.05更新

  • 仲良しなアラフィフ友人二人のちょっと笑える日常。

    シリーズなし

    連載中

    全1話

    全1035文字

    1pt

    2019.03.28公開

    2019.03.28更新

  • 元の地位を失った男女が、傭兵として新たな生活を営もうと奮闘する短編小説。

    シリーズなし

    連載中

    全3話

    全4493文字

    0pt

    2019.03.05公開

    2019.03.17更新

  • 「私」は「彼」の話を聞いている。 彼が話し出したのは、子供のころの思い出話。 夏の初めの水祭り。今は亡き南の国。 そこであった、一瞬の出会いと別れの話だった。 三世紀の中国を舞台にした歴史短編小説。

    完結

    全1話

    全3967文字

    1pt

    2019.03.09公開

    2019.03.09更新

  • 齢二〇、成人となった男子には2つのものが与えられる。 1つは冠、もう1つは新しい名前である字(あざな)。 野心たくましい諸葛恪(しょかつ・かく)は成人するその瞬間を心待ちにしていたが、彼に与えられた字は予想を裏切るもので……。 三世紀の中国を舞台にした歴史短編小説。

    シリーズなし

    完結

    全3話

    全8153文字

    3pt

    2019.03.05公開

    2019.03.05更新

  • 不思議な病気にかかって余命宣告をされた高校生の坪田洋一は、入院生活の中で一人の少女と出会う。 洋一は少女の名前を知らなかったが、その少女が自身と同じ病気にかかっていることは本人から聞いて知っていた。 これは、余命わずかな洋一が、同じく余命わずかであった少女に貰った記憶の物語。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全6612文字

    2pt

    2019.02.27公開

    2019.02.27更新

  • ぼく――青葉千明(あおばちあき)は、三年前のバレンタインデーに結婚して、妻である青葉夜琥(あおばやこ)と幸せな日々を送っている。 そして、三度目の記念日が近づいてきた、ある日のことだった―― 突然、夜琥から持ち掛けられた推理の問題。 その問題を解いたときに――幸せが訪れる。 別サイトでのコンテスト企画応募の短編小説です。 (規定内での公開です) 表紙:北澤ゆうり様

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全8435文字

    0pt

    2019.02.25公開

    2019.02.25更新

  • 狭いに家に暮らすある家族。非常に貧しかったけれど、とても幸せだった。そんな一家団欒を切り裂くように、天変地異が起こる…! 短編小説です。

    シリーズなし

    完結

    全1話

    全2210文字

    0pt

    2019.01.18公開

    2019.01.18更新

  • シリーズなし

    完結

    全1話

    全2144文字

    5pt

    2018.12.26公開

    2018.12.26更新

Loading...